理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/09/16(日) 22:43:50.02 ID:CAP_USER
全身の黄色いスッポンが、滋賀県近江八幡市の川で見つかった。専門家によると、遺伝子などの変化によって色素が変わる「突然変異」とみられる。体が明るい色になると目立って外敵から狙われやすく、成長して発見されるのは珍しいという。

 生物研究や飼育が趣味という同市若宮町の奥日佐夫さん(70)が6日、市内を流れる小川で発見。体長約20センチで、生後数年は過ぎているとみられる。

 奥さんの依頼で実物を確認した県立琵琶湖博物館(草津市)の桑原雅之・総括学芸員によると・・・

続きはソースで

■近江八幡市の川で見つかった黄色いスッポン(滋賀県近江八幡市で)
https://www.yomiuri.co.jp/photo/20180916/20180916-OYT1I50016-N.jpg

読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/eco/20180916-OYT1T50044.html
ダウンロード (1)


引用元: 【生物】〈画像〉黄色いスッポン発見…専門家は「見たことない」[09/16]

〈画像〉黄色いスッポン発見…専門家は「見たことない」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/27(火) 00:47:23.16 ID:CAP_USER
自閉症児は黄色が苦手、そのかわり緑色を好む -発達障害による特異な色彩感覚-

正高信男 霊長類研究所教授、マリン・グランドジョージ レンヌ第一大学講師らの研究チームは、自閉症スペクトラム障害(ASD)の特徴の一つと考えられる知覚過敏の中でも色彩に着目し、ASD児の色彩感覚にどのような特徴がみられるかを調査しました。
赤、青、緑など6色の好感度を調査した結果、ASD児は黄色が苦手で緑色を好む傾向があることが分かりました。
生活環境を整えるうえで色彩の面も配慮する必要があることを示唆する研究結果です。
 
本研究成果は、2016年12月23日午後0時30分にスイスの学術誌「Frontier in Psychology」に掲載されました。

続きはソースで

▽引用元:京都大学 研究成果 2016年12月26日
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/161223_2.html
images


引用元: 【発達心理】自閉症児は黄色が苦手で緑色を好む傾向 発達障害による特異な色彩感覚/京都大 ©2ch.net

自閉症児は黄色が苦手で緑色を好む傾向 発達障害による特異な色彩感覚/京都大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/06/18(土) 17:20:50.70 ID:CAP_USER
青いカエル発見 「サムライブルーで縁起いい」 岡山

 珍しい青色のアマガエルを、鏡野町下原の瀬島光貴さん(17)が自宅の庭で見つけた。今まで見たことのない“青いカエル”に、家族や友人らも驚いているという。

 瀬島さんによると、13日夕、庭で跳んでいる青いカエル(体長約3センチ)を発見。鮮やかな青色に、最初は『オモチャではないか』と疑ったという。現在、水槽に入れ、エサを与えて、大切に飼育している。

続きはソースで

ダウンロード



http://www.sankei.com/west/news/160618/wst1606180049-n1.html

画像
http://www.sankei.com/images/news/160618/wst1606180049-p1.jpg
青いカエル(瀬島光貴さん提供)

引用元: 【生物】青いアマガエル発見 岡山©2ch.net

青いアマガエル発見 岡山の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ