理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

UNEP

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/05(月) 17:53:10.16 ID:???0.net
温暖化被害軽減に毎年60兆円
国連、途上国対策費で試算
【京都新聞(共同通信)】2015/01/05 17:05

洪水や干ばつなど地球温暖化に伴って増加が見込まれる被害を減らすために発展途上国で必要になる対策費が、2050年までに1年当たり最大5千億ドル(約60兆円)になるとの予測を、国連環境計画(UNEP)が5日までに明らかにした。

従来の予測を大幅に上回る内容で、UNEPは「各国は金額の差を埋めるのに必要な措置を取るべきだ」と新たな資金支援を求めている。

UNEPは、19の研究機関と共同で最新の研究成果を分析。その結果、南アジアでは対策費が年平均で400億ドルかかり、途上国全体では、50年までに年2500億~5千億ドルかかるとした。(共同通信)

ソース: http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20150105000089
画像: http://www.kyoto-np.co.jp/picture/2015/01/PN2015010501001170.-.-.CI0002.jpg
 (洪水で冠水したタイ中部アユタヤ県の住宅地=2011年10月(共同))

引用元: 【環境】温暖化被害軽減に毎年60兆円 国連、途上国対策費で試算 [15/01/05]

温暖化被害軽減に毎年60兆円 国連、途上国対策費で試算の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/11(木) 09:17:34.79 ID:???0.net
【ニューヨーク共同】国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)は10日、1989年に発効したモントリオール議定書でフロンなどオゾン層破壊物質が規制された結果、地球全体のオゾン層が回復している兆候がみられるとの報告書を発表した。
科学的に確認されるのは初めてとしている。

報告書によると、議定書の発効後、冷蔵庫やスプレー缶に使われていたフロンなどの排出量が減少。
現時点でオゾン層の破壊は進行しておらず、今世紀半ばまでには北極圏や中緯度地域のオゾン層が80年の水準まで回復することが期待されるという。

オゾン層は有害な紫外線をさえぎり皮膚がんの抑制につながる。

http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014091101000823.html

引用元: 【科学】オゾン層が回復の兆候…国際規制が成果か 国連が報告

オゾン層が回復の兆候…国際規制の成果?の続きを読む

このページのトップヘ