1: 2015/10/20(火) 07:51:35.80 ID:???.net
冥王星にまっさらな平原ができたのはなぜ? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/a/101900042/

画像
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/a/101900042/ph_thumb.jpg
研究チームは、冥王星の大気にもやの層がはっきりと見られたことに驚いた。惑星科学者のアラン・スターン氏によると、こうした層がどのようにして形成されたのかはまだ分からないという。
(PHOTOGRAPH BY NASA/JHUAPL/SWRI)


「探査機ニューホライズンズは冥王星で何を発見すると思うか?」
 2000年代の初め、そう尋ねられた米サウスウエスト研究所の惑星科学者アラン・スターン氏はこう答えたという。「驚くべきものです」

 今年7月に時速5万kmという猛スピードで冥王星を接近通過したニューホライズンズが見出したのは、まさに「驚くべきもの」だった。冥王星の表面に、巨大な力が加わってできた多様な地形が見られたのだ。それはこの準惑星が、太陽系の外縁部に浮かぶ死んだような天体ではなく、地質活動のある生きた天体であることを示していた。(参考記事:「冥王星“接近通過”をめぐる10の疑問に答える」)

 歴史的な接近通過から早くも3カ月が経過したが、謎に満ちた冥王星と巨大な衛星カロンに関する分析は始まったばかりだ。ニューホライズンズの研究チームは、これまでに判明したことを論文にまとめて科学誌『サイエンス』に発表したが、明かされた事実は強い感銘を与えると同時に、新たな疑問を投げかけるものだった。

新しい表面はどうして生まれた? 

 ニューホライズンズに搭載された分光計やその他の観測装置がとらえた詳細な画像とデータからは、冥王星の「岩盤」が明らかになった。3000m級の険しい山々を含む表面は、ほぼ全体が水でできた氷や他の種類の氷(窒素、メタン、二酸化炭素が凍った氷)に覆われていたのだ。(参考記事:「ここまで鮮明に! 冥王星の写真の変遷を見てみよう」)

 ただし、切り立った山の斜面には、水以外の物質の氷はほとんどないと、米ワシントン大学の惑星科学者でニューホライズンズ研究チームの一員であるウィリアム・マッキノン氏は言う。「もともと斜面を覆っていなかったかもしれませんし、軽い氷が滑り落ちてしまったのかもしれません」。これに対して、非公式に「トンボー領域」と呼ばれている明るいハート形の平坦な領域は、日本の2倍近くある面積のほぼ全域が厚い氷の層に覆われている。トンボー領域の一部にある「スプートニク平原」の氷は特になめらかだ。(参考記事:「冥王星画像:いびつな形の衛星、一酸化炭素の氷」)

「そこにクレーターは1つもありませんでした」とスターン氏は言う。冥王星の近くに岩石と氷の塊が大量に浮かんでいることを考えると、考えられる説明はたった1つだ。「ここは、形成されたばかりの新しい表面なのです。おそらく1億年ほど前のものか、あるいはもっと新しいのかもしれません」

 冥王星で新しい表面が形成されるためには、太陽以外の熱源が必要だ。太陽から平均60億kmも離れている冥王星には、太陽のエネルギーはほとんど届かない。太陽系の氷の天体の中でも、木星の衛星イオや土星の衛星エンケラドスなどには火山活動があり、間欠泉が噴出している。近くにある巨大惑星の潮汐力により、衛星の内部に摩擦熱が生じるからだ。「けれども冥王星は一人ぼっちです」とスターン氏は言う。冥王星の近くにもカロンなどの衛星はあるが、冥王星に地質活動を引き起こすほどの熱を生じさせる質量はない。(参考記事:「土星の衛星エンケラドス、氷の下に全球を覆う海」)

続きはソースで

ダウンロード (1)


文=Michael D. Lemonick/訳=三枝小夜子

引用元: 【天文学】冥王星にまっさらな平原ができたのはなぜ? 探査機ニューホライズンズから届いた意外な事実

4: 2015/10/20(火) 08:00:43.51 ID:XTQeHuhC.net
惑星の核の中心部では微小ながら核融合が起きていて
それが惑星の熱源の一部になっているという説もある
もちろん、惑星生成時から時間がたつにつれて冷めていき、核融合もやがて尽きる

6: 2015/10/20(火) 08:20:19.50 ID:t0zf2vX9.net
あんな場所でも意外と凄い。それがわかっただけでも大成果だろ。

10: 2015/10/20(火) 08:37:20.19 ID:8O2Axoct.net
カロンとの潮汐力やばいことになってるんじゃないの?

14: 2015/10/20(火) 08:48:58.43 ID:v0/dJE3B.net
プルトニウムがあるのかもしれない。
冥王星だけに、、、

(半減期短いからあり得ないけど)

15: 2015/10/20(火) 09:44:08.97 ID:/8q0Kf8z.net
地球の天然原子炉は地表近くにあったよな

18: 2015/10/20(火) 10:13:57.08 ID:m0rYgDvK.net
この分だとカロンにも大気がありそうだな

20: 2015/10/20(火) 11:50:41.13 ID:+ItO+5LX.net
ほとんど光が届かない星をどうやって撮影するんだ?

21: 2015/10/20(火) 12:11:04.04 ID:2PlbvtO/.net
>>20
空気がないから空を見上げれば、まばゆい星空なんじゃないの

22: 2015/10/20(火) 13:17:55.78 ID:gHBBGsJJ.net
>今年7月に時速5万kmという猛スピードで冥王星を接近通過したニューホライズンズが見出したのは、まさに「驚くべきもの」だった。冥王星の表面に、巨大な力が加わってできた多様な地形が
>見られたのだ。それはこの準惑星が、太陽系の外縁部に浮かぶ死んだような天体ではなく、地質活動のある生きた天体であることを示していた。

死んで侵食作用がなくなりゃ、昔の地形がずっと残るがな

>とはいえ、スプートニク平原の端にある山々は、崩壊熱では説明することができない。太陽からここまで遠いと、水でできた氷は石のように硬くなるため、隆起するには莫大なエネルギーが必要だ。

普通にクレーターじゃないか、原因が火山なのか隕石なのかは知らんが

24: 2015/10/20(火) 13:22:08.96 ID:UG0qTbdh.net
冥王星の自転と公転のスピードと宇宙の紫外線などの
摩擦みたいで発生とかは?

25: 2015/10/20(火) 16:14:31.84 ID:tW4BW7EK.net
>>太陽からここまで遠いと、水でできた氷は石のように硬くな

この前提が間違ってるんだよ。
夏は凍りがとけて海になり空気ができる。生き物もいる。これが百年続く。
冬の間は全てが凍りついた死の星になる。生き物は卵になり数百年の凍り付けになる。
エンケラドスの写真と比較してみても分かるだろ。氷の上にクレータがないのがその証拠

26: 2015/10/20(火) 16:29:38.53 ID:tW4BW7EK.net
冬に向かった冥王星の大気は急激に冷やされて、強烈な気圧の寒暖差を生み出す。
惑星の半分を覆う強烈なジェット気流が、氷になりつつある海を中心として作られる。
こういう落ちだな。
平原の周りをぐるっと一周する砂丘があるはずだよ。

27: 2015/10/20(火) 16:30:12.47 ID:E7qmO1FY.net
衛星カロンとの潮汐作用ってそんなに弱いのか
意外だったわ

28: 2015/10/20(火) 17:59:44.10 ID:h7sonNdl.net
自転周期と公転周期が同期しているので、内部摩擦があまり働かないんじゃないかな

29: 2015/10/20(火) 18:07:52.42 ID:sI5jhpXT.net
俗にネメシスと呼ばれる褐色わいせいが近くを通った時に溶けたのだよ
2600万年毎にやってくるらしいからな

30: 2015/10/20(火) 18:27:11.01 ID:tW4BW7EK.net
氷の海の辺縁部に島が散在する。しかも雪を被ってないよね。
これヒントな

34: 2015/10/20(火) 21:13:37.26 ID:BVs3Zn5Q.net
>それはこの準惑星が、太陽系の外縁部に浮かぶ死んだような天体

銀河の辺境の小さな太陽系にも動くカビみたいなのがうじゃうじゃいる

35: 2015/10/20(火) 22:11:11.71 ID:XITEYvM+.net
時速5万㌔mですれ違いざまに撮影した映像や測定データを
天文単位の距離から数ヶ月も延々と送ってくるなんてすごい技術だよね。

39: 2015/10/20(火) 23:44:09.96 ID:wBPIac82.net
地上げ屋が転売するのに、さら地にしたほうが高い値が付くからだろ

19: 2015/10/20(火) 10:56:22.31 ID:pkunG7ot.net
太陽系の外を旅行できる時代に生まれたかった