1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/17(金) 21:11:08.20 ID:???0

★縄文の死生観に迫る 小竹貝塚で人骨91体

北陸新幹線の建設に伴って発掘調査が行われた小竹貝塚(富山市呉羽地区)で、計91体の縄文時代前期の人骨が見つかったことが16日、明らかになった。調査を行った県文化振興財団は「日本海側最大級の貝塚で、保存状態も良く、日本海側の縄文人の暮らしぶりを知るのに役立つ」と評価している。

同財団によると、2010年の発掘調査終了時点で71体の人骨を確認。その後、国立科学博物館との共同研究で少なくとも91体の人骨があることが判明した。男性の人骨22体のうち、当時としては高身長の1メートル65以上の人骨が6体見つかったが、1メートル54前後の低身長の個体も複数見つかり、平均身長は縄文後期の平均値よりやや高い1メートル59だった。一方、女性7体の人骨は平均1メートル48と縄文後期の平均値だった。

また、人為的な損傷がある骨も複数見つかった。いずれも墓穴を掘った際に、すでに埋葬されていた人骨が傷つけられたものとみられ、丁寧に並べて再び埋葬されたものもあった。小型の土器とともに再埋葬された人骨もあり、全国でも例のない埋葬法だという。同博物館の坂上和弘研究員は「死者への敬意が感じられ、当時の死生観を知ることができる」と語る。

一方、貝塚からは、日本海側では初めて発掘された南海産の貝「オオツタノハ」の装飾品や、国内最古級のヒスイの加工品、関東地方や近畿地方、東北地方の型式の土器、日本最古のイノシシ型土器など日本各地で作られた出土品や模造品が見つかっており、地域間の交流が盛んだったことがうかがえるという。とがった石器が刺さったイルカの肋骨の骨も出土。当時の富山湾ではイルカ猟が行われた可能性があるという。

同財団では今回の発掘調査の報告書を3月末に刊行する予定。県埋蔵文化財センター(富山市茶屋町)は今月18日から3月下旬まで調査結果をまとめたパネル展を開く。

8682d5df.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20140116-OYT8T01623.htm



4: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:13:31.52 ID:zdQzbeBb0

縄文人は、ドチビ。


10: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:19:00.28 ID:uelWikcZ0

>>4
胴長短足チビは渡来系弥生人だろ


5: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:13:49.28 ID:Hk4gwKwy0

埋葬された柱の総数で縄文時代人の人口も解ろうと考えられるが
対して見つかってないよね?
あんまし人居なかったんじゃないの?


8: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:16:27.19 ID:x/taJ/Ga0

>>5
大昔だからなぁ。

難しいだろ。

野宿とかしてたのが、いっぱいだったと思うぞ。

山に住んでたとか。


33: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 22:24:25.86 ID:oHLPFu+60

>>5
日本の総人口が1万人に満たなかったし。
30人で大集落だ。


11: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:20:52.10 ID:wxJWsQTi0

海を渡った高句麗の人々が虐殺されて埋められた証拠を発見したニダ


12: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:22:19.50 ID:CKRXa5a30

人間は基本、群れの動物だから
集落は築いてただろうし
野生のイノシシみたいに「野宿」ってのは無いと思うけどね
家族を単位とした村落集団で生活してただろ


13: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:22:45.60 ID:5ps/Kn4Z0

埋葬されたのは優秀な(体格のいい)男とその複数の妻だろうから実際の平均はもっと低いんだろうな


14: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:22:51.82 ID:aSc5VAkp0

縄文人は山から麓にいたイメージ


15: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:29:18.06 ID:Hm6HlTh00

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2182.html

縄文古墳時代は実は日本人の身長は高いが、それ以後は食糧事情で身長が低くなっていった
1970年代になってようやく縄文古墳時代に追いついた
2000年かかってようやく


16: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:29:28.74 ID:DWnOeB010

あなたは土から生まれたのだから、土に帰りなさい
縄文は貝殻一つ捨てるのにもそう唱えるのを欠かさなかった


24: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:51:41.17 ID:wCieKnoM0

>>16
文字文献が存在しないのに、なぜ分る?


17: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:34:41.51 ID:TZP9Eae00

南茅部で見た小さな子供(赤ちゃん)の足型。
亡くなった子の思い出みたいな感じだったけど、
なんか切なかったな。


18: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:37:29.95 ID:X29grUta0

北陸新幹線が通らなければ発掘調査もされなかったと思うと複雑だ


20: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:45:15.36 ID:2WyX6spT0

日本の土質で、縄文人の人骨が残る事は稀有

貴重な発見じゃん


23: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:50:32.69 ID:CvZAWNY20

ヤマトタケルの親父の景行天皇なんか身長3m超えてたんだぞ
おまけに150年近く生きた


75: 名無しさん@13周年 2014/01/18(土) 10:49:04.69 ID:6BRTSSYg0

>>23
暦法の単位の違いから、その半分と思われる。
つまり、春と秋に歳が変更された。


27: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 21:59:55.08 ID:+jjouPLD0

たしか江戸時代もそれくらいじゃいか。


28: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 22:00:03.56 ID:tVOxWwMj0

寿命は多分酸素か二酸化炭素の濃度が影響してる気がする


29: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 22:05:24.25 ID:qnrHItNEO

>>1
墓穴掘っていたら200年ぐらい前の人骨が出てきたから埋め直して
すぐ横に新しい墓を作ったとしても、現代からしたら同じ縄文時代の墓だよな


32: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 22:20:05.74 ID:GafmvDRt0

それで思い出したが墓地埋葬法とか遺失物法とか民法相続編とかあれって時限規定ってないのね。
だからそのうち官報や裁判所の掲示板にこの出土に関する公告や遺骨に関するなんとかがひっそりと載るはずだし
既に所轄警察署ではこの死体発見についての報告書が作られているはず。
たまに裁判所の公告見ると妙なものあるよね。嘉永年間に死んだ人物の係累を探す公示送達とかw


46: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 23:40:36.43 ID:8jCbzOtC0

>>32

本籍・住居・氏名・性別・年齢不詳の人骨、頭蓋骨、大腿骨、下顎骨の一部のみ現存。
この遺体は、平成15年8月7日午後3時10分に、青森県八戸市の是川遺跡楢館調査区内の、15世紀から19世紀の地層から発見されたものである。
死亡の日時は戦国時代から明治時代初期と推定される。
所持金品は特になし。
ついては、身元不明のため火葬に付し保管しておりますので、心当たりのある方は、八戸市福祉事務所生活福祉課までお申し出下さい。

平成15年11月10日
青森県 八戸市長




名乗り出れるもんなら出てみろw


50: 名無しさん@13周年 2014/01/18(土) 00:13:08.78 ID:/3AI7Ulk0

>>46
わはははははは、そう、そういうのwww
そっからの遺骨の所有権はやっぱり文化財法管轄になるのかねえ。
ほら、骨とかからだの一部とかは動産だから。

東大博物館の常設展の入口が今はどうか知らんけど長く骨骨骨骨骨骨骨の
日本人の生首オンパレードだったがw やっぱりそういうところに行くんだろうかなあ。


34: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 22:30:28.82 ID:FkhreDQ70

縄文時代って7000年?くらい続いたんだっけか
長さのわりによくわかってない謎の時代だな


36: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 23:11:58.11 ID:FuUoKBIwO

ヒスイと言えば糸魚川か


37: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 23:14:54.51 ID:l7y7MX7l0

よく骨が残ってるものだな
貝のおかげかい


38: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 23:17:24.15 ID:8L8EuUaV0

冬の寒さはどうやってしのいでいたんだろうなあ


41: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 23:26:43.16 ID:pBmg7XHj0

>>38
縄文時代は長いから、一貫して「縄文海進」の状態だったわけでもないだろうけど、
小竹のあたりが貝塚になるほど海面が高かった頃なら、わりと温暖だったのでは?


42: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 23:34:33.82 ID:6iZ7zNi50

富山は寒いだろう?縄文人には辛い地域だ、何が目的で富山に住んだんだ?


44: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 23:38:20.41 ID:kzgd77yu0

>>42

他の地域からよそ者が来ない。住めばみやこ


43: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 23:35:24.31 ID:0sg/mRbO0

顔を復元してみないと
いわゆる縄文人なのか
どうかわからない。
単に時代が縄文時代と
いうだけだろう。
縄文時代から弥生人がいて
漁労、採集に従事していた
ことも考えられる


47: 名無しさん@13周年 2014/01/17(金) 23:43:22.10 ID:6iZ7zNi50

三内丸山も青森か?。寒さは気にしないのかなあw
太平洋側の方が断然暖かいだろうに


51: 名無しさん@13周年 2014/01/18(土) 00:15:45.53 ID:DNEgGQnu0

>>47
衣食住の工夫で寒さをしのぐことは簡単でも、暑さをしのぐのは難しいからなぁ。
今よりも温暖で、太平洋側の夏の暑さが苦痛だった頃の遺跡ではないかと…


48: 婆 ◆HKZsYRUkck 2014/01/17(金) 23:47:59.48 ID:4cRhqCt20

>>1
>貝塚からは、日本海側では初めて発掘された南海産の貝「オオツタノハ」の装飾品や、

すげーよなあ。
文字史料がないからウホウホ言ってる原始人だと思いがちだけど、
けっこう交易もやってて、文明的だなと。


52: 名無しさん@13周年 2014/01/18(土) 00:20:04.56 ID:d5yxVsQF0

縄文の遺跡は東の方が多いけど単に開発が遅れて残りやすかっただけではないかと


63: 名無しさん@13周年 2014/01/18(土) 01:09:01.76 ID:0mGM46HN0

>>52

狩猟で生活するには東北の方が自然豊かで暮らしやすかったんだよ。
だから東北の縄文人は強い縄文人なのさ。
弱い縄文人は森も少ない近畿地方なんかに追いやられて数も少なかった。
だけど、稲作が入ってきてからはその数が逆転した。
食い物が少ないからこそ稲作をいち早く受け入れた近畿地方では米の高カロリーにより人口が爆発的に増えた。
そして定住する事によって文明も手に入れた。


64: 名無しさん@13周年 2014/01/18(土) 01:10:54.16 ID:/DrZ7lCg0

>>63
雪国が暮らしやすいとはとても思えないんですがどこからの知識ですかw?


67: 名無しさん@13周年 2014/01/18(土) 01:19:31.07 ID:0mGM46HN0

>>64

そりゃ琉球諸島くらいの温暖な気候なら東北より暮らしやすかったと思うよ?
でも、本州や四国九州程度じゃ東北の冬となんら変わらんよ。
冬になれば食料は少なくなるのは同じ。
むしろ、雪深い東北の方が食料の保存に適してた。
もっと言えば北海道の方が食料は豊かだったんだよ。
だから縄文時代の遺伝子を最も強く受け継いだアイヌが北海道に残っていたのさ。
縄文時代の生活水準ではアイヌが最も強く、よって最も豊かな地に住めたのさ。


69: 名無しさん@13周年 2014/01/18(土) 01:25:55.96 ID:/DrZ7lCg0

>>67
へーそうなのか
勉強になるな。
縄文人は積極的に北に移住したんだな。
おいらは先進的な弥生人との融合を断ったグループが
どんどん北に追いやられたとばかり思ってたわ。
ありがと!サンキューな!


53: 名無しさん@13周年 2014/01/18(土) 00:20:08.76 ID:thnLSJkeP

骨からの身長の推定って正確なんだろうか?
経年による骨格の萎縮が加味されて無いんだとしたら、実際はもう少し身長あったのでは?
まあ日本人の今だってチビは大勢居るんだから何とも言えないがな


60: 名無しさん@13周年 2014/01/18(土) 00:57:26.35 ID:c1j4aW+W0

俺もこの時代に生まれてたら蔑まられることもなかったのにな…


61: 名無しさん@13周年 2014/01/18(土) 00:59:12.43 ID:BaRBrzUb0

ご先祖様、一万年で15センチ伸びたよ平均身長


引用元: 【富山】日本海側最大級の小竹貝塚で人骨91体 平均身長159センチ、埋葬法に特徴も…縄文の死生観に迫る