理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

HAL

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/20(水) 01:17:41.83 ID:CAP_USER*.net
iPSとロボで脊髄損傷治療 慶大とサイバーダイン
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG18H37_Y6A410C1EA1000/

 慶応義塾大学とロボットベンチャーのサイバーダインは18日、iPS細胞を利用した再生医療と医療ロボット「HAL」を組み合わせた、脊髄損傷に対する新たな治療法の開発に乗り出すと発表した。
iPS細胞による再生医療と先端的な医療ロボットは、ともに日本が開発した技術。
日本の強みを生かして、根本的な治療法がない脊髄損傷の治療を目指す。

 慶応大とサイバーダインは同日、最先端医療イノベーションの推進に関する連携協定を締結した。

 計画は2段階。
第1段階は今年から実施する。
脊髄損傷になって半年経過した重度の歩行障害の患者など20~30人に、昨年11月に医療機器の承認を得た「HAL医療用」を装着。
1日60分の歩行訓練に週3~5回取り組んでもらう。

続きはソースで

ダウンロード (2)

日本経済新聞:2016/4/19 1:02
 

引用元: 【医療/科学】iPS細胞とロボットで脊髄損傷治療 慶應大学とサイバーダイン

iPS細胞とロボットで脊髄損傷治療 慶應大学とサイバーダインの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/21(日) 07:45:52.53 ID:???0.net
重量物持ち上げをアシスト/腰を守る「HAL」現場で実証 | 建設通信新聞
http://www.kensetsunews.com/?p=40546


 大林組は11日、東京都内の建築現場で、作業員が重量物を持った際に腰部にかかる負担を軽減するロボットスーツ「腰用HAL」の実証作業を報道陣に公開した=写真。12月上旬から、左官作業に伴う重量物運搬と中腰作業を対象に導入している。

 公開された作業では、3人の作業員が1個当たり25㌔のセメント袋20個を手作業で運んだ。実際にスーツを装着した作業員からは「持ち上げる時にアシストしてもらえる」「(腕や脚などの)普段使わない筋肉は疲れるが、コツが分かれば疲れることはない」といった声が寄せられたほか、「ギックリ腰防止によい」「腰を守ってくれる。機械を着けることによって腰が楽になる」などと感想を語り、腰部が保護されることへの安心感を強調した。

 腰用HALは、CYBERDYNE社(サイバーダイン社、本社・茨城県つくば市)が開発。人が体を動かそうとする際に発生する微弱な生体電位信号をセンサーで検出して駆動し、一定の補助率で作業者が思ったとおりに動作をアシストする。従来の医療福祉分野に加え、重作業分野で本格的に事業展開するため、初の出荷先として大林組に5台を納品し、工事現場で共同実証を進めている。

続きはソースで


画像
http://www.kensetsunews.com/handbook/wp-content/uploads/import/20141211_171145_50276P640px.jpg

引用元: 【建設】重量物持ち上げをアシスト/腰を守る「HAL」現場で実証

重量物持ち上げをアシスト/腰を守る「HAL」現場で実証の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ