理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

LHC

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/14(木) 12:18:02.12 ID:???.net
「標準理論」裏付ける新証拠、30年来の実験で確認 CERN (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150514-00000011-jij_afp-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/im_siggALVTvJdq4KhShShQJY37Eg---x600-y400-q90/amd/20150514-00000011-jij_afp-000-4-view.jpg
スイス・ジュネーブ近郊メイランにある欧州合同原子核研究機構の「大型ハドロン衝突型加速器」を点検する科学者(2013年7月19日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News


【AFP=時事】欧州合同原子核研究機構(European Organisation for Nuclear Research、CERN)の科学者チームは13日、30年近くに及ぶ努力の末、宇宙に関する主要理論をさらに裏付ける証拠となる「素粒子の変化」を検出したと発表した。

 研究チームによると、世界最大の粒子加速器「大型ハドロン衝突型加速器(Large Hadron Collider、LHC)」での実験で、中性B中間子が崩壊して一組のミュー粒子(ミューオン)に変化する、極めてまれな現象の観測に成功したという。ミュー粒子は電子の仲間の素粒子で、電子より質量が大きい。

 英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された論文によると、この実験結果は、いわゆる「標準理論」にさらなる裏付けを与えるものだという。標準理論は、宇宙を構成する素粒子や力に関する概念的枠組みとなる理論。

 中性B中間子は、クォークと呼ばれる2種類の素粒子が「強い」力で結合して構成される不安定な複合粒子だ。中性B中間子が崩壊してミュー粒子になることは、標準理論で予測されている。
だが、この予測の裏付けとなる証拠を得ることは、1980年代中頃以来の難題となっていた。

 問題の一つは、中性B中間子自体が粒子加速器内や宇宙線相互作用などの極限状態でしか生成されないため、研究の実施は困難か、莫大な費用がかかることだ。さらに、ミュー粒子への変化は、「崩壊」10億回に約4回の割合でしか発生しない。

 フランスとスイスの国境をまたぐ地下トンネル内にある、CERNが運用する巨大実験装置のLHCで、ライバル同士の2チームがそれぞれ独立した形で、この極めてまれな現象の検出に取り組んでいた。2チームは2013年7月、個別の実験結果をそれぞれ単独で発表したが、実験データ群の精度が、発見を主張するために要求される精度のしきい値にわずかに及ばなかった。

 世界的に権威のある査読科学誌に掲載された、2チームの実験データを複合的に分析した今回の結果は「この要求を軽々と上回るものだ」と、CERNは声明で述べている。

続きはソースで

ダウンロード

【翻訳編集】 AFPBB News

引用元: 【素粒子物理学】「標準理論」裏付ける新証拠、30年来の実験で確認 中性B中間子が崩壊して一組のミュー粒子に変化する現象を観測 CERN

「標準理論」裏付ける新証拠、30年来の実験で確認 中性B中間子が崩壊して一組のミュー粒子に変化する現象を観測 CERNの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/06(月) 02:12:57.07 ID:???*.net
 欧州合同原子核研究所(CERN、スイス)は5日、世界最大級の素粒子実験装置である1周27キロの円形加速器LHCの運転を再開したと発表した。

no title


万物に重さを与えるヒッグス粒子を発見した後、さらなる発見を目指し2年にわたり改修していた。

 改修により従来の約2倍のエネルギーで実験できるようになる。宇宙を満たす暗黒物質を人工的に作り、正体に迫れるか注目が集まっている。

 当初は3月中に再開する予定だったが、直前の試験中に極低温の超電導磁石の接続部がショートし、調査や修理に時間がかかっていた。
本格的な実験を6月にも始め、約3年間続ける。

http://news.livedoor.com/article/detail/9973014/

引用元: 【国際】欧州の大型加速器が運転再開 暗黒物質作成へ

欧州の大型加速器が運転再開 暗黒物質作成への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/14(土) 01:49:09.06 ID:???*.net
暗黒物質見つかるか CERNの加速器、改良し再稼働へ

2015年3月13日09時06分

1


 欧州合同原子核研究機関(CERN)は12日、大型加速器LHCを従来の2倍近くのエネルギーで3月中にも再稼働する、と発表した。
宇宙の至るところにあるとされながら観測されていない暗黒物質(ダークマター)を見つけることが目標だ。

 LHCはスイスのジュネーブ郊外にある加速器、2013年のノーベル物理学賞の対象になったヒッグス粒子を発見している。
これまで8兆電子ボルトで陽子同士をぶつけて新粒子探しをしてきたが、2013年2月に停止して2年かけて改良してきた。13兆電子ボルトで再稼働するという。

 実験に参加する高エネルギー加速器研究機構(KEK)の徳宿克夫教授(素粒子物理学実験)は「エネルギーが上がったことで暗黒物質の仲間の粒子を見つけられるかもしれない」と期待している。(木村俊介)


ソース
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASH3D5KFMH3DULBJ01Q.html

引用元: 【科学】暗黒物質見つかるか CERNの加速器、改良し再稼働へ[朝日新聞]

暗黒物質見つかるか CERNの加速器、改良し再稼働への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2: 2015/02/21(土) 08:04:06.87 ID:6IFIeKsN.net
<翻訳>
(訳:素人訳なので識者の方の訂正を求めますm(_ _)m)

下記にソース(英文)あり

CERNのCOMPASSの科学者の連係によるパイオンの分極率のこれまで生み出した中で最も正確な測定
―強力な相互作用の基本的な低エネルギーパラメータ

画像
電子(緑)は核内で陽子を打ち、パイオン(緑色の皮相の粒子)を作成し、陽子を中性子に変換する。
画像のクレジット: Joanna Griffin / Jefferson Lab.
http://cdn4.sci-news.com/images/2015/02/image_2499-Pion.jpg

 私たちが宇宙の中で見るすべてはクォークとレプトンと呼ばれる素粒子で構成されています。

 クォークは、元素の原子核の構成要素(陽子と中性子)を構成するために3つのグループで一緒に結合されている。

 原子核内の陽子と中性子の間で飛び交うパイオンは、強力な力を媒介し原子核同士を結合させる。

 この測定はパイオンの変形能、または分極率、クォーク間の強い結合力を直接測定する。

 新しい測定結果は、journal Physical Review Lettersに掲載される、それは理論と密接に一致している。

 パイオンの分極率を測定するために、COMPASS(スイス、ジュネーブCERNのSuper Proton Syncrotronによる高エネルギー物理実験)の科学者は対象のニッケルにビームを撃った。

 パイオンは平均的にニッケルに対して粒子自体の半径の2倍の距離接近した。彼らはニッケル核子の非常に強い電界を経験した。この電界は、それらを変形させ光子を放出する過程で軌道を変化させる。

 63,000もの大規模な事象サンプルのために光子エネルギーとパイオンの偏差を測定することにより、COMPASSチームはパイオンの電子分極率を απ = (2.0±0.6stat±0.7syst)*10-4 fm3 と決定した。

 「この実験結果は見事にLHCで行われる基本的な相互作用の研究とCERNの研究プログラムが多様性と強度の証であることを相補する」と、CERN局長ロルフ・ホイヤーは語った。


0 (1)


1: 2015/02/21(土) 08:03:40.04 ID:???.net
掲載日:2015年2月16日
http://www.sci-news.com/physics/science-cern-polarizability-pion-02499.html

Scientists from CERN’s COMPASS collaboration have made the most precise measurement ever of the
polarizability of pion – the fundamental low-energy parameter of strong interaction.

An electron (green) hits a proton in a nucleus, creating a pion (green-skinned particle) and
transforming the proton into a neutron. Image credit: Joanna Griffin / Jefferson Lab
http://cdn4.sci-news.com/images/2015/02/image_2499-Pion.jpg

Everything we see in the Universe is made up of fundamental particles called quarks and leptons.

Quarks are bound together in groups of three to make up the building blocks of the nuclei of elements
– protons and neutrons.

Flitting between the protons and neutrons in a nucleus are pions, which mediate the strong force binding
the nucleus together. These particles are made up of a quark and an antiquark, themselves held tightly bound
by the strong force.

This makes their deformability, or polarizability, a direct measure of the strong binding force between the quarks.

The polarizability of pions has baffled particle physicists since the 1980s, when the first measurements appeared to
be at odds with the theory.

The new result, appearing in the journal Physical Review Letters, is in close agreement with theory.

To measure pion’s polarizability, scientists from COMPASS – a high-energy physics experiment at the
Super Proton Synchrotron at CERN in Geneva, Switzerland – shot a beam of pions at a target of nickel.

As the pions approached the nickel on average at distances twice the radius of the particles themselves,
they experienced the very strong electric field of the nickel nucleus, which caused them to deform, and
change trajectory, in the process emitting a photon.

By measuring the photon energy and the deflection of the pion for a large sample of 63,000 events,
the COMPASS team determined the pion electric polarizability to be απ = (2.0±0.6stat±0.7syst)*10-4 fm3.

“This result is admirably complementary to the studies of fundamental interactions performed at
the Large Hadron Collider and a testimony to the diversity and strength of CERN’s research programme,”
said Rolf Heuer, Director General of CERN.

<参照>
COMPASS pinpoints polarisability of pions | CERN
http://home.web.cern.ch/scientists/updates/2015/02/compass-pinpoints-polarisability-pions

Phys. Rev. Lett. 114, 062002 (2015) - Measurement of the Charged-Pion Polarizability
http://journals.aps.org/prl/abstract/10.1103/PhysRevLett.114.062002

引用元: 【素粒子物理】CERNの物理学者によるパイオン分極率の測定

CERNの物理学者によるパイオン分極率の測定の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/24(月) 16:29:51.57 ID:???.net
LHC衝突実験で粒子2種を確認、CERN
2014年11月20日 10:15 発信地:パリ/フランス

【11月20日 AFP】欧州合同原子核研究機構(European Organisation for Nuclear Research、CERN)は19日、世界最大の粒子加速器「大型ハドロン衝突型加速器(Large Hadron Collider、LHC)」での実験で、理論的に予測されていた粒子2種類の存在を確認したと発表した。

CERNによると、今回発見された「Xi_b'-」と「Xi_b*-」として知られる粒子は、バリオン(重粒子)に分類されるものだという。

バリオンは、いわゆる「強い力」で結合した3つのクォークで構成される複合粒子だ。
陽子や中性子はバリオンの一種とされる。

Xi_b'-とXi_b*-の存在はすでに理論的に予測されていたが、CERNはスイス・ジュネーブ(Geneva)近郊にあるLHCで、これらの粒子を見つけるための実験を実施した。

CERNによると、実験はLHCのLHCb検出器で2011年と2012年に行われたという。
今回の成果を報告する研究論文は、米国物理学会(American Physical Society)の学会誌「Physical Review Letters」に投稿された。

-----------引用ここまで 全文は引用元参照----------

▽記事引用元
http://www.afpbb.com/articles/-/3032189
AFPBBNews(http://www.afpbb.com/)2014年11月20日 10:15配信記事

▽関連リンク
CERN | Celebrating 60 years of science for peace
LHCb observes two new baryon particles
http://home.web.cern.ch/about/updates/2014/11/lhcb-observes-two-new-baryon-particles

引用元: 【物理】LHC衝突実験で粒子2種を確認、CERN

LHC衝突実験で粒子2種を確認、CERNの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/05(水) 00:34:53.07 ID:???.net
次期トップに初の女性=「ヒッグス粒子」実験のジャノッティ氏-CERN
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014110401016
時事通信 2014/11/04-23:07
 

 【ジュネーブ時事】欧州合同原子核研究所(CERN)は4日、ロルフ・ホイヤー所長(66)の後任に、イタリア出身の女性物理学者ファビオラ・ジャノッティ氏(54)が2016年1月1日付で就くと発表した。任期は5年。

女性トップは1954年のCERN発足以来初めて。

 ジャノッティ氏はミラノ大で博士号を取得。万物に質量を与える「ヒッグス粒子」の存在を突き止めるため、CERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)による実験を行った国際実験グループ「アトラス」の代表を09年から13年まで務めた。

引用元: 【物理】CERN次期トップに初の女性、「ヒッグス粒子」実験のジャノッティ氏 [11/4]

CERN次期トップに初の女性、「ヒッグス粒子」実験のジャノッティ氏の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ