理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

鳥羽水族館

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/17(土) 17:08:22.57 ID:CAP_USER
鳥羽水族館 飼育員が新種発見 寄生生物、学名「モリタキ」

【鳥羽】鳥羽市鳥羽三丁目の鳥羽水族館は十五日、ダイオウグソクムシなどと同じ等脚類・ウオノエの仲間で、魚の口内に住みつく新種の寄生生物を発見したと発表した。
深海魚「トリカジカ」のエラに寄生しているのを飼育員の森滝丈也さん(47)が発見。
「トリカジカエラモグリ」と命名された。学名には発見者の名前にちなみ「エルツーサ モリタキ」と名付けられた。

同館によると、トリカジカエラモグリは、昨年十一月に海水魚ショップから同館に搬入されたトリカジカのエラや下あごに五匹寄生していた。
体長は八・二―三〇・七ミリで体色は白色。

続きはソースで

▽引用元:伊勢新聞 2016年12月16日(金)
http://www.isenp.co.jp/news/20161216/news01.htm

▽関連
鳥羽水族館
新種が発見されました 2016年12月15日(木)
http://www.aquarium.co.jp/topics/index.php?id=485
http://www.aquarium.co.jp/img_cms/info/info_head_image_1481789944.jpg
ダウンロード


引用元: 【生物】鳥羽水族館飼育員が新種の寄生生物発見 学名「エルツーサ モリタキ」 同館に搬入されたトリカジカのエラや下あごに寄生©2ch.net

鳥羽水族館飼育員が新種の寄生生物発見 学名「エルツーサ モリタキ」 同館に搬入されたトリカジカのエラや下あごに寄生の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/04(水) 23:50:31.81 ID:CAP_USER
三重県鳥羽市の鳥羽水族館は4日、日本近海で初確認となる珍しいウニが同県の浜島沖で見つかったと発表した。

 主にフィリピン周辺の深海に生息するミクロピガ属で、移動などに使う管足の一部が傘状に変形する特徴を持つ。

続きはソースで

ダウンロード


http://www.jiji.com/sp/article?k=2016050400447&g=soc&utm_expid=105781272-0.H2AsW134RzeVQ8OlLTRRfg.0&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F

http://www.jiji.com/sp/article?g=soc&k=2016050400447&p=0160504at78&rel=pv

引用元: 【生物】珍種ウニ、日本初確認=鳥羽水族館 [無断転載禁止]©2ch.net

珍種ウニ、日本初確認=鳥羽水族館の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/01(金) 20:38:01.57 ID:CAP_USER.net
2016.4.1 18:37
鳥羽水族館(三重県鳥羽市)は1日、同館で飼育され、長期間絶食しても生きられるなど謎の多い深海生物「ダイオウグソクムシ」の「No.5」が死んだと発表した。「No.5」は今年2月、国内で初めて脱皮が確認された個体で、話題になった。

ダウンロード (1)


 「No.5」はオスで、体長30センチ、体重1265グラム。メキシコ湾の深海で採集され、平成24年7月から同館で飼育されていた。

続きはソースで

http://www.sankei.com/west/news/160401/wst1604010060-n1.html
http://www.sankei.com/images/news/160401/wst1604010060-p1.jpg
体の半分が脱皮した状態が続いていたダイオウグソクムシ「No.5」(手前)。1日に死んだことが確認された=3月4日、鳥羽水族館(同館提供)


引用元: 【生物】ダイオウグソクムシNo5が死ぬ 国内初の脱皮事例の謎の深海生物 鳥羽水族館[4/1]

ダイオウグソクムシNo5が死ぬ 国内初の脱皮事例の謎の深海生物 鳥羽水族館の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/13(土) 18:10:47.23 ID:CAP_USER.net
2016年02月13日
鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽)で飼育展示する謎の深海生物「ダイオウグソクムシ」が2月12日、展示水槽の中で脱皮した。

ダウンロード (1)


脱皮したのは現在同館で飼育するダイオウグソクムシの中で最も飼育日数が長いNo.5。入館日2012年7月26日、メキシコ湾の水深約800メートルの海底で採集した雄。脱皮前の体長は約25センチ、体重1250グラム(2015年4月7日計測)。

No.5は、今年の正月ごろNo.5のファンから体の前半分が白くなっている。との指摘で脱皮の兆候ではないかとその後、注意深く観察を続けていたという。この日の7時30分ごろ水槽を見回っていた飼育スタッフが脱皮途中のNo.5を発見。脱皮の瞬間をカメラと映像で記録した。
飼育スタッフは「No.5は時々体をよじるようにしながら殻を脱ぎ、14時ごろ体の後半部の脱皮に成功した。しかしながら、前半部はまだ脱皮されておらず今後どうなるかはわからない」という。

続きはソースで

鳥羽水族館
http://www.aquarium.co.jp/

画像
脱皮したすぐのNo.5(写真提供=鳥羽水族館)
http://images.keizai.biz/iseshima_keizai/headline/1455333540_photo.jpg

http://iseshima.keizai.biz/headline/2519/

引用元: 【生物】鳥羽水族館「ダイオウグソクムシが脱皮」国内初、世界初の可能性も(伊勢志摩経済新聞)

鳥羽水族館「ダイオウグソクムシが脱皮」国内初、世界初の可能性もの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/19(土) 10:16:49.79 ID:CAP_USER*.net BE:532994879-PLT(13121)
sssp://img.2ch.sc/ico/syobo2.gif
12月19日 10時12分

名古屋市の水族館が、餌をあまり食べないことで知られる深海生物「ダイオウグソクムシ」が餌を食べる珍しい姿を撮影することに成功しました。
ダイオウグソクムシは、メキシコ湾などの水深およそ200メートルから2000メートルの深海に生息する、体長30センチほどのダンゴムシの仲間です。

餌をあまり食べないことで知られ、三重県の鳥羽水族館では、飼育されていた1匹が去年2月まで5年余りにわたって絶食したほか、名古屋市の名古屋港水族館でも、飼育している2匹のうち1匹が7年9か月にわたって餌を食べていないということです。
ところが、名古屋港水族館のもう1匹が、先月9日に餌のスルメイカの足を食べている姿を撮影することに、水族館の職員が成功しました。

映像には、ダイオウグソクムシがあおむけになって、イカの足にしがみついて食べている姿が映っていて、職員によりますと、およそ4分間かけて3本の足を食べたということです。

続きはソースで

ダウンロード


引用元 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151219/k10010345471000.html

引用元: 【科学】“絶食”の深海生物 餌を食べる姿を撮影

“絶食”の深海生物 餌を食べる姿を撮影の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しさん 2014/03/13(木)13:20:30 ID:YYPYSfqpQ

 鳥羽水族館(三重県鳥羽市)で飼育され、5年以上の絶食記録を残して2月に死んだ深海生物「ダイオウグソクムシ」。その不思議な生命体の解明へ関心が高まっている。水族館が死後まもなく解剖したところ、体内から正体不明の液体を検出。液体からは菌も発見され、食べなくても生きていける、長寿に関係した“夢の酵母”の可能性も指摘されている。グロテクスだが人気を集めたダイオウグソクムシ。謎の解明はどこまで進むか?。

 食べなくても長期間生きた生態を本格的に解明しようと、森滝さんが死後まもなく解剖したところ、これまた驚くべきことが分かった。まず目を見張ったのはメスで開いた胃の内部。見たこともない淡褐色の液体で満たされていた。過去に死亡したダイオウグソクムシの個体からは未消化の固形物が残っているか、胃が空っぽの状態だったが、このような液体を見たのは初めてだった。

 液体は約130ccと胃を埋め尽くすほどの量があり、ダイオウグソクムシ特有の生臭い腐臭がした。液体以外に固形物はなかった。

 さらに光学顕微鏡で液体をのぞくと、中に長さ10ミクロン(100分の1ミリ)ほどの菌類が見つかった。株分かれしている様子も見られ、1日後には株がさらに増殖していた。出芽や分裂で増える単細胞の酵母に近い存在と推定している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140313-00000516-san-sctch



絶食ダイオウグソクムシ、死因は「餓死」ではなかった…胃に謎の液体の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ