理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

HTV

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/11/11(日) 14:50:33.68 ID:CAP_USER
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、無人補給船「こうのとり(HTV)」7号機から放出された小型回収カプセルが大気圏に再突入し、小笠原諸島・南鳥島沖で回収に成功したと発表した。日本が独自に国際宇宙ステーション(ISS)から実験試料を回収したのは初めて。将来の有人宇宙船開発にもつながる技術として期待されている。

 JAXAによると、カプセルは、8日にISSから分離したこうのとりから11日午前6時20分ごろ、高度300キロで放出された。姿勢を制御しながら日本列島の上空約100キロで大気圏に再突入し、パラシュートで降下して午前7時5分ごろ着水した。午前10時半ごろ、洋上で待機中の船に回収された。

 カプセルは直径84センチ、高さ約66センチの円錐状で、重さ約180キロ。最高約2千度の高熱にさらされても、内部を4度に長時間保つことができる真空構造のステンレス製容器に、ISSで結晶化させたたんぱく質などの実験試料(約1キロ)が積まれている。

続きはソースで

https://i1.wp.com/blog.40ch.net/wp-content/uploads/2018/11/K10011706541_1811111222_1811111224_01_03.jpg
https://amd.c.yimg.jp/im_siggX1rVytc5QL4_l883KdHpVg---x400-y225-q90-exp3h-pril/amd/20181111-00000017-asahi-000-7-view.jpg

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLC54J25LC5ULBJ00L.html
no title
※画像はイメージで本文と関係ありません


引用元: 【宇宙開発】小型カプセルが地球に帰還 「こうのとり」から初の回収[11/11]

小型カプセルが地球に帰還 「こうのとり」から初の回収の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/24(月) 11:22:27.13 ID:???*.net
宇宙の定期便「こうのとり」5号機/H-IIBロケット5号機 ライブ中継

画像
http://fanfun.jaxa.jp/countdown/htv5/images/title_htv5_img.jpg

JAXAでは、H-IIBロケット5号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)打ち上げの模様を
インターネットにてライブ中継する予定です。
種子島から宇宙へ、貴重な物資と世界からの信頼を載せて飛び立つ、宇宙の定期便「こうのとり」5号機。
ライブ中継でぜひ一緒に応援しましょう!

放送予定(2015年8月18日19時現在)
「こうのとり」5号機、ISSに接近~把持 8月24日(月)19:05頃~ 60分程度

https://youtu.be/RDNJmk7uAjw


http://live.nicovideo.jp/watch/lv230543413


00


ソース:JAXA
http://fanfun.jaxa.jp/countdown/htv5/htv5_live.html

引用元: 【宇宙】「こうのとり」5号機 ISSとのドッキングライブ中継を実施 8月24日19:05~

「こうのとり」5号機 ISSとのドッキングライブ中継を実施 8月24日19:05~の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/26(火) 12:39:02.17 ID:???.net
三菱重工、H-IIBロケット5号機を公開 今夏打ち上げ予定 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150525-00010001-sorae_jp-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/im_siggR12jp52S8BwovzJcJIbFHw---x600-y400-q90/amd/20150525-00010001-sorae_jp-000-1-view.jpg
H-IIAロケット5号機のコア機体


 三菱重工業は5月22日、愛知県にある同社飛島工場で、組み立て中の「H-IIB」ロケット5号機の機体を公開した。このあと船で種子島宇宙センターへ運ばれ、今年の夏ごろに「こうのとり」5号機を搭載し、国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられる予定だ。

 H-IIBは宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工が開発したロケットで、主に宇宙ステーション補給機「こうのとり(HTV)」を打ち上げるために造られた。当時すでに運用に就いていたH-IIAロケットを基に、より打ち上げ能力を増やすため、第1段ロケット・エンジンを2基装着し、さらにタンクを太くして容積を増やすなどといった改良が加えられている。

 1号機は2009年9月11日に打ち上げられ、これまでに4機すべてが成功を収めている。1号機から3号機まではJAXAが運用を担当していたが、4号機からは三菱重工が担当しており、H-IIAと同じ「商業ロケット」として扱われている。

 今回公開されたのは、今夏に打ち上げが予定されているH-IIBの5号機の第1段と第2段の機体で、このあと5月29日に船で出荷され、6月1日に鹿児島県の種子島宇宙センターに到着し、そこで最後の組み立てが行われる。なお、固体ロケット・ブースター(SRB-A)や衛星フェアリングは他社が製造していることから、この工場にはなく、種子島宇宙センターで初めて装着される。両者ともすでに宇宙センターに搬入済みとのことだ。

 組み立て後、試験を経て、「こうのとり」5号機を載せて打ち上げられる。打ち上げ日はまだ決まっておらず、決定され次第発表するという。

 前号機からの改良点としては、すでにH-IIAで実施されているコストダウン策が適用されており、例えば画像圧縮伝送装置の搭載数が、改良によって従来の2個から1個へと少なくなっている。

 また、2号機から行われている第2段機体の制御落下も実施される。ロケットの第2段機体は、「こうのとり」を地球周回軌道まで送り届ける都合上、一緒に軌道に乗ることになる。そのため、放っておくと他の衛星に衝突する可能性があり、また人家のある地域の上空で大気圏に再突入すると部品が落下する可能性もある。そこで早期に、なおかつ人家のない太平洋上などに狙って落下させることが望ましい。そこで実施されるのが制御落下だ。

 まず「こうのとり」を軌道に送り届け後、地球を1周させ、続いて機体の健全性を確認した上で、地上からの指令でロケット・エンジンに点火して逆噴射する。そして軌道速度を失った第2段は地球の大気圏に再突入し、燃え尽きる。この試みはH-IIBの2号機から実施されており、すべて狙った水域への落下に成功している。

10
 

引用元: 【宇宙開発】三菱重工、H-IIBロケット5号機を公開 今夏打ち上げ予定

三菱重工、H-IIBロケット5号機を公開 今夏打ち上げ予定の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/07/19(土) 10:56:36.70 ID:???0.net
三菱重工業株式会社は17日、ロケット打ち上げ輸送サービス事業に関する記者会見を、東京都品川にある三菱重工本社で開催した。

三菱重工によるH-IIA、H-IIBロケットの現状と、世界の競合ロケットについて解説。
また先ごろ開発が始まった新型基幹ロケットへの取り組みも紹介、価格面と信頼性で、スペースX社のファルコン9ロケットなどと対抗する意欲を示した。

三菱重工はこれまで、宇宙開発事業団(NASDA)と、後に宇宙航空研究開発機構(JAXA)主導の下、国の実用衛星などを打ち上げる基幹ロケットとして、1975年のN-Iに始まり、N-II、H-Iと開発を行ってきた。
これらは米国の技術を導入しつつ造られたものであったが、1994年に登場したH-IIで純国産化に成功。
そして2001年にはH-IIのコストダウンをめざし、大幅な改良を加えたH-IIAが登場した。

以来、H-IIAは24機が打ち上げられ、6号機で失敗した以外は安定した成功を続けている。
また2009年にはHTVの輸送用に打ち上げ能力を高めたH-IIBも登場し、4機すべてが打ち上げ成功を収めている。
両機を合わせた打ち上げ機数は28機で、成功率は96.4%と高い数字を維持している。

また、H-IIA/Bは当初JAXAが打ち上げを取り仕切っていたが、H-IIAは13号機から、H-IIBは4号機から、その運用が三菱重工へ移管され、つまり民営化された。そして商業衛星の打ち上げ受注獲得に向けて努力が続けられているが、現時点でカナダの衛星打ち上げを1機受注したのみであり、苦しい勝負を強いられている。

現在、世界の商業衛星打ち上げ市場では、ロシアのプロトンMロケットと、欧州のアリアン5ロケットが、そのシェアの大半を握っている。
これらは価格面や信頼性、また実績でもH-IIAより優位に立っている。そして何より、スペースX社のファルコン9の存在が大きくなりつつある。
スペースX社はIT長者のイーロン・マスク氏によって設立された会社で、わずか10年で、H-IIAほどの規模を持つ、ファルコン9を造り上げた。
ファルコン9は低価格が売りで、続々と打ち上げ受注を取り始めている。

会見に立った三菱重工の防衛・宇宙ドメイン宇宙事業部 技監・技師長の二村幸基氏は「ファルコン9は脅威を感じている。
ライバルではなく、脅威だ」と強調。ファルコン9の台頭に危機感を募らせた。

続きはソースで

http://www.excite.co.jp/News/science/20140718/Sorae_030801_5237.html

引用元: 【技術】三菱重工、ロケット打ち上げ事業について説明 「スペースX社のファルコンに対抗していく」

三菱重工 「スペースX社のファルコンに対抗する!」の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ