理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

ES細胞

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2014/01/08(水) 23:15:44.90 ID:???

iPS細胞の点突然変異がiPS細胞への転換中に起こることをマウスの実験により発見
2014年1月3日
独立行政法人放射線医学総合研究所

本研究成果のポイント
・iPS細胞※1形成が数百の点突然変異※2を伴うことを証明。
・iPS細胞とES細胞※3のゲノム点突然変異の頻度比較に成功。-ES細胞の変異の数は、iPS細胞の1/10-1/20倍
・iPS細胞ゲノム突然変異発生タイミングの特定。-体細胞からiPS細胞への転換初期に多くの点突然変異が生じる

独立行政法人放射線医学総合研究所(以下、放医研)研究基盤センターの杉浦真由美 元主任研究員 (現奈良女子大学)、笠間康次主任技術員、荒木良子室長、安倍真澄特別上席研究員らの研究チームは、iPS細胞ゲノムに観察される点突然変異は、iPS化の過程の極初期に起きたものであることを発見しました。
これまでは、点突然変異のほとんどがiPS化する前の細胞に既に存在していたと考えられていましたが、これを覆す結果です。
この成果は、米国科学雑誌「Stem Cell Reports」オンライン版に2014年1月3日2時(日本時間)に掲載される予定です。
 
iPS細胞ゲノム(1細胞で約30億塩基対)には数百から1000か所程度の点突然変異が存在することが既に報告されていましたが、これらの多くは、作成に用いた細胞に既に存在していたものという報告が続いていました。
 
研究グループは「iPS化が点突然変異を伴うのか?」という観点で、同じマウス系統からiPS細胞、及び同じ性質を有する幹細胞(ES細胞)を樹立し、最新の高速DNA塩基配列決定装置を用いて詳細な解析を行いました。

世界で初めてES細胞における点突然変異の数を明らかにした結果、iPS細胞は、ES細胞に比べ点突然変異の数が多いこと、更に、iPS細胞に見られた変異の質もES細胞のものと異なることが明らかになりました。
加えて、iPS細胞の細胞集団を1細胞毎に解析し、変異の履歴を追跡することにより、多くの点突然変異がiPS化の転換初期に生じていることも明らかにしました。
 
本成果は、iPS細胞に生じる突然変異の発生メカニズムを理解する上で極めて重要な発見です。

-------------引用ここまで 全文は記事引用元をご覧ください-----------

▽記事引用元 独立行政法人放射線医学総合研究所 2014年1月3日配信記事
http://www.nirs.go.jp/information/press/2014/01_03.shtml
5



【幹細胞】iPS細胞の点突然変異がiPS細胞への転換中に起こることをマウスの実験により発見/放射線医学総合研究所の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 伊勢うどんφ ★ 2013/12/16(月) 15:11:23.96 ID:???

 体のさまざまな細胞になる能力がある胚性幹細胞(ES細胞)から、生体の膵臓の細胞とほぼ同じ能力を持つ細胞を効率良く作ることにマウスで成功したと、熊本大などのチームが15日付の米科学誌電子版に発表した。

 作った細胞を糖尿病のマウスに移植すると、血糖値がほぼ正常値に下がった。
熊本大の粂昭苑教授は「人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、人への応用を目指したい」としている。

6

2013/12/16 03:00【共同通信】
http://www.47news.jp/smp/CN/201312/CN2013121501001728.html

熊本大プレスリリース
http://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2013_file/release131216.pdf

Nature Chemical biology
VMAT2 identified as a regulator of late-stage beta cell differentiation
http://www.nature.com/nchembio/journal/vaop/ncurrent/full/nchembio.1410.html



【再生】ES細胞から血糖値下げる細胞作製成功、マウスで確認/熊本大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 一般人φ ★ 2013/08/02(金) 00:13:47.13 ID:???

 宮崎大学と理化学研究所は1日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作る際、体細胞への遺伝子の導入法を変えるなどした結果、目的とする細胞を作る能力を高める「品質改善」に成功したと発表した。
米科学誌ジャーナル・オブ・バイオロジカル・ケミストリー(電子版)に掲載された。

 ヒトやウサギのipS細胞は、胚性幹細胞(ES細胞)と比べると、目的の細胞を作り出す能力が低いが、マウスのiPS細胞には、そうした制限がなかった。

 そこでチームはウサギの体細胞にいったん四つの遺伝子を入れた後、そのうち一つを再導入し、マウスiPS細胞を作るときと同様の培養条件でiPS細胞を作った。できたウサギiPS細胞はマウスに近い能力を獲得。通常のiPS細胞の倍以上の効率で神経細胞ができたほか、ES細胞でも作製が難しい種類の
神経細胞ができた。

 チームの本多新(あらた)・同大准教授は「ヒトのiPS細胞への応用に取り組みたい」と話している。【相良美成】

bb0e2fe6.png

▽記事引用元 毎日新聞(2013年08月01日 19時24分)
http://mainichi.jp/select/news/20130802k0000m040034000c.html

▽宮崎大学プレスリリース
http://www.miyazaki-u.ac.jp/public/files/iPS-cells.pdf

▽The Journal of Biological Chemistry
「Naive-like conversion overcomes the limited differentiation capacity of induced pluripotent stem cells」
http://www.jbc.org/content/early/2013/07/23/jbc.M113.502492.abstract



【幹細胞】iPS細胞の品質改善に成功、よりES細胞に近い性能へ/宮崎大・理研の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/24(水) 01:18:50.37 ID:???

ES細胞培養移植でマウスの視力回復に成功、英研究
2013年07月22日 10:53 発信地:パリ/フランス

【7月22日 AFP】マウスの幹細胞を用いて、失明したマウスに視力を回復させる実験に成功したという論文が21日、英科学誌「ネイチャー・バイオテクノロジー(Nature Biotechnology)」に発表された。
この成果は、進歩が速い網膜治療の分野にさらなる追い風となると期待されている。

英ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(University College London、UCL)のロビン・アリ(Robin Ali)氏率いる研究チームは、マウスの胚から採取した幹細胞を培養し、未熟な「光受容体」に分化させた。光受容体は、網膜中にある光を捉える細胞。

この光受容細胞約20万個をマウスの網膜に注入したところ、その一部が元の細胞と滑らかに融和して、視力を回復させた。
マウスが光に反応することを確かめるために、水迷路での歩き方の検査や検眼鏡での検査を行った。

英医学研究会議(Medical Research Council)は、ES細胞(胚性幹細胞)には
「将来、人間の失明を治療する網膜移植のための健康な光受容体に関して潜在的に無制限の供給を実現できる可能性がある」とプレスリリースで述べた。

光受容体の喪失は、網膜色素変性や加齢黄斑変性(AMD)などの眼の変性疾患の一因となっている。

アリ氏の研究チームはこれまでの研究で、健康なマウスの網膜から採取した、かん体細胞と呼ばれる未熟な光受容体の移植によって、失明したマウスの視力回復が可能なことを明らかにしていた。

今回の最新の研究でさらに進歩した点は、移植された物質が、視覚に必要な神経細胞とは全く異なる細胞で構成され、他の動物から採取されたものでもないことだ。
移植したのは、日本で最初に開発された、網膜の形状を複製する新技術を用いて、実験室で培養して適切に分化させた細胞だ。

アリ氏は「次の段階は、臨床試験を開始できるようにするために、ヒトの細胞を使ってこの技術をさらに改良することだ」と述べている。
目標は、いわゆる人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使用して、AMDの治療法を試験することだ。(c)AFP

7

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年07月22日 10:53配信記事
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2957177/11067815

▽関連リンク
Nature Biotechnology (2013) doi:10.1038/nbt.2643
Received 13 March 2013 Accepted 22 June 2013 Published online 21 July 2013
Photoreceptor precursors derived from three-dimensional embryonic stem cell cultures integrate and mature within adult degenerate retina
http://www.nature.com/nbt/journal/vaop/ncurrent/abs/nbt.2643.html
University College London(UCL)
Scientists transplant photoreceptors from retina grown ‘in a dish’
21 July 2013
http://www.ucl.ac.uk/news/news-articles/0713/21072013-Scientists-transplant-photoreceptors-from-retina-grown-in-a-dish-Ali



【再生医療】ES細胞培養移植でマウスの視力回復に成功/英研究の続きを読む

このページのトップヘ