理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

LHC

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/30(火) 16:10:34.94 ID:???0.net
「ヒッグス粒子」発見のCERN、設立60年で式典
所長「世界の科学者が協力」
【日本経済新聞】 2014/9/30 9:33

【ジュネーブ=原克彦】あらゆる物に質量を与えている素粒子「ヒッグス粒子」を発見したことなどで知られる欧州合同原子核研究機関(CERN)が29日、設立から60年を迎えた。ジュネーブの本部で開いた式典には35カ国の代表が参加。ロルフ・ホイヤー所長は講演で「すべての国や文化背景から人が集まり、(協力して)できることの偉大さを示す拠点になっている」と語った。

CERNは第2次世界大戦終了の数年後から、戦争で荒廃した欧州各国が科学技術で協力し合う場として構想が浮上。1954年に12カ国が参加して発足し、現在21カ国が加盟する。日本はオブザーバーとして参加している。
研究者の国籍は約100にのぼるという。

大型加速器「LHC」が素粒子の研究に大きく貢献したほか、インターネットの普及に弾みをつけた「ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)」の技術も生んだ。今後は宇宙を満たす謎の物質「暗黒物質」の解明も期待されている。

ソース: http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM30H03_Q4A930C1000000/

引用元: 【国際】「ヒッグス粒子」発見のCERN、設立60年で式典 [14/09/30]

「ヒッグス粒子」発見のCERN、設立60年で式典の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/07(日) 23:09:02.06 ID:???0.net
理論物理学者スティーブン・ホーキング博士が、ヒッグス粒子の研究にともなう危険性について警告している。
ヒッグス粒子を高エネルギー状態にすることによって宇宙の崩壊が引き起こされる可能性があるという。
科学者・天文学者の講演を収録した新刊書籍"Starmus"の序文で言及した。

ヒッグス粒子は、2012年に欧州CERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使って発見された素粒子。
物質に質量を与えるメカニズムを説明するとされ、「神の粒子」とも呼ばれる。

ヒッグス粒子は、1000億ギガエレクトロンボルト(GeV)を超える高エネルギー状態では準安定状態となる。
このとき真空の泡が光速で膨張していく破滅的な真空崩壊が起こる可能性があるという。

高エネルギー状態のヒッグス粒子が、予期せぬときに突然、時間と空間の崩壊を引き起こすかも知れない、
とホーキング博士は言う。

1000億GeVの高エネルギー状態を作り出すには地球より大きな粒子加速器を建設しなければならないため、このような事象が近い将来起こる可能性は低い。LHCでのヒッグス粒子の実験では、これよりもずっと低いエネルギーしか使わないので問題ない、とCERNの理論物理学者ジョン・エリス教授は話している。


【画像】
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/09/07/1410083904547_wps_9_Television_Programme_Step.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/09/07/1410082443031_wps_4_European_Organization_for.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/09/07/1410084397564_wps_10_FILE_A_May_31_2007_file_p.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/09/07/1410084416870_wps_12_Undated_CERN_Geneva_hando.jpg
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2746727/Maybe-shouldn-t-looking-quite-hard-God-particle-destroy-universe-warns-Stephen-Hawking.html

引用元: 【科学】ホーキング博士「ヒッグス粒子の研究によって宇宙が崩壊する危険がある」と警告

【宇宙ヤバイ】ホーキング博士「ヒッグス粒子の研究によって宇宙が崩壊する危険がある」と警告の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/06/23(月) 21:43:05.64 ID:???.net

【6月23日 AFP】見えない粒子「ヒッグス粒子(Higgs boson)」に関する革新的な発見の発表から約2年──
その詳細をさらに明らかにしたとする研究論文が、22日の英科学誌「ネーチャー・フィジックス」に掲載された。

新たな粒子の画期的な発見がなされたのは、フランスとスイスの国境上にある、欧州合同原子核研究所(CERN)の世界最大の粒子加速器「大型ハドロン衝突型加速器(Large Hadron Collider、LHC)」だ。今回の論文を発表したLHCの物理学者チームによると、LHCでの研究は、ヒッグス粒子の挙動をめぐる、長年の疑問の数々に答えを出しているという。

ヒッグス粒子は、他の粒子に質量を与える素粒子として1960年代にその理論が提唱された。
この粒子がなければ、物質は存在しないことになるだろう。
その後数十年にわたって、ヒッグス理論を証明するための研究が重ねられ、ついに2012年7月4日、LHCのライバル同士だった2チームがそれぞれ独立した形で、ヒッグス粒子が持つとされる特性と一致する粒子の発見を発表した。
だが、この発見をより具体化し、「標準模型(Standard Model)」への適合を確認するためには、さらなる研究を重ねる必要があった。標準模型は、宇宙の目に見える物質を説明するための概念的枠組みだ。

ヒッグス粒子とみられるボース粒子(Boson)を発見したLHCの2チームのうちの1つである今回の研究チームは、このボース粒子の挙動は予測通りで「それらしく見える偽物」ではないと論文の中で述べている。

続きはソースで

http://www.afpbb.com/articles/-/3018550

論文 "Evidence for the direct decay of the 125 GeV Higgs boson to fermions"
Nature Physics (2014) doi:10.1038/nphys3005
http://www.nature.com/nphys/journal/vaop/ncurrent/full/nphys3005.html
~~引用ここまで~~



引用元: 【素粒子物理】ヒッグス粒子、正体解明に向け実験結果の分析進む


ヒッグス粒子の正体に迫る!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/04/23(水) 22:47:26.34 ID:???.net

4つのクォークからなる荷電を持つ新粒子を世界で初めて発見した、と高エネルギー加速器研究機構(KEK、茨城県つくば市)が2007年に加速器のBelle実験の結果として発表していたが、別の実験グループによる追試がなかなかできず、確定していなかった。
ついにその待望の追試が欧州合同原子核研究所(CERN、ジュネーブ)のLHCb実験でなされた。CERNのグループが4月7日、米科学誌フィジカル・レビュー・レターズへの論文投稿で「KEKが発見した4クォーク荷電粒子を確認した」と発表した。
KEKの07年の発見は正しかったのだ。

原子核を構成したり、力を仲介したりする粒子は、クォークが3個からなる陽子や中性子と、2個からなる中間子に大別される。
実際に、加速器の素粒子実験で観測されるクォークの状態はこの2種類のどちらかにほぼ限られていた。
クォークが4個以上からなる粒子の存在はよくわかっていなかった。

続きはソースで
http://scienceportal.jp/news/daily/58130/20140423.html

元論文みつからずorz


4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/04/23(水) 22:54:39.23 ID:mvk8u8Q8.net

~~引用ここまで~~



引用元: 【物理】KEKが2007年に加速器のBelle実験で発表した4クォーク荷電粒子、追試で初めて確認/CERN


KEKが2007年に加速器のBelle実験で発表した4クォーク荷電粒子、追試で初めて確認/CERNの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/18(月) 18:02:12.08 ID:???0

★CERNの大型ハドロン衝突型加速器に頭を突っ込んだら何が起こるか?
2013.11.18 10:24

CERNの加速器LHCが稼働している間に、中に人がいたらどんなことが起こるか。アドヴァイスはひとつ。決して試してはいけない。

11

http://sankei.jp.msn.com/images/news/131118/wir13111810250000-p1.jpg
おそらくこの瞬間、ジュネーヴのCERNの実験施設では、ケーブルとコンピューターと巨大な磁石の間で、
いまでもまだ拍手と笑い声と、祝福の声が残響していることだろう。

LHC(Large Hadron Collider:大型ハドロン衝突型加速器)の科学者たちは、ピーター・ヒッグスとフランソワ・アングレールが、ヒッグス粒子の存在を理論的に予想したことによってノーベル物理学賞を受賞したことを祝福している(ただしヒッグスは、単にH粒子と呼ぶのを好むとわたしたちに告白した)。ところで、もし誰か脳天気な人が酔っぱらって稼働中の加速器の中を覗いたら、何が起こるだろうか?

そんな無謀な人が本当にいると仮定して、この疑問に答えてみよう。LHC内部を走るビームは、320兆の複合粒子で構成されている。
そして、「PopSci」の説明によると、全部で約362メガジュールものエネルギーをもっていて、「500kgの銅を溶かすのに十分」のパワーだという。しかし加速器の中に入ることは、もし死のうと決意をしているとしても、不可能ではないにしても簡単ではないようだ。CERNの物理学者、スティーヴン・ゴールドファーブは語る。「LHCへの入り口のドアのどれかを開こうと試みた人なら、何が起こるかわかっています。加速器は、もし稼働中なら自動的に停止します」。
>>2へ続く


http://sankei.jp.msn.com/wired/news/131118/wir13111810250000-n1.htm



【科学】CERNの大型ハドロン衝突型加速器に頭を突っ込んだら何が起こるか?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/10/08(火) 21:52:34.45 ID:???0

★ヒッグス粒子発見に日本の貢献
10月8日 20時11分

ヒッグス氏やアングレール氏らの予言からおよそ半世紀の歳月を経て見つかったヒッグス粒子。
その発見を可能にした巨大な実験装置の建設には、日本企業の高い技術力が欠かせませんでした。

ヒッグス粒子発見の舞台となったのは、スイスのジュネーブ郊外にあるCERN=ヨーロッパ合同原子核研究機関の巨大な「加速器」という実験装置です。
この装置は、LHC=大型ハドロン衝突型加速器と呼ばれ、地下100メートルにある一周27キロの円形のトンネルの中に、真空のパイプが通されています。
この中で、原子を構成する陽子を2つ、それぞれ逆方向から光と同じぐらいの速さで飛ばして正面衝突させることで、極めて高いエネルギーを生み出し、ビッグバン直後の状態を再現します。
衝突の回数は1秒間に数億回。
その時に生まれる無数の粒子の中から、「検出器」を使ってヒッグス粒子の可能性がある粒子を瞬時に選び出します。
こうした実験装置の建設に大きく貢献したのが、日本企業の高い技術力です。
例えば、「加速器」の中を光に近い早さで飛ぶ陽子の軌道を制御する電磁石のコイルには、日本の金属素材メーカーの導線が使われています。
この特殊な導線を作るには、これまでにない繊細な技術が必要で、メーカーは試行錯誤の末、長さ1メートル余りの銅の筒を40キロメートルまで引き延ばす技術を開発しました。
また、この導線を超電導状態とするためにマイナス271度の極低温に冷やす冷却装置も日本のメーカーが製造しました。
一方、「検出器」には、日本の半導体メーカーの高い感度のセンサーが採用されるなど、CERNは日本企業の技術を高く評価しています。
CERNでプロジェクトの責任者を務めたリン・エバンス博士は、「日本はヨーロッパにはない高い技術をもたらした。
日本企業の貢献は加速器の建設にとって欠かせないものだった」と話しています。(以下略)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131008/t10015131941000.html
7445be4c.jpg



【科学】ノーベル賞のヒッグス粒子発見に日本の貢献の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ