1: Baaaaaaaaφ ★ 2014/01/23(木) 12:04:51.03 ID:???0

生理学研究所(NIPS)は1月23日、痛みを引き起こす刺激センサである「TRPA1」をニワトリから単離し機能解析を行った結果、ニワトリのTRPA1は刺激性の化学物質および高温のセンサとして働くことを明らかにしたと発表した。

同成果は、NIPS 細胞生理研究部門の齋藤茂 助教、富永真琴 教授および鳥取大学の太田利男 教授らによるもの。詳細は、国際分子生物・進化学会誌「Molecular Biology and Evolution」オンライン版に掲載された。

357765f3.jpg

以下詳細
http://news.mynavi.jp/news/2014/01/23/150/index.html



鶏はワサビを熱いと感じることが判明の続きを読む