理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

鹿児島県

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/09/15(木) 00:40:26.30 ID:CAP_USER9
桜島、近未来に大噴火の予測、25年後に迫る危機


日米の地球物理学者らが桜島が近く噴火するとの予測を発表。
日本最大級の火山に数えられる桜島が噴火した場合、多くの鹿児島市民が危機にさらされる。

サイエンティフィックレポーツ誌がこうした調査結果を掲載した。

桜島の火口は過去数回の噴火の結果、出来上がったもの。研究者らがこの火口の状態を分析したところ
火口の下にはマグマが蓄積されており、その量は定期的に増えていることがわかった。

続きはソースで

http://jp.sputniknews.com/incidents/20160913/2770672.html

Thermomechanical controls on magma supply and volcanic deformation: application to Aira caldera, Japan
http://www.nature.com/articles/srep32691

Sakurajima eruption would threaten many thousands of lives
http://news.sky.com/story/sakurajima-eruption-would-threaten-many-thousands-of-lives-10576611

ダウンロード


引用元: 【研究】 桜島が25年後に大噴火し、多くの鹿児島市民が危機にさらされる・・・サイエンティフィックレポーツ誌 [無断転載禁止]©2ch.net

桜島が25年後に大噴火し、多くの鹿児島市民が危機にさらされる・・・サイエンティフィックレポーツ誌の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/20(土) 07:23:14.23 ID:CAP_USER.net
屋久島で新種の植物発見 「ヤクシマソウ」と命名 - 読んで見フォト - 産経フォト
http://www.sankei.com/photo/story/news/160220/sty1602200002-n1.html


 鹿児島県の屋久島で、光合成をしない植物の新種を神戸大大学院理学研究科の末次健司特命講師らが発見、「ヤクシマソウ」と命名し、日本の植物研究雑誌に19日発表した。
 ヤクシマソウは、光合成をする代わりに根から菌糸を取り込んで分解して栄養を得る「菌従属栄養植物」の一種。地上に出ている高さは3~5センチで、先端に濃い紫色の花を付ける。

ダウンロード
※画像はイメージで本文と関係ありません


引用元: 【分類学】屋久島で菌従属栄養植物(光合成をしない植物)の新種を発見 「ヤクシマソウ」と命名

屋久島で菌従属栄養植物(光合成をしない植物)の新種を発見 「ヤクシマソウ」と命名の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/19(木) 22:23:12.25 ID:???.net
屋久島で幻のラン発見 光合成せず菌類から養分
47NEWS 2015/11/19 18:41 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015111901000958.html

ダウンロード


鹿児島県の屋久島で、これまでに台湾でしか見つかっておらず、光合成をしない“幻のラン”を発見したと京都大の末次健司特定助教(生態学)らが19日、発表した。

今年4月、屋久島在住の写真家、山下大明氏が川沿いの森林で発見。
末次氏と、研究者や住民でつくる団体「屋久島学ソサエティ」の手塚賢至副会長が現地調査し、2010年に台湾で初めて発見されたランだと確認した。

続きはソースで

画像:鹿児島県の屋久島で発見された「タブガワヤツシロラン」=4月(末次健司・京都大特定助教提供)
http://www.47news.jp/PN/201511/PN2015111901001076.-.-.CI0003.jpg


引用元: 【植物】日本では初報告 屋久島で幻のラン発見 光合成ができないため菌類から養分 和名「タブガワヤツシロラン」

日本では初報告 屋久島で幻のラン発見 光合成ができないため菌類から養分 和名「タブガワヤツシロラン」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/29(木) 21:38:02.19 ID:???.net
考古学の通説覆す!?「狩猟採集民」が先史時代の奄美・沖縄諸島に (西日本新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00010012-nishinp-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/amd/20151029-00010012-nishinp-000-3-view.jpg
遺跡から見つかった種子を説明する鹿児島大の高宮広土教授=28日、鹿児島県奄美市


 鹿児島大国際島嶼(とうしょ)教育研究センターの高宮広土教授(先史人類学)は28日、先史時代の奄美・沖縄諸島に狩猟採集民が存在していたと発表した。自然資源に乏しい島では当時、狩猟や木の実の採集だけでは生きていけないと考えられていたが、近年の研究により、奄美や沖縄の島々は豊かな自然に恵まれ、独自に適応できたとみている。

 高宮教授は約20年前から農耕の起源を調べるため、奄美大島や沖縄の遺跡で貝塚や住居跡を調査してきた。その結果、6500年前以降の貝塚からシイやカシの実などの堅果(けんか)類、チョウセンサザエ、ブダイなどサンゴ礁の魚介類の炭化物が大量に見つかったという。

 高宮教授によると、狩猟採集民は多様な環境への適応能力が高く、約1万年前までに南極を除く全ての大陸へ拡散した。だが、自然資源が乏しい島々での適応は至難で、先史時代の島は農耕民が移り住んだというのが通説だった。面積も小さく大型海獣も入手できない奄美・沖縄諸島で狩猟採集民が存在したのは「世界的にもまれなケース」。そこで高宮教授は、環境文明史に関する英国の国際誌「ザ・ホロシーン」に論文を投稿し、今月掲載された。

 高宮教授は「先史時代の奄美と沖縄は森も海も自然環境に恵まれ、面倒な農耕をする必要がなかったのではないか。今後は食料の変遷や環境への影響についても研究を深めたい」と話している。

ダウンロード
 

引用元: 【考古学】「狩猟採集民」が先史時代の奄美・沖縄諸島に存在 考古学の通説覆す!?

「狩猟採集民」が先史時代の奄美・沖縄諸島に存在 考古学の通説覆す!?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/22(木) 09:23:34.68 ID:???.net
胴長14センチのダイオウイカ 若体発見、世界初
神戸新聞NEXT 2015/10/21 21:48
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201510/0008501437.shtml

兵庫県立人と自然の博物館(兵庫県三田市)は21日、胴長が10~30センチ程度の若いダイオウイカを世界で初めて発見した、と発表した。
鹿児島県と島根県で捕獲された計3個体。
水深300~600メートルの深海に生息する巨大イカとして知られるが、3個体は浅い海域から見つかった。
未解明な部分が多い成長の初期段階の生態を解明する貴重な資料になるという。

頭足類に詳しい同館の和田年史主任研究員(38)=海洋生物学=らが論文にまとめ、英国の国際学術雑誌オンライン版に掲載された。

成体で全長10メートルを超えるダイオウイカは最大級の無脊椎動物。
600個体以上が報告されているが、数センチの幼体を除き、胴長1メートル以上の個体しか発見例がなかった。
今回見つかった3個体は成長の初期段階にあり、「若体」と呼ばれる。

(引用ここまで 全文は引用元参照)

ダウンロード (1)


▽関連
兵庫県立人と自然の博物館
これまで未確認であった体サイズのダイオウイカ若体(胴長10~30cm)の日本の沿岸域における初めての発見について
http://www.hitohaku.jp/research/h-research/Architeuthis-20151020.html

Marine Biodiversity Records / Volume 8 / 2015, e153 (8 pages)
Copyright c Marine Biological Association of the United Kingdom 2015
DOI: http://dx.doi.org/10.1017/S175526721500127X (About DOI), Published online: 20 October 2015
First records of small-sized young giant squid Architeuthis dux from the coasts of Kyushu Island and the south-western Sea of Japan
http://journals.cambridge.org/action/displayAbstract?fromPage=online&aid=10009787&fulltextType=RA&fileId=S175526721500127X

*ご依頼いただきました。

引用元: 【生態】胴長10~30センチの若いダイオウイカ3個体を鹿児島・島根で捕獲 若体発見、世界初/兵庫県立人と自然の博物館

胴長10~30センチの若いダイオウイカ3個体を鹿児島・島根で捕獲 若体発見、世界初/兵庫県立人と自然の博物館の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/20(木) 00:14:52.77 ID:???.net
桜島で16センチの変動 衛星だいち2号で観測
引用元:47NEWS 2015/08/19 22:30
http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015081901001952.html

no title


国土地理院と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、陸域観測技術衛星「だいち2号」の観測により、鹿児島市の桜島でことし1月に比べ、最大で16センチ程度の地殻変動があったことが確認されたと発表した。

搭載されたレーダーで16日と17日に観測を実施。

続きはソースで


画像:陸域観測技術衛星「だいち2号」による観測画像。鍋山と南岳の間がもっとも変動が大きい(国土地理院提供)
http://www.47news.jp/PN/201508/PN2015081901001955.-.-.CI0003.jpg

▽関連サイト
2015年8月19日 19:30 [発表]
「だいち2号」による桜島の緊急観測について
http://www.jaxa.jp/press/2015/08/20150819_daichi2_j.html

引用元: 【火山】桜島でことし1月に比べ最大16センチの地殻変動 陸域観測技術衛星「だいち2号」で観測/JAXA

桜島でことし1月に比べ最大16センチの地殻変動 陸域観測技術衛星「だいち2号」で観測/JAXAの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ