理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

GALEX

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: ( ´`ω´) ★@\(^o^)/ 2014/05/09(金) 21:04:54.85 ID:???.net

■日本の観測家3人がへびつかい座の矮新星を発見(VSOLJニュースより(313)著者 大島誠人さん(京大理))

(前略)日本の新天体捜索家3人が、4月11日に出現したへびつかい座の矮新星をそれぞれ独立に発見した。

(中略)発見したのは、これまでにも多くの新天体を発見していることで知られる静岡県掛川市の西村栄男さん、群馬県嬬恋村の小嶋正さん、および茨城県水戸市の桜井幸夫さんの3人です。このような各地の捜索者の方が発見者として並ぶのは、これらがいずれも独立発見だったことによります。

 まず西村さんは4月11.747日(世界時。日本時間12日2時55分)に、200mm望遠レンズを取り付けて撮像した画像からへびつかい座に10.7等級(ノンフィルター)の新天体を発見しました。この天体は、10.699日(同11日1時46分)の時点で撮られた画像には写っていなかったとのことです。

 またこれとは独立に、小嶋さんが4月11.757日(同12日3時10分)にこの天体を発見し、10.749日(同11日2時58分)に85mmの望遠レンズを用いて撮像した画像には写っていなかったことを報告しました。

 さらに桜井さんが、180mmの望遠レンズを用いて11.780日(同12日3時43分)に撮影した10.6等のこの天体を新天体として報告しました。10.792日(同11日4時0分)に撮った画像ではこの天体は写っていなかったとのことです。以上のような流れで、この天体を3人が独立の捜索で発見したということになります。

 これを受けて、サーベイ観測を行っている東京大学木曽観測所の前原裕之さんはこの天体が4月10.761日(同11日3時15分)の時点では13.1等(V等級)より暗く、11.759日(同12日3時12分)には10.9等(V等級)まで明るくなっていたと報告しました。正確な位置は以下のとおりです。

赤経 17時14分42.55秒  赤緯 -29度43分48.1秒(2000.0年分点)
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/05/09dnova_oph/chart-j.shtml

 その後、紫外線衛星「GALEX」が強い紫外線源をこの発見位置の近くに見つけていたことが指摘されました。
このような天体は矮新星の可能性が示唆されます。さらに岡山県の藤井貢さんがこの天体の分光観測を
行ったところ、同じくこの天体が矮新星である可能性が強いという結果が得られました。

詳細・続きはソースで

http://www.astroarts.co.jp/news/2014/05/09dnova_oph/index-j.shtml
http://www.astroarts.co.jp/index-j.html AstroArts - アストロアーツ 2014年5月9日 配信
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1398094515/84 依頼


引用元: 【天文】日本の観測家3人がへびつかい座の矮新星を発見 [14/05/09]


日本の観測家3人がへびつかい座の矮新星を発見 [14/05/09]の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/11(木) 07:36:02.32 ID:???

紫外線天文衛星「GALEX」の運用終了

【2013年7月10日 NASA】
NASAの紫外線天文衛星「GALEX」が先月末、10年にわたる運用を終了した。
-----------------
2003年4月に打ち上げられ、2年半の予定を大きく超えて観測が続けられてきた天文衛星「GALEX」(Galaxy Evolution Explorer)の運用が終了した。

「GALEXは驚くほどの成果を挙げてくれました。紫外線の波長で観測を行って、銀河の地図作りや研究に貢献してくれました」(GALEXプログラムの責任者Jeff Hayesさん)。

GALEXの10年間における主な観測成果は次のようなものだ。
・くじら座の変光星ミラに彗星状の「しっぽ」を発見
・ブラックホールが恒星を引き裂きながらむさぼり食う現場の観測
・老いた銀河を取り巻く、若い星々から成るリングの発見
・暗黒エネルギーの性質を独立に確認
・老いていく過渡期にある若い銀河を発見

さらにGALEXは、星雲から巨大な腕を持つ渦巻銀河まで、さまざまな天体の美しい画像も多数とらえた。
天の川銀河の中心部の調査や活動銀河核の変動の監視を行い、ブラックホールの活動や超新星爆発の衝撃波なども観測してきた。

「GALEXのミッションは終わるとしても、その科学的発見は、まだこれから続きます」(GALEXミッションのプロジェクト・マネジャーをつとめるKerry Ericksonさん)。

今後GALEXは少なくとも65年間は軌道を回り続け、その後地球に落下、大気圏へ再突入する。

-*-*- 引用ここまで リンク等全文は引用元をご覧ください-*-*-
______________

▽記事引用元 AstroArts2013年7月10日
http://www.astroarts.co.jp/news/2013/07/10galex/index-j.shtml
GALEXが紫外線でとらえた、りょうけん座の銀河M94。(提供:NASA/JPL-Caltech)
c6f6d9e2.jpg

http://www.astroarts.jp/news/2013/07/10galex/m94.jpg  


【宇宙】紫外線天文衛星「GALEX」 先月末10年にわたる運用を終了 2年半の予定を大きく超えて観測/NASAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/10(水) 01:59:31.67 ID:???

天の川銀河にそっくり、「NGC 6744」
2013年07月09日 12:12 発信地:米国

【7月9日 AFP】米航空宇宙局(NASA)の紫外線宇宙望遠鏡GALEX(Galaxy Evolution Explorer)が捉えた、天の川銀河(Milky Way)に最もよく似た銀河の一つ、「NGC 6744」の画像。

巨大な渦巻の腕を鮮明にとらえた画像は、この銀河の外縁部で星の形成が起こり得ることを示している。
NGC 6744は、くじゃく座の方角、約3000万光年の距離にある。
また、天の川銀河よりも大きく、銀河円盤の規模は17万5000光年に及ぶ。

画像では、銀河系の大マゼラン星雲(Large Magellanic Cloud)によく似た、小さな伴銀河「NGC 6744A」も確認できる。
「NGC 6744」の右上付近、外腕部に塊のように見えるのが「NGC 6744A」だ。(c)AFP
______________

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年07月09日 12:12配信記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2954632/11005340

▽関連リンク
NASA
Big Brother to the Milky Way
http://www.nasa.gov/mission_pages/galex/big-brother-milky-way.html
0a39696d.jpg

http://www.nasa.gov/sites/default/files/757492main_pia17247_full.jpeg
http://www.nasa.gov/sites/default/files/styles/946xvariable_height/public/757492main_pia17247_full.jpeg



【宇宙】天の川銀河にそっくり くじゃく座の方角約3000万光年「NGC 6744」 紫外線宇宙望遠鏡GALEXが捉える/NASAの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ