理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

SONY

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/18(水) 08:11:58.28 ID:CAP_USER*
[東京 18日 ロイター] - ソニー(6758.T)は人工知能(AI)の開発と事業化を本格的に強化する方針だ。第一弾として米AI専門企業コジタイ社(カリフォルニア州)に出資(金額は非公表)。共同開発を通じてAIを駆使した製品やサービスを、早ければ来年にも投入する。

具体的にどのような製品かは明らかではないが、ソニーがかつて手掛けていたロボットを復活させる可能性もありそうだ。
ソニーグループでAI関連の研究開発を統括するソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)の北野宏明社長と、ソニーが開発、販売していた犬型ロボット「AIBO(アイボ)」を手掛けた藤田雅博氏(中長期事業開発室チーフテクノロジーエンジニア)がロイターに明らかにした。
コジタイ社は昨年9月、AI分野の主要テーマである「継続学習」が専門のマーク・リング博士ら3人が設立。先週、ソニーが出資を完了した。共同開発の成果としての製品やサービスの投入時期は1─3年後を想定している。
ソニーCSLの北野社長は「好奇心を持った人工知能」がテーマの一つになる見込みだと述べた。

<AI事業化、ハードウェアを意識>

現在、第3次とされるAIブームが到来。先日、世界トップ棋士を破ったAI「アルファ碁」を開発したディープマインド社を傘下に持つグーグルや、人気クイズ番組の王者を破った「ワトソン」を開発したIBM(IBM.N)をはじめ米国企業が優勢と見る向きが根強い。

続きはソースで

ダウンロード (2)

(取材は5月16日実施)

(浜田健太郎、山崎牧子)

http://jp.reuters.com/article/sony-robot-ai-idJPKCN0Y825Q?sp=true

引用元: ソニーがロボット復活か、米AI企業に出資 来年にも製品化 [無断転載禁止]©2ch.net

ソニーがロボット復活か、米AI企業に出資 来年にも製品化の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/05(木) 23:46:29.15 ID:CAP_USER*
日本のソニーは瞬きで写真や動画を撮り、再生もできるコンタクトレンズの特許を申請した。IFLScience.comが伝えた。

着用者が意図的に目をつぶるとそれに応じて一連の動作を行うことができるもの。まばたきが意図的かどうかは目をつぶる長さで判断する。

続きはソースで

ダウンロード (2)

http://jp.sputniknews.com/science/20160505/2079503.html

引用元: 【技術】ソニー、写真や動画を撮れるコンタクトレンズの特許申請 まばたきで撮影、スマホとワイヤレス接続も可能 ©2ch.net

ソニー、写真や動画を撮れるコンタクトレンズの特許申請 まばたきで撮影、スマホとワイヤレス接続も可能の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/30(土) 21:24:24.85 ID:CAP_USER.net
仮想現実端末を開発か=極秘チーム結成―米アップル (時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000048-jij-n_ame

ダウンロード (3)


 【シリコンバレー時事】英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は29日、米アップルが極秘の開発チームを組織し、映像の世界に入り込んだような体験ができるバーチャルリアリティー(VR、仮想現実)端末の開発を進めていると報じた。

 主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」以外の収益源拡大を目指した動きとみられる。
 VR端末は娯楽、教育、医療など幅広い分野で活用が期待されている。フェイスブックが買収したオキュラスは3月下旬、ゴーグル型端末を発売する予定。
ソニーも今年前半にゲーム機「プレイステーション4(PS4)」に対応した端末を投入する。 

引用元: 【技術】仮想現実端末を開発か=極秘チーム結成―米アップル

仮想現実端末を開発か=極秘チーム結成―米アップルの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/09/17(木) 11:34:24.90 ID:???*.net
読売新聞 9月17日 11時2分配信

 ソニーは16日、高精細な4K映像で患部を撮影できる外科手術用の内視鏡を開発したと発表した。

 オリンパスと2013年に医療機器の合弁会社を設立してから初の製品で、15年10月から順次、国内と欧州で発売する。
ソニーの構造改革の一環で、成長が見込める医療分野を強化する考えだ。

 新製品は、暗い場所でも鮮明に撮影できるソニーの画像センサーと、国内の内視鏡シェア(占有率)首位のオリンパスの技術を組み合わせた。

血管が識別しやすくなり、手術時間の短縮に役立つという。高難度の手術で活用が見込まれる。

 ソニーの勝本徹氏は「両社の資産をフル活用した。誇りを持って世界に送り出したい」と語った。

 ソニーは15年3月期までの5年間に、税引き後利益で計9000億円以上の赤字を計上した。テレビなど家電事業の不振が主因だ。

ダウンロード (1)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150917-00050022-yom-bus_all

引用元: 【技術】手術用高精細4K内視鏡を開発…ソニーが発表

手術用高精細4K内視鏡を開発…ソニーが発表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/12(木) 22:56:09.11 ID:???.net
掲載日:2015年2月12日
http://www.zaikei.co.jp/article/20150212/235428.html

 ソニーは12日、ランニングを音楽再生や音声アドバイスでサポートするウエラブルタイプのスポーツデバイス「Smart B-Trainer(スマートビートレーナー)」を3月7日より発売すると発表した。オープン価格。

2


 Smart B-Trainerは、耳に装着するヘッドホン一体型のスポーツデバイス『SSE-BTR1』とランニングログをスマートフォンで管理し、トレーニングメニューを選択できるアプリ『Smart B-Trainer for Running』で構成されている。

 『SSE-BTR1』は、6種類のセンサー (心拍、加速度、GPS、コンパス、ジャイロ、気圧)を内蔵し、11種類のランニングログ(心拍数、消費カロリー、距離、時間、スピード、ペース、ピッチ、歩数、ストライド、走行ルート、高度)を計測・記録する。
 
 内蔵メモリーには最大約3,900曲の楽曲を転送でき、スマートフォンなど複数のデバイスを身に着けずに、これ1台で「シンプルでスタイリッシュ」にランニングログの計測とトレーニングに適した音楽再生を実現する。

 心拍数をリアルタイムに計測するため、事前に設定したユーザープロファイルと目標心拍数をもとに、その時のランナーの状況に応じた最適なテンポの楽曲を自動選曲、再生することで「楽しく効率的」にトレーニングをサポートするという。

 また、アプリ『Smart B-Trainer for running』で、ダイエットや体力づくり、レースへの参加など目的やレベルに応じたトレーニングメニューを設定し、最適なプランを簡単に立てることができる。

続きはソースで

(町田光)

<画像>
ランニングを音楽再生や音声アドバイスでサポートするウエラブルタイプのスポーツデバイス
「Smart B-Trainer」(写真提供:ソニー)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015021218010270big.jpg
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015021218023980big.jpg
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015021218032010big.jpg
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015021218033760big.jpg
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015021218041310big.jpg
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015021218044240big.jpg
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015021218053270big.jpg

<参照>
ランニングのパーソナルトレーニングを実現する“Smart B-Trainer(TM)”発売 | プレスリリース | ソニー
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201502/15-0212/

引用元: 【ウェアラブル】ソニー、ランニングのログ計測と音楽再生が可能なヘッドホン型端末「Smart B-Trainer」

ソニー、ランニングのログ計測と音楽再生が可能なヘッドホン型端末「Smart B-Trainer」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/28(日) 18:52:23.16 ID:???0.net
「スマートロック」 大企業相次ぎ参入へ
【NHK】 2014/12/28 16:26

スマートフォンをドアなどの鍵として使う「スマートロック」と呼ばれる事業に、大手企業が来年から相次いで新たに参入する見通しで、スマートフォンの新しい使い方として利用が広がるかが注目されそうです。

「スマートロック」は、スマートフォンの情報をドアなどで読み取れるようにすることで鍵として使う仕組みで、スマートフォンの急速な普及に伴って各社が開発を進めています。

このうち「ソニー」は、従来のドアの内側にある鍵の上からかぶせるだけで、スマートフォンの情報を読み取れる機器などを開発し、アメリカの投資ファンドと共同で設立した新会社で来年5月からサービスを始めることにしています。ソニーの小田島伸至新規事業創出部担当部長は、「鍵を電子化することで家族や友人と共有することもできる。

続きはソースで
ソースに動画があります。

ソース: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141228/k10014344011000.html
画像: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141228/K10043440111_1412281819_1412281825_01.jpg

引用元: 【IT】スマホをドアの鍵に使う「スマートロック」、大企業相次ぎ参入へ [14/12/28]

スマホをドアの鍵に使う「スマートロック」、大企業相次ぎ参入への続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ