理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

JAXA

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 雪崩式ブレーンバスター(愛知県) 2013/08/02(金) 19:13:15.27 ID:IqO2dqRmP BE:2048791875-PLT(12001) ポイント特典

 三菱重工業株式会社と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8月2日、H-IIBロケット4号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機(HTV4)の打ち上げ準備作業が完了し、計画通り8月4日に打ち上げると発表した。

 打ち上げ準備作業は種子島宇宙センターで進められており、HTV4号機を格納したフェアリングは7月20日に大型ロケット組立棟に移動し、H-IIBロケット4号機と結合された。7月23日から最後の物資を搭載作業が始まり、8月1日に完了した。

同日に打ち上げ前の機体の最終点検を行い、打ち上げの準備が整ったという。

 HTV4号機を載せたH-IIBロケット4号機の打ち上げは日本時間8月4日4時48分46秒に設定されている。

 HTVは日本が開発している国際宇宙ステーション(ISS)への輸送を行う無人補給船である。積載能力は最大6トン。

有人打ち上げはできないものの、ISSとドッキングした後、宇宙飛行士が中に入って作業することができ、使用後はロシアのプログレス補給船や、ESAの欧州補給機(ATV)と同じように大気圏に再突入し破棄される。

また、プログレスとATVは船内用物資しか輸送できないのに対し、HTVは船内用と船外用の両方を輸送できる特長を持っている。

 一方、H-IIBロケットはJAXAが開発した大型ロケットで、H-IIAロケットの能力向上型である。

第1段の直径を4mから5.2mに拡大して、LE-7Aを2基、固体燃料ロケットブースター(SRB-A)を4本搭載し、静止トランスファ軌道(GTO)への打ち上げ能力は約8000kgである。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130802-00010002-sorae_jp-sctch
9



【JAXA】 日本時間8月4日早朝、H2Bロケット4号機打ち上げへ! 軍事転用はよ(´・ω・`)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/07/26(金) 00:58:04.62 ID:???

JAXA:知床産エゾシカ、宇宙食に 8月ISSへ
毎日新聞 2013年07月25日 08時56分(最終更新 07月25日 13時45分)

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する日本人飛行士の食事として、北海道産のエゾシカ肉の料理が8月、無人ロケットで運ばれることが決まった。
農業や森林に被害をもたらすエゾシカの増加を防ぐため、環境省が世界自然遺産・知床で今冬に捕獲した個体の肉を活用した。

日本の宇宙飛行士の食事メニューは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が栄養管理する「認証宇宙食」のほか、宇宙飛行士が好物としてリクエストする「ボーナス食」がある。
エゾシカ肉は今年末からISSに滞在予定の若田光一さんから要望があったとみられる。

社団法人「エゾシカ協会」(近藤誠司会長)によると、料理は「知床産エゾシカのしゃぶしゃぶごま風味」。
無重力の宇宙では、湯に肉をくぐらせることができないため、加熱処理した肉を氷点下30度で凍結乾燥(フリーズドライ)させ、解凍して食べられるよう工夫した。
地元の「知床エゾシカファーム」(斜里町)が衛生的に処理し、食品会社「極食」(札幌市中央区)が製造した。

8月4日に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げる無人補給機「こうのとり4号機」で、地球を周回中のISSに届けられる予定。
「極食」の阿部幹雄社長(60)は「知床産のエゾシカ肉はNASA(米航空宇宙局)の厳しい衛生基準もクリアした。他国の飛行士の話題にもなるのでは」
と素材の良さをアピールしている。【本間浩昭】


▽記事引用元 毎日jp07月25日 13時45分配信記事
http://mainichi.jp/select/news/20130725k0000e040168000c.html
ボーナス食」に選ばれた「知床産エゾシカのしゃぶしゃぶごま風味」=エゾシカ協会のホームページから
5b2777d0.jpg

http://mainichi.jp/graph/2013/07/25/20130725k0000e040168000c/image/001.jpg

▽関連リンク
社団法人エゾシカ協会
認証エゾシカ、宇宙へ
http://www.yezodeer.com/syokutaku/kyokusyoku/kyokusyoku.html

▽関連スレッド
【きぼう】無人補給機こうのとり4号機公開 8月、飛行士に食料届ける
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1371635398/
【宇宙開発】8月に打ち上げる無人補給機「こうのとり」4号機 ベトナムの超小型衛星「ピコドラゴン」を搭載/JAXA
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1374591524/
【福井】「宇宙食にサバのみそ煮を」 星出飛行士から夢実現へエール
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1235726711/
【宇宙】野口さんの宇宙食、食べられた 同僚が若田さんのものと勘違い
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1266937327/



【宇宙開発】知床産のエゾシカ肉の料理 宇宙食に 8月こうのとり4号機でISSへ/JAXAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/07/23(火) 23:58:44.61 ID:???

ベトナムの超小型衛星を搭載 こうのとり4号機

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日、8月に打ち上げる無人補給機「こうのとり」4号機に、東京大とベトナム国家衛星センターが開発した超小型衛星「ピコドラゴン」を搭載すると発表した。

ピコドラゴンは一辺約10センチの立方体で、重さ約1キロ。
米国の超小型衛星3個と共に、こうのとりで国際宇宙ステーションに運ばれ、10月以降に日本実験棟「きぼう」から放出される。

軌道からカメラで地球を撮影するほか、アマチュア無線による通信実験を計画。
JAXAは「アジアの宇宙開発事業に貢献できる」としている。

こうのとりは8月4日にH2Bロケット4号機で種子島宇宙センターから打ち上げられる。

2013/07/23 19:34 【共同通信】

11

▽記事引用元 47NEWS 2013/07/23 19:34配信記事
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013072301002178.html

▽関連
JAXA
H-IIBロケット
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/h2b/index_j.html
宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/htv/index_j.html

▽関連スレッド
【宇宙開発】H-IIBロケット4号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機 8月4日に打ち上げへ/JAXA
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1369416709/



【宇宙開発】8月に打ち上げる無人補給機「こうのとり」4号機 ベトナムの超小型衛星「ピコドラゴン」を搭載/JAXAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 三毛(チベット自治区) 2013/07/12(金) 14:26:12.25 ID:Oq48A+UcT● BE:330923227-PLT(12134) ポイント特典

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130711-OYT1T00393.htm

小惑星の丸ごと捕獲計画、JAXAが協力へ

 【ワシントン=中島達雄】米航空宇宙局(NASA)のチャールズ・ボールデン長官は10日、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)の奥村直樹理事長とワシントンで会談し、小惑星を丸ごと捕獲する計画に対して協力を呼びかけた。

 JAXAは応じる方向で、協力の具体的な中身は今後、話し合う。

 NASAは2017年ごろに無人宇宙船を打ち上げ、地球に近づいてくる、直径7~10メートルの小惑星を捕獲して月の近くまで移動させ、21年ごろ、宇宙飛行士が小惑星の破片を持ち帰る計画を立てている。

 JAXAは10年に探査機「はやぶさ」で小惑星イトカワの微粒子を地球に持ち帰っており、NASAはその技術を高く評価している。
(2013年7月11日14時02分 読売新聞)
13



小惑星の丸ごと捕獲計画、JAXAが協力へ NASA「俺が声掛けたら網を投げろ」JAXA「へい、喜んで」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/06/29(土) 00:57:11.37 ID:???

大阪府立大、手のひら衛星公開 愛称募集


大阪府立大の小型宇宙機システム研究センター(堺市)は28日、学生主体で開発している手のひらサイズの超小型人工衛星「OPUSAT」(オプサット)の試験機を公開した。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が来年2月、鹿児島県の種子島からH2Aロケットで打ち上げる予定の衛星の一つ。
超小型衛星の欠点である電力不足の解消を目的としている。府立大は衛星の愛称と宇宙に運ぶメッセージも募集中。

OPUSATは一辺が10センチの立方体で、重さは1キロ超。
蓄電装置を2種類組み合わせ、電源の長寿命化を試みており、宇宙で機能を検証する。
宇宙で太陽光パネルを展開することで、従来の超小型衛星より多く発電できるようにもした。

同センターによると、大型の衛星にも応用できる技術。
プロジェクトメンバーで大学院2年生の伊藤琢博さん(23)は
「超小型衛星は、技術がまだ伸びている分野。電源は衛星にとっての心臓部分なので、より強いものを作りたい」と話した。

2013/06/28 20:32 【共同通信】
______________

▽記事引用元 47NEWS 2013/06/28 20:32配信記事
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013062801002342.html
大阪府立大で学生を中心に開発されている、手のひらサイズの超小型人工衛星「OPUSAT」の試験機=28日午後、堺市
8

http://img.47news.jp/PN/201306/PN2013062801002384.-.-.CI0003.jpg

▽関連
大阪府立大学小型宇宙機システム研究センター(SSSRC)
http://www.sssrc.aero.osakafu-u.ac.jp/
小型宇宙機システム研究センター OPUSATプロジェクト
愛称・マイクロフィルムメッセージ募集!!
http://www.sssrc.aero.osakafu-u.ac.jp/projects/OPUSAT/mfilm.html



【宇宙開発】大阪府立大 手のひらサイズの超小型人工衛星「OPUSAT」(オプサット)の試験機を公開の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/06/09(日) 02:06:33.34 ID:???

NASAとJAXA、プログレスによるISS損傷の可能性を認める
June 7 - 2013 - ISS

NASA(アメリカ航空宇宙局)とJAXA(宇宙航空研究開発機構)は6日、それぞれが公開した欧州補給機ATVの4号機アルベルト・アインシュタインに関する記事の中で、今年の4月にロシアのプログレスM-19M補給船が、アンテナの一つが展開できないまま国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングを強行した際、
そのアンテナによってISSに取り付けられている部品を壊してしまった可能性があり、今月11日に予定されているプログレスM-19Mの分離時に、当該部分の撮影を予定していることを明かした。

プログレスM-19Mが損傷させた可能性があるのは、ズヴェズダ・モジュールの後部ドッキングポートの外周部に取り付けられている3つのレーザー反射鏡のうちの1つで、ATVがISSへの接近時に使用される。
ATVがISSとドッキングできるのはこの部分だけで、損傷している場合はドッキングができないことも考えられる。

またNASAによれば、先日打ち上げられたソユーズTMA-09Mに交換用のレーザー反射鏡が搭載されており、万が一レーザー反射鏡の損傷によってATV-4がISSにドッキングできなかった場合は、6月24日に予定されている船外活動で交換することも検討されているという。

この件はこれまで、宇宙専門紙SpaceNewsやSpaceflight nowなどが、NASA関係者による懸念の声を報じたりはしていたが、ISSに関わっている宇宙機関自身が公式に明かしたのはこれが初めてとなる。
なお、一番の当事者である欧州宇宙機関は、プログレスM-19Mのドッキングに先立つ4月25日に、製造会社であるRKKエネルギヤ社から「アンテナと反射鏡との間の隙間は十分取れており問題はない」と報告を受けたことを明かしているが、その後は公には見解を明かしておらず、またロシアも同様に明かしていない。

ただし、仮にアンテナとレーザー反射鏡が接触していたとしても、損傷までは及んでいない可能性はある。
展開できなかった2ASF-VKAと呼ばれるアンテナは極めて薄いアルミニウムの皿のようなものなので、アンテナ側が凹んだだけで済んでいることは十分ありうる。

また仮にレーザー反射鏡が壊れていても、ATV-4がドッキングできる可能性は高い。
以前、ATV-2とATV-3がドッキングした際にはレーザー反射鏡の1つに問題があったことが分かっており、今年4月19に行われた船外活動で新しいものと交換されている。
したがって原理上は、レーザー反射鏡が2基でもドッキングできる可能性はある。

もし万が一、損傷がレーザー反射鏡以外に及んでいた場合は修理が困難な可能性もある。
レーザー反射鏡自体は船外活動で交換できるように設計されているが、部品によっては取り外しや絶縁性などが交換を前提とした造りになっていないものもあるからだ。

■欧州補給機(ATV)によるISSへの補給フライト - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター - JAXA
http://iss.jaxa.jp/iss/flight/atv4/
______________

▽記事引用元 sorae.jp June 7 - 2013配信記事
http://www.sorae.jp/030603/4914.html
45f747dd.jpg



【宇宙開発】NASAとJAXA、ロシアのプログレスM-19M補給船によるISS損傷の可能性を認めるの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ