理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

NGO

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/17(火) 13:38:05.08 ID:???.net
掲載日:2015年3月13日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150313-00010001-reutv-eurp

 オランダ北部で3月10日、100数十年ぶりに初めて野生のオオカミが目撃されました。
 
1


 アマチュアが撮影したビデオ映像を見たNGO団体「オランダのオオカミ」の専門家は、オランダ国内でオオカミが目撃されたのは1897年以降今回が初めてと語りました。この若いオオカミは、おそらく200キロ近く離れたドイツから来て、縄張りを探しているのではないかと言っています。

 専門家は、オランダ人もこれからはオオカミの復活に備えておくべきだろうとも言っています。

<参照>
Debatte Um Raubtier Geht Weiter: Wildeshauser Wolf jetzt in den Niederlanden? | NWZonline
http://www.nwzonline.de/politik/niedersachsen/wildeshauser-wolf-jetzt-in-den-niederlanden_a_25,0,61542558.html

Wolves return to Netherlands - NL Times
http://www.nltimes.nl/2015/03/09/wolves-return-to-netherlands/

引用元: 【生物】100数十年振りにオオカミ出現 オランダ北部

100数十年振りにオオカミ出現 オランダ北部の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/03(金) 23:33:49.02 ID:???.net
【10月2日 AFP】子ども支援の国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)」は2日、シエラレオネで1時間に5人のペースでエボラウイルスの感染者が増加しており、病床数が大幅に不足していると警告した。

もし現在の「恐ろしい」ペースで感染者の増加が続いた場合、10月末にはシエラレオネで1時間に10人のペースでエボラウイルス感染者が増加することになると、同団体は警告した。

「エボラ流行の規模は壊滅的で、毎日拡大している。先週シエラレオネでは1時間ごとに5人が感染した」と、セーブ・ザ・チルドレン英国のジャスティン・フォーサイス(Justin Forsyth)氏は声明で述べ、「治療センターの建設と医療スタッフの派遣を即座に行う、協調した国際的対応が必要だ」と呼び掛けた。

同団体によるとシエラレオネの先週の新たな感染例は推定765例だったが、全国に病床は327床しかなかった。

また感染者数は「大幅に」過小に報告されている可能性があるという。
「多数の子どもが路上や自宅で報告されないまま死にひんしている」と同団体は述べた。

「われわれは恐ろしい流行見通しに直面している。(エボラは)シエラレオネ全土に山火事のように広がっており、3週間ごとに新規感染者数が倍増している」と、セーブ・ザ・チルドレンのシエラレオネ責任者、ロブ・マクギルブレー(Rob MacGillivray)氏は語った。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3027896

引用元: 【感染症】シエラレオネのエボラ感染、「1時間に5人のペース」 国際NGO

シエラレオネのエボラ感染、「1時間に5人のペース」 国際NGOの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/14(木) 19:20:17.69 ID:???0

★ロボット兵器にNGOが危険性訴え
11月14日 4時48分

人間の判断なしに自動的に敵を攻撃するロボット兵器の開発について、各国政府の代表が国際的な規制の是非を話し合う初めての会議がスイスのジュネーブで14日から始まるのを前に、開発に反対するNGOが現地で、兵器の危険性を訴えました。

攻撃対象となる敵をみずから識別したうえで自動的に攻撃するロボット兵器の開発については、人間の判断を介さずに殺傷を繰り返すことなどへの反発が強く国際的な規制を求める声が高まっています。

こうしたなか、日本を含む各国政府の代表が参加してジュネーブで14日から開かれるCCW=特定通常兵器使用禁止制限条約の締約国会議で、初めてロボット兵器の問題が取り上げられ、ロボット兵器の開発の規制を視野に入れた専門家会合を開くかどうか話し合われる予定です。

これを前に13日、ジュネーブでは、ロボット兵器の全面禁止を訴えている世界の44のNGOで組織された団体が各国の代表を招いて講演会を開き、ロボット兵器の危険性を訴えました。

この中でNGOのスティーブ・グースさんは「機械に人の生死の判断を任せることは倫理的、道徳的にあってはならないことであり、ロボット兵器は単に新たな兵器の1つというだけでなく戦争そのものを変えてしまうだろう」と述べて全面的な開発禁止を呼びかけました。

CCWの締約国会議は、2日間行われる予定です。

23

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131114/k10013043691000.html


ロボット兵器にNGOが危険性訴えの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ