理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

CCD

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/17(火) 00:14:29.02 ID:???.net
掲載日:2015年2月16日
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021601002064.html

2


 ミツバチへの害が指摘されているネオニコチノイド系農薬をミツバチに与えると、冬場から春先にかけて群れの中のハチの数が急減し、実際に観察されるミツバチの群れの消滅、「蜂群崩壊症候群(CCD)」によく似た現象が起こることを米・ハーバード大などの研究チームが16日までに実験で突き止めた。

 チームは「与えた量は致死量よりはるかに低く、実際の農場で確認されるレベルだ」と指摘。「世界各地で起こっているCCDの原因がこの農薬である可能性が高まった」としている。

 ネオニコチノイド系農薬は、ニコチンに似た物質が主成分で、農作物や家庭用の◯虫剤として広く使われている。

<画像>
ネオニコチノイド系農薬を与えた結果、ミツバチがほとんどいなくなった巣箱(ハーバード大のアレックス・ルー准教授提供)
http://img.47news.jp/PN/201502/PN2015021601002105.-.-.CI0003.jpg

<参照>
Home | Chensheng (Alex) Lu | Harvard T.H. Chan School of Public Health
http://www.hsph.harvard.edu/chensheng-lu/

引用元: 【環境/CCD】ミツバチの群れ消滅、原因は農薬 米・ハーバード大が実験

ミツバチの群れ消滅、原因は農薬 米・ハーバード大が実験の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/10(火) 20:59:12.96 ID:???.net
掲載日:2015年2月10日
http://www.afpbb.com/articles/-/3039214

 食料調達を始めようとする若いミツバチには失敗して早死にするケースが多くみられ、これがコロニー崩壊の憂慮すべき現象を引き起こす要因の一つとなっているとした研究論文が、9日の米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academyof Sciences、PNAS)に掲載された。

2


 科学者らは、農作物の重要な受粉媒介者であるミツバチの個体数が世界中で減少している理由を解明するため、◯虫剤の使用から、ハチが好む植物の消失、病気までに及ぶさまざまな要因の研究を進めている。

 英国、米国、オーストラリアの国際研究チームが行った最新の研究では、蜂群崩壊症候群(CCD)のもう一つの新たな要因として「巣の中の社会的崩壊」が指摘された。

 研究チームは、ミツバチ数千匹に無線発信器を取り付け、ハチの行動を調査した。

 ミツバチは通常、生後2~3週間で蜜の採集を始める。しかし、コロニーが病気や食料不足、その他の慢性ストレス要因に見舞われると、高齢のハチから先に死んでいくため、これを補うかたちで若いハチが蜜採集を始める。ただ、若いハチが蜜採集の飛行を完了させる可能性は低く、初回の採集飛行中に死ぬ確率が極めて高いことを研究チームは発見した。

「この若いハチの集団が蜜採集に向かうことで、食料調達の成果が不振になる上、食料調達係の死を早める事態を招いた。
結果、コロニーの個体数減少を劇的に加速させることにもつながった。これは世界中でみられるCCD現象の観察結果に酷似している」と論文は述べている。

続きはソースで

(c)AFP

<画像>
米メリーランド州ベルツビルのハチ研究施設で飼育されるミツバチ(2007年8月22日撮影、資料写真)。(c)AFP/SAUL LOEB
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/0/1024x/img_409a934ea8769a9f0e0fde1bedb6a37a239252.jpg

<参照>
‘Stressed’ young bees could be the cause of colony collapse
http://www.qmul.ac.uk/media/news/items/se/147864.html

Rapid behavioral maturation accelerates failure of stressed honey bee colonies
http://www.pnas.org/content/early/2015/02/04/1422089112

引用元: 【生物/環境】ミツバチのコロニー崩壊、若バチの早死にも要因か 国際研究

ミツバチのコロニー崩壊、若バチの早死にも要因か 国際研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/08/23(金) 23:34:58.17 ID:???

板垣さん、いるか座に6等級の明るい新星を発見

【2013年8月15日 VSOLJニュース(302)】

山形県の新天体ハンター・板垣公一さんが8月14日、いるか座に明るい新星を発見した。
6等級と明るいので、双眼鏡観察や写真撮影に挑戦してみよう。
また、13日~14日夜に撮影した夏の大三角付近の画像に、発見前の新星が写っているかもしれないので要チェックだ。
--------------
VSOLJニュースより(302)
著者:前原裕之さん(東京大学木曽観測所)

いるか座は夏の天の川のほとりに位置する比較的小さな星座ですが、1967年には3等級まで増光した新星(今日ではHR Delとの変光星名が付けられています)が出現したこともあります。
そのいるか座の中に、6等級と双眼鏡でも簡単に見ることができる明るさの新星が発見されました。
発見したのはこれまでにも多数の超新星や天の川銀河内の新星を発見されている、山形県の板垣公一(いたがきこういち)さんです。

板垣さんは、8月14.5843日(世界時。日本時間同日午後11時ごろ)に口径18cmの望遠鏡とCCDカメラを用いて撮影した画像から6.8等の新天体を発見し、14.750日には口径60cmの望遠鏡でこの天体を確認しました。
前日までに撮影された画像には、この天体は13等以下で写っていないことも報告されました。
板垣さんの観測によるこの天体の位置は以下のとおりです。
赤経 20時23分30.73秒
赤緯 +20度46分04.1 秒(2000.0年分点)
いるか座の新星の周辺星図

この天体は、ちょうど夜を迎えたヨーロッパの多数の観測者によってその存在が確認されました。
イタリアのG. Masiさんらのグループは、口径35cmの望遠鏡でこの天体の分光観測を行い、この天体が強いHα輝線を示すことを報告しました。
また英リヴァプール・ジョン・ムーアズ大学のグループが、カナリア諸島ラ・パルマにある口径2mの望遠鏡で行った分光観測によると、この天体のスペクトルには、はくちょう座P型プロファイルと呼ばれる、
青側が吸収線、赤側が輝線となっている形状をした、水素のバルマー線と1階電離した鉄輝線、および弱い中性ヘリウムの輝線が見られることがわかり、この天体が爆発直後の古典新星であることが判明しました。

この天体はドイツのP. Schmeerさんによって双眼鏡を使った眼視観測で6.0等の明るさで見えることが報告されました。
まだ爆発直後と思われることから、日本で観測できる時間帯には発見時よりもさらに増光している可能性もあります。
6等級と市街地でも小さな双眼鏡でじゅうぶん見える明るい新星ですので、まだ新星を見たことがない人には見るチャンスと言えます。
また、デジタルカメラでも固定撮影で容易に写すことができると思われます。今後の明るさや色の変化等に注目してみてください。

編集追記:茨城県の清田誠一郎さんが8月14.50566日、発見前の同天体を7.2等(CCD、Icバンド)で観測している。

-*-*-*- 引用ここまで。全文は記事引用元をご覧ください -*-*-*-

5

▽記事引用元 AstroArts 2013年8月15日配信記事
http://www.astroarts.co.jp/news/2013/08/15nova_del/index-j.shtml



【天文】山形県の板垣さん いるか座に6等級の明るい新星を発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 依頼35-196@白夜φ ★ 2013/06/17(月) 23:27:44.29 ID:???

農薬でミツバチの群れ消失 ネオニコチノイド系


国内外で広く使われているネオニコチノイド系農薬をミツバチに摂取させると、比較的低濃度でも巣箱の中のミツバチがいなくなり、群れが消える「蜂群崩壊症候群(CCD)」に似た現象が起こるとの実験結果を金沢大の山田敏郎教授らのチームが17日までにまとめた。

山田教授は「ハチが即死しないような濃度でも、農薬を含んだ餌を食べたハチの帰巣本能がだめになり、群れが崩壊すると考えられる」と指摘。
養蜂への影響を避けるためネオニコチノイド系農薬の使用削減を求めている。
一方農薬メーカーは「科学的根拠が明らかでない」と否定的な見方を示した。


ee204dbd.jpg

2013/06/17 09:59 【共同通信】
______________

▽記事引用元 47NEWS 2013/06/17 09:59配信記事
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061701001395.html

▽関連スレッド
【昆虫】米国のミツバチコロニーに異状:約1/3が毎年死滅 ネオニコチノイドだけが問題ではない
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1368362356/
【環境】ミツバチ集団失踪 蜂群崩壊症候群(CCD)とネオニコチノイド系殺虫剤クロチアニジン
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1292467009/

*ご依頼いただきました。



【昆虫】ネオニコチノイド系農薬をミツバチに摂取させると群れ消失/金沢大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ