理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

ESA

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/08/24(土) 00:29:49.14 ID:???

ヘルメット内に液体、宇宙飛行士が恐怖の体験振り返る
2013年08月22日 19:49 発信地:ローマ/イタリア

【8月22日 AFP】欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)のイタリア人宇宙飛行士、ルカ・パルミターノ(Luca Parmitano)氏は21日、先月の船外活動中に宇宙服のヘルメット内に水漏れが生じ、おぼれかけた恐怖体験をブログで振り返った。

パルミターノ飛行士は国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)からESAのブログに、7月16日に行った自身2度目の船外活動開始後間もなく発生した、ヘルメット内の水漏れについて投稿した。

首の後ろに水滴を感じたことについて、「汗にしては冷たすぎると思った。何より、間違いなく量が増えていると感じた」と回想。

船外活動を切り上げ、ISSのクエスト(エアロック)に戻ろうとする間、ヘルメット内の液体の量は急激に増加。
目の前が暗くなり、窒息しそうになったという。

「次に呼吸をしたら、肺に空気が入るのか、液体が入るのか分からなかった。エアロックまでどう行けばいいのかもわからなかった」

宇宙服の安全バルブを開放して液体を排出しようかとも考えたが、「宇宙服に穴を開けるのは最後の切り札だ」と思い直したという。

「一刻も早く戻らなければならなかった。同じ場所で待っていればクリス(同僚の宇宙飛行士)が連れ戻してくれると分かっていたが、どれだけ時間が残っているか分からなかった」

さらに、交信も徐々にできなくなっていった。
ヘッドフォンを液体が覆い、ヒューストンからの指示を聞くのが困難になったのだ。

ISSに戻ると、カレン・ナイバーグ(Karen Nyberg)飛行士がヘルメットを脱がせてくれたため、おぼれることも、意識を失うこともせずにすんだという。
耳と鼻には水が充満していたため、ISSに滞在する飛行士たちの言葉は聞こえなかったという。

米航空宇宙局(NASA)はこの事故について2件の調査を開始。
調査チームはヘルメット内の飲料水バッグではなく、宇宙服の冷却装置の不具合に焦点を絞っているという。

調査の結果が出るまで、NASAの船外活動は中断している。(c)AFP/Dario THUBURN

7

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年08月22日 19:49
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2963273/11227712

▽関連リンク
ESA Luca blog(http://blogs.esa.int/luca-parmitano/category/luca-blog/
EVA 23: exploring the frontier
Posted on August 20, 2013 by raffaella
http://blogs.esa.int/luca-parmitano/2013/08/20/eva-23-exploring-the-frontier/

▽関連スレッド
【宇宙開発】ISSの保守作業 宇宙服内で水漏れが起きて船外活動中止/NASA
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1374152422/



【宇宙開発】先月の船外活動中にヘルメット内に液体、宇宙飛行士が恐怖の体験振り返るの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/15(月) 00:51:22.38 ID:???

太陽系最大の山に見るかつての溶岩流

【2013年7月9日 ヨーロッパ宇宙機関】
火星のオリンポス山は、周辺からの高さが22kmという太陽系最大の山だ。
探査機がとらえた山麓の画像からは、かつての激しい火山活動のようすがうかがえる。
-----------------
火星の北半球にあるオリンポス山は、周囲の平地から22kmの高さまでそびえ立つ太陽系最大の山として知られる。
裾野がゆるやかに広がる盾状火山だが、その周縁は切り立った崖のようになっていて、平地との境界がはっきりしている(画像1枚目)。
最大で9kmにもなるこうした崖は、過去に起こった大規模な地滑りでできたものとみられている。

ヨーロッパ宇宙機関(ESA)の探査機「マーズエクスプレス」が、このオリンポス山の南東麓の地形を詳細にとらえた。

オリンポス山を含む周囲の火山帯は1000万前、太陽系の長い歴史から見ればつい最近まで活発に活動しており、ふもとを覆う溶岩流に当時のようすが見てとれる。

崖をすべり落ちて扇状に広がったものや、崖の手前で止まってそのまま冷え固まったもの、その流れに飲み込まれて鋭い先端を浮かび上がらせた岩塊のようなものなどが、そこかしこに見られる。
周囲のなめらかな平地とはきわめて対照的だ。

この領域が比較的新しい地形であることはクレーターがほとんどないことからもわかるが、
火山全体で溶岩流の層が幾重にも積み重なっているようすからも、オリンポス山や周辺の火山活動の歴史をうかがい知ることができる。

北西方向から見たオリンポス山全体の立体図。(提供:Courtesy NASA/JPL-Caltech)
b3273e28.jpg

http://www.astroarts.jp/news/2013/07/09olympus/olympus.jpg
「マーズエクスプレス」が今年1月に撮影したオリンポス山の南東麓。(提供:ESA/DLR/FU Berlin (G. Neukum)。以下同)
3fb4ea99.jpg

http://www.astroarts.jp/news/2013/07/09olympus/flank.jpg
2枚目と同領域の斜視図。
280fbf7d.jpg

http://www.astroarts.jp/news/2013/07/09olympus/perspective.jpg
____________

▽記事引用元 AstroArts 2013年7月9日配信記事
http://www.astroarts.co.jp/news/2013/07/09olympus/index-j.shtml

▽関連
ESA
At the foot of the Red Planet's giant volcano
http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Science/Mars_Express/At_the_foot_of_the_Red_Planet_s_giant_volcano
NASA
Olympus Mons
http://marsprogram.jpl.nasa.gov/gallery/atlas/olympus-mons.html



【宇宙】太陽系最大の山 火星のオリンポス山に見るかつての溶岩流の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/13(土) 01:13:58.14 ID:???

ESA、アリアン6ロケットの基本構成をまとめる
July 12 - 2013 - アリアン

現在商業打ち上げで活躍中のアリアン5ロケットの後継機となる、アリアン6ロケットの基本となる構成の案を、欧州宇宙機関(ESA)が7月9日、明らかにした。

アリアン6は2021年ごろに登場する予定で、昨年秋に開催された、ESAの閣僚会議において開発を進める方針が決定された。
中国やロシアはアリアン5と似た性能で低価格のロケットを保有しており、以前から激しい競争を強いられてきた。
さらにスペースX社のファルコン9のような、民間企業による安価なロケットも登場したことで、より競争が熾烈になることが予想される。

アリアン6の構成をどうするかは、実に100を超える案が検討されたと言われ、その結果、今回基本構成として発表されたのはマルチPリニアと呼ばれる案だ。
直訳すると「線形の複数のP」とでもなろうか、Pとはフランス語のPoudreから取られており、固体ロケットを意味し、つまり固体ロケットを線上に複数並べた、という意味になる。
アリアン6の第1段は固体ロケットを3基横に並べた構成で、さらに第2段にも固体ロケットが使用され、つまり固体ロケットが縦と横に線上に並べた形をしている。
これら4基の固体ロケットは基本的に共通のものが使われ、大量生産による低コスト化と信頼性向上が図られる。

第3段には液体水素と液体酸素の組み合わせを使用するヴィンチと呼ばれるロケットエンジンが使用される。
ヴィンチはアリアン5の改良型であるアリアン5 MEで実用化される見通しで、再点火能力を持ち、2機の衛星をそれぞれ異なる軌道に投入することが可能となる。

衛星フェアリングはアリアン5と同じ容積が確保され、アリアン5で打ち上げていた衛星はそのままアリアン6でも打ち上げられるようになっている。

打ち上げ能力は静止トランスファー軌道に3.0t、また構成を変えることで最大6.5tまで対応できる。

この構成自体は以前から有力視されていたが、フランス国立宇宙研究センター(CNES)が独自に推していた形とはやや異なり、より保守的な姿となった。

今後も検討は続けられ、今年の10月に予備審査が実施される予定となっている。

■The baseline configuration of Ariane 6 selected by consensus on the basis of decisions taken by ESA’s Ministerial Council of November 2012 / Launchers / Our Activities / ESA
http://www.esa.int/Our_Activities/Launchers/The_baseline_configuration_of_Ariane_6_selected_by_consensus_on_the_basis_of_decisions_taken_by_ESA_s_Ministerial_Council_of_November_2012


▽記事引用元 sorae.jp July 12 - 2013配信記事
http://www.sorae.jp/030806/4946.html
22

http://www.sorae.jp/newsimg13/0712ariane6.jpg



【宇宙開発】アリアン6ロケットの基本構成をまとめる/ESAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2013/07/12(金) 10:27:38.87 ID:???

地球から63光年先にコバルトブルーに輝く惑星があるのをハッブル宇宙望遠鏡で見つけたと、米航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)のチームが11日、発表した。

ただ地球に似た生命を育む海があるわけではなく、木星のように巨大なガス状惑星。
恒星の近くを回っているため表面の温度が千度を超え、時速7千キロの嵐が吹き荒れる過酷な環境らしい。

この惑星を地球から肉眼で見ることはできないが、かすかな光の波長をハッブル望遠鏡などで分析すると青い色をしていることが判明。チームは嵐に含まれるケイ酸塩の粒子が光を乱反射するのが青さの理由だとしている。

ソース:産経新聞(2013.7.12 08:44)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130712/amr13071208460003-n1.htm
画像:ハッブル宇宙望遠鏡で青く輝いていることが分かった惑星の想像図
12

http://sankei.jp.msn.com/images/news/130712/amr13071208460003-p1.jpg
関連リンク:natureに掲載された記事
「First distant planet to be seen in colour is blue」(英文)
http://www.nature.com/news/first-distant-planet-to-be-seen-in-colour-is-blue-1.13376
関連リンク:NASAのリリース
「NASA Hubble Finds a True Blue Planet」(英文)
http://www.nasa.gov/content/nasa-hubble-finds-a-true-blue-planet/#.Ud9a30IZsb0



【宇宙】63光年先にコバルトブルーに輝く惑星があることを発見…ハッブル宇宙望遠鏡で分析/NASAなどの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/06/28(金) 00:56:36.67 ID:???

金星の暴風、6年間で3割加速 ESA報告
2013年06月19日 09:17 発信地:パリ/フランス

【6月19日 AFP】金星の地表を以前より巨大ハリケーン並みの風速で吹き荒れていた風が、この6年間でさらに3割以上も加速しているという報告が18日、欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)により発表された。

2つの天文学者チームが、ESAの金星周回探査機ビーナス・エクスプレス(Venus Express)による画像を個別に分析し、金星の雲のパターンを観測した。

研究チームによると、2006年にビーナス・エクスプレスが運用を開始した当時、赤道の南北緯度50度以内の高高度領域に吹く風の風速は、平均時速約300キロと記録されていた。
この風が次第に加速され、現在の風速は時速400キロ近くに達しているという。

今回の調査は、ロシア・モスクワ(Moscow)にある宇宙科学研究所(Space Research Institute)のイーゴリ・ハトゥンツェフ(Igor Khatuntsev)氏率いるチームと、産業技術総合研究所(National Institute of Advanced Industrial Science and Technology、AIST)の神山徹(Toru Kouyama)氏率いるチームがそれぞれ実行した。

金星は、地球よりわずかに小さく、地球に最も近い惑星で、かつては地球の姉妹惑星と呼ばれていた。
初期のサイエンスフィクションでは、第2の地球となる可能性がある惑星としても描かれたが、1970年に発表された観測結果により、大気圧が地球の90倍の二酸化炭素(CO2)の大気を持ち、地表は桁違いの惑星温暖化とみられる現象によって気温457度の灼熱状態になっていることが明らかになった。
金星の風系では、有毒ガスが混じり合った黄色がかった風が吹き荒れ、その風速は、灼熱の火山性平原の上空を流れる雲の最上部、高度約70キロで最高速度に達する。

金星の風が特に興味深い理由は、惑星の自転速度より数十倍速い風速で吹き荒れる「スーパーローテーション(超回転)」をしているからだ。
金星の自転速度は極めて遅く、金星の1日が終わるのに、地球の243日に相当する時間がかかる。

今回判明した奇妙な風速の上昇と、この現象が今後も長く続くのかどうかを説明するには、さらなる研究が必要になる。(c)AFP
___________
2

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年06月19日 09:17配信記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2951267/10929874

▽関連
ESA
The fast winds of Venus are getting faster
http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Science/Venus_Express/The_fast_winds_of_Venus_are_getting_faster



【宇宙】金星の暴風、6年間で3割加速 ESA報告の続きを読む

このページのトップヘ