1: 2015/06/29(月) 13:31:01.78 ID:???*.net
流星観測カメラ失い、研究員「言葉にならない」

 【ワシントン=中島達雄】米国の宇宙企業スペースX社のロケットが28日、打ち上げ後に爆発した事故を受け、同社と米航空宇宙局(NASA)、米連邦航空局(FAA)は合同で原因調査を始めた。

 爆発したのは同社の「ファルコン9」で、打ち上げの約2分後、第1段ロケットが燃焼を終える直前に突然白い煙に包まれ、バラバラに分解した。国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人補給船「ドラゴン」も失われた。NASAのチャールズ・ボールデン長官は、「必ず原因を突き止め、飛行を再開する」との声明を発表した。

 ISSに物資を運ぶ無人補給船の失敗は、昨年10月以降、米露で計3回となった。来月23日には日本の油井亀美也きみや飛行士(45)ら3人がロシアの有人宇宙船「ソユーズ」でISSに向かうが、記者会見したNASAの担当者は「今のところ、ソユーズの打ち上げ日程に影響はない」と語った。

続きはソースで

01 (2)





Yomiuri Online 2015年06月29日 13時05分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150629-OYT1T50071.html


引用元: 【宇宙】流星観測カメラ「メテオ」失い、千葉工業大研究員「言葉にならない」―米ロケット打ち上げ失敗で[06/29]

【悲報】流星観測カメラ「メテオ」失い、千葉工業大研究員「言葉にならない」―米ロケット打ち上げ失敗での続きを読む