理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

黒煙

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/12(日) 22:25:10.18 ID:???*.net
東シベリア南部の都市チタ郊外の村で、先週の火曜、UFOが爆発したとのこと。
上空から何かが落ちてくるのを見たという人もいます。

謎の物体の爆発はウグダン村で起きた模様で、村人のウラジミール・ミロバノフさんは、地元のテレビ局に対して「午前11~12時頃に爆発音がして、大きな黒い煙の柱を見た」と話しています。

この爆発による負傷者はなかったものの、付近の建物に若干の被害が出ています。

no title

画像
爆発現場で見つかった金属片、UFOの残骸か
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/04/scrap_of_UFO.jpg
ウグダン村周辺の風景(Googleストリートビュー)
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/04/Ugdan.jpg

http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2223

引用元: 【UFO】シベリアでUFOが爆発(画像あり)

シベリアでUFOが爆発(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/03/03(月) 18:17:34.11 ID:???0

「近年、中国都市部では、旧正月(春節祭)は黒い涙を流しながら祝うのが恒例です」と語るのは中国人ジャーナリストの戴世�復(ダイ・シーユゥイ)氏。
涙の理由は、春節祭で鳴らされる爆竹のすさまじさによるものだが、“黒い涙”になるのは、もちろん別の理由だ。

「現在、世界の石炭の半分を消費しているのが中国。しかも、国内消費量18・7億トンの約半分が各家庭での石炭ストーブなのです。
ここから吐き出される黒煙がPM2.5汚染に影響を及ぼしているのは間違いありません」(戴氏)

過去最悪の数字を更新し続ける中国の大気汚染。清華大学などの調査によると、「2010年、中国で大気汚染が原因と思われる死者は約120万人とされている」(戴氏)とのことで、現在、この数字はどこまで増えているのか予想もつかない。

この大気汚染は、偏西風に乗って日本にも広がっている。海洋研究開発機構などの分析によると、日本のPM2.5の半分程度が中国から風に乗ってきたものだと推測されている。

なかでもその被害を最も受けているのは、中国と距離的に近い九州、そして山口や島根、鳥取などの山陰地方だ。
昨年4月、島根県浜田市に転勤した28歳の男性会社員は、転勤以来、アレルギー性のくしゃみや目のかゆみといった症状に悩まされている。

また、営業車で外回り中、県内ほぼ全域、30分も外に車を止めていると車に灰のようなものが積もってしまうそうだ。
キリがないので洗車は諦めたが、フロントガラスの汚れを落とさないわけにはいかないため、ウオッシャー液は3ヵ月ももたない。
洗濯物はもちろん一年中、部屋干しだ。

一方、佐賀県鳥栖市に住む27歳の女性会社員はさらに深刻だ。3年前、発熱・鼻炎が続き、風邪薬を飲んだが10日たっても治らないので耳鼻咽喉科へ。
医師からは「黄砂アレルギーと診断しているが、砂に反応しているわけではない。汚染物質がついた砂が風に乗って日本にやって来て、その有害物質に反応している。これは“公害”です」と告げられた。根本的な治療法はない。
3

http://wpb.shueisha.co.jp/2014/03/03/25514/



中国のPM2.5による被害が、距離的に近い九州、そして山口や島根、鳥取などの山陰地方で拡大中の続きを読む

このページのトップヘ