理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

H2B

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/25(日) 19:29:21.88 ID:???.net
<H2Aロケット>29日打ち上げ 民間受注で世界と勝負 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150125-00000018-mai-sctch


 国産主力ロケット「H2A」の27号機が29日、政府の情報収集衛星を搭載して鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられる。成功すれば、同じエンジンの「H2B」を合わせた成功回数が30回に達し、成功率は96・8%となる。世界屈指の安定性は、日本のモノづくりの長所である丁寧な品質管理によって実現した。だが、商業衛星の受注では欧州やロシアに後れを取っており、「顧客目線」をどこまで盛り込めるかが今後の鍵になる。【清水健二】

 ◇「衝撃世界最小」で差別化

 H2AとH2Bは、三菱重工業が製造。13号機からは、打ち上げも宇宙航空研究開発機構(JAXA)から移管された。「ただ同じものを打ち上げて、成功しているわけではない」と、三菱重工宇宙事業部の二村幸基技監は力を込める。

 H2A初号機の打ち上げは2001年。03年に6号機の打ち上げに失敗すると、噴射口の形を変えるなど設計を大幅に見直した。だが、成功時も問題点を洗い出し、次の設計に反映させた。特に注意したのが、センサーが感知した温度や圧力などが過去の実績と違った場合。材料の組成やメーカーの変更、調整した技術者の交代が無かったかまで、原因を調べた。その結果、データのばらつきが次第に小さくなったという。二村技監は「大量生産品でないロケットは、打ち上げるたびに知見が増え、安全性が高まる。ようやくデータがたまってきた」と語る。

 積み重ねてきた信頼性だが、JAXAと三菱重工は来年度、「高度化」と称してH2Aの仕様を大きく変える。「今のH2Aでは国際競争力で一歩劣る」というのが理由だ。

 人工衛星の多くは、ロケットから切り離された後、自力で静止軌道に移動する。その際、打ち上げ場所が赤道に近いほど燃料は少なくて済み、寿命も延びる。民間の衛星の受注が最も多い欧州のロケット「アリアン5」は、赤道近くの島に発射場を持っており、日本は不利だ。

続きはソースで

画像
http://amd.c.yimg.jp/im_sigg4zNdFu9AaEe06iJ6sZgjLQ---x347-y600-q90/amd/20150125-00000018-mai-000-4-view.jpg
小惑星探査機「はやぶさ2」を載せ、打ち上げられたH2Aロケット26号機=鹿児島県の種子島宇宙センターで2014年12月3日午後1時22分、須賀川理撮影

引用元: 【宇宙開発/技術】H2Aロケット 政府の情報収集衛星を搭載し29日打ち上げ 民間受注で世界と勝負

H2Aロケット 政府の情報収集衛星を搭載し29日打ち上げ 民間受注で世界と勝負の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/08/04(日) 11:25:19.19 ID:???

こうのとり4号機を打ち上げ ロケット20回連続成功


宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は4日午前4時48分、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ補給機「こうのとり」4号機を、種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)からH2Bロケット4号機で打ち上げた。

こうのとりは約15分後に予定の軌道でロケットから分離され、打ち上げは成功した。
H2Bは4回連続の成功。H2Aロケットと合わせた成功は20回連続となった。

H2Bの打ち上げは、JAXAから三菱重工に事業が移管されてから初めて。
こうのとりには日本人初の船長を務める若田光一さん(50)が使う物資も多く搭載され、若田さんを迎える準備が進みそうだ。
2013/08/04 05:24 【共同通信】

▽記事引用元 2013/08/04 05:24配信記事
http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013080401001320.html

無人補給機「こうのとり」4号機を搭載し、打ち上げられるH2Bロケット4号機=4日午前4時48分、鹿児島県の種子島宇宙センター
7

http://img.47news.jp/PN/201308/PN2013080401001413.-.-.CI0003.jpg

▽関連リンク
JAXA プレスリリース
H-IIB ロケット4号機 による宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機(HTV4)の打上げ結果について
http://www.jaxa.jp/press/2013/08/20130804_h2bf4_j.html



【宇宙開発】無人補給機「こうのとり」4号機搭載 H2Bロケット4号機打ち上げ成功 H2Aロケットと合わせた成功は20回連続の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 雪崩式ブレーンバスター(愛知県) 2013/08/02(金) 19:13:15.27 ID:IqO2dqRmP BE:2048791875-PLT(12001) ポイント特典

 三菱重工業株式会社と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8月2日、H-IIBロケット4号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機(HTV4)の打ち上げ準備作業が完了し、計画通り8月4日に打ち上げると発表した。

 打ち上げ準備作業は種子島宇宙センターで進められており、HTV4号機を格納したフェアリングは7月20日に大型ロケット組立棟に移動し、H-IIBロケット4号機と結合された。7月23日から最後の物資を搭載作業が始まり、8月1日に完了した。

同日に打ち上げ前の機体の最終点検を行い、打ち上げの準備が整ったという。

 HTV4号機を載せたH-IIBロケット4号機の打ち上げは日本時間8月4日4時48分46秒に設定されている。

 HTVは日本が開発している国際宇宙ステーション(ISS)への輸送を行う無人補給船である。積載能力は最大6トン。

有人打ち上げはできないものの、ISSとドッキングした後、宇宙飛行士が中に入って作業することができ、使用後はロシアのプログレス補給船や、ESAの欧州補給機(ATV)と同じように大気圏に再突入し破棄される。

また、プログレスとATVは船内用物資しか輸送できないのに対し、HTVは船内用と船外用の両方を輸送できる特長を持っている。

 一方、H-IIBロケットはJAXAが開発した大型ロケットで、H-IIAロケットの能力向上型である。

第1段の直径を4mから5.2mに拡大して、LE-7Aを2基、固体燃料ロケットブースター(SRB-A)を4本搭載し、静止トランスファ軌道(GTO)への打ち上げ能力は約8000kgである。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130802-00010002-sorae_jp-sctch
9



【JAXA】 日本時間8月4日早朝、H2Bロケット4号機打ち上げへ! 軍事転用はよ(´・ω・`)の続きを読む

このページのトップヘ