1: 2018/04/30(月) 23:28:31.70 ID:CAP_USER
ネアンデルタール人の脳の構造は、その社会的能力と認知能力に影響を及ぼし、ホ◯・サピエンスに取って代わられる原因の1つとなった可能性のあることを明らかにした論文が、今週掲載される。

今回、慶應義塾大学理工学部機械工学科の荻原直道(おぎはら・なおみち)、名古屋大学大学院情報学研究科の田邊宏樹(たなべ・ひろき)たちの研究グループは、ネアンデルタール人の頭蓋化石4つと初期ホ◯・サピエンスの頭蓋化石4つの仮想鋳型を用いて、脳のサイズを再現した上で、1185人の被験者の脳のMRIデータを用いて、平均的なヒトの脳のモデルを作成した。
次に、研究グループは、このコンピューターモデルを変形させて、頭蓋内鋳型の形状と一致させ、初期ホ◯・サピエンスとネアンデルタール人の脳の外観と両者間の個別脳領域の差異を推測した。

続きはソースで

英語の原文
https://www.nature.com/articles/s41598-018-24331-0


https://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/12484
ダウンロード (4)


引用元: 【人類学】ネアンデルタール人消滅の謎を解くヒントは脳にある[04/27]

2: 2018/04/30(月) 23:45:02.85 ID:2mWiFCfl
結局、推測の域を出ないな

3: 2018/04/30(月) 23:50:12.83 ID:TRYIDAng
単に交雑して飲み込んじゃっただけじゃないかな

4: 2018/05/01(火) 00:02:45.46 ID:9eEwZpY8
>>3
>単に交雑して飲み込んじゃっただけじゃないかな
ミトコンドリアの痕跡が無いので・・
サピエンス側の♀の方がエ◯チだったとか。

91: 2018/05/02(水) 07:57:48.68 ID:cgaYczeO
>>4
オス側にもない

けど非アフリカの現世人類は皆ネアンデルタール人の遺伝子を受け継いでる

それが何を示すか考えると…

101: 2018/05/02(水) 12:04:26.14 ID:4EMroDUi
>>91
え?喰ったの⁉︎

6: 2018/05/01(火) 00:07:01.59 ID:UZP6ddBO
>>1

まあ、卵が先かニワトリが先かの問題のようになるが、

普通、脳の大きさを含め肉体的形状の進化は、その動物の行動様式の結果として起きるものだけどな。
すでに人類の「直立歩行」が脳の大きさを増大したことが分かっているが、脳の大きくなったから直立歩行するようになったのではない。

すでにNHKでも番組放映されたことがあるが、
ホ◯サピエンスがネアンデルタール人に生存競争で打ち勝ったのは、やはり「投てき機」の発明が大きかったのではないか。

もちろん、その「投てき機」は、多くの発明がそうであるように、ほんの偶然から発明できたのだろう。
それにより、狩りで獲物を手にできる確率は何倍にも高くなった。

そして、投てき機を投げる動作は、ホ◯サピエンスの運動能力を高めそれを司る小脳の発達を促したのだろうな。
もし、偶然に投てき機を発明したのがネアンデルタール人なら、ホ◯サピエンスは滅び去り、小脳を発達させたネアンデルタール人が現在の世界を支配してることになる。

11: 2018/05/01(火) 01:00:09.97 ID:mpT8JXeZ
>>6
投擲器以外にも、同時期のサピエンスは動物や魚の骨を利用した針を使い、
「服」を作っていた事も確認されている
ネアンデルタールも動物の毛皮を纏う事ぐらいはしてたらしいが、
針は発見されてない
粗末でも針を使い「服」にして密閉空間を作ると、冬の生存可能地域が広がり、狩りにも有利になる

7: 2018/05/01(火) 00:37:38.05 ID:8RVh0b+Q
ホ◯サピエンスがネアンデルタールを
皆◯しにしたんだろ

28: 2018/05/01(火) 07:01:39.79 ID:mptgIkxT
>>7

ユダヤ系の学者が、そういうホロコースト的発想をして調べてみたところ、
実際は、かなりジワジワと衰退していったことがわかった。
大虐◯で短期間で滅ぼされたわけでは無い。

8: 2018/05/01(火) 00:38:57.68 ID:BoEmw+n1
別々の派生で誕生した人類なの?
同じ人類でも別のものとか
そもそも人類はどこから来たんだ?
急に現れるの不思議

9: 2018/05/01(火) 00:39:26.34 ID:pwFlJehD
クロマニヨン人がネアンデルタール人よりも遙かに多い集団を形成出来たから
数の暴力で根絶やしにしたんだとさ
「兄貴、戦争は数だよ」

10: 2018/05/01(火) 00:44:22.17 ID:srtmlvWS
「兄貴、戦争は数だよ」
中国一人勝ちやな

12: 2018/05/01(火) 01:07:48.05 ID:gPbcjpW6
肉体的に同様の能力を持った
哺乳類の胎盤類と有袋類が遭遇した南米では、胎盤類が生き残った。
それは、大きな頭部で出産する胎盤類が
小さい頭部で出産する有袋類よりも賢かったから。

13: 2018/05/01(火) 01:11:30.75 ID:eTjzIDXa
言語能力の差が、集団の大きさの差になって現れ、生存の差に
なったと思うけどなあ
それだけ偶然の発明を集団で共用できるということでもあるし

小規模の集団ならそれほど言語は必要ないしね

14: 2018/05/01(火) 01:15:32.65 ID:qal/uuyX
今後、新しい人類が出て来るのかも
知りたいわ

17: 2018/05/01(火) 04:00:21.47 ID:snXIfyfm
チンパンジーやゴリラその他の類人猿が絶滅していないこと
これだけ進化したのに未だ人類は同類で◯しあっていること
これらを考え会わせると、野蛮なホ◯サピエンスが
穏和なネアンデルタールを◯戮しつくしたと考えるのが妥当

穏和な日本人が野蛮な中国人に滅亡させられるのと同じ理屈

18: 2018/05/01(火) 04:12:16.71 ID:Q/s7q4d5
>>17
マンモスが絶滅したのは人間が狩ったからって説があるけど、まあどうなんだろうね。
いきなり襲撃したというよりも徐々に追い出されて全滅したって考えるほうが自然だなぁ

22: 2018/05/01(火) 04:27:18.75 ID:UZP6ddBO
>>17

そういう異人種間の争いはホトンド無かったようだな。

何しろ、当時は生存数自体が少ない。
ネアンデルタール人とホ◯サピエンスが地上で遭遇することは、ほとんど無かったと見なされてる。

現在の人類学史では、ネアンデルタール人の絶滅理由は「飢餓」であることがホボ確定してる。

24: 2018/05/01(火) 04:38:33.08 ID:EAks0cGf
>>22
受け売りだな。
遭遇がほとんど無かったのに、ネアンの子孫が残ってるってどういうことだw
住みやすい場所や獲物の多い場所は決して多くない。必然的に取り合いになり、縄張り争いに発展したはず。
その結果、武器や戦術に長けたサピエンスがネアンを◯戮したはず。

20: 2018/05/01(火) 04:21:41.25 ID:EAks0cGf
マンモスは北方のサピエンスにとっては最高の獲物だっはたはず。
肉は大量に取れるわ、毛皮も大量だわ、モンハンじゃないけどハメたら簡単に狩れるわで。
これは速攻で食べられて終了だわな。
同じようにアメリカ大陸の多くの哺乳類も有史を見ずに絶滅した。代表格は巨大ナマケモノとか。

21: 2018/05/01(火) 04:24:14.88 ID:EAks0cGf
哺乳類だけではなく、サピエンス以外の人類はみなサピエンスが皆◯しにした。
代表格は、ネアン、デニソワ、フローレンス、ホ◯ハビリス。
その他にもいただろうな。

64: 2018/05/01(火) 11:38:33.07 ID:w27Hrx4a
>>21
よく欧米の神話に出てくる色んな人種を結局人間が滅ぼしているところを見るとホ◯サピエンスがいかに凶暴かつ残忍なのかよく分かるな

23: 2018/05/01(火) 04:30:04.49 ID:EAks0cGf
地球の歴史の中で間違いなく最強で最狂で、最悪だな、我々サピエンスは。
脊椎動物の三分の1を絶滅に追いやって、さらに力を増してるからな。
神がもしいるならば、サピエンスなんかを作ってないはず、それほど罪深いよ、我々サピエンスは。ただし俺はのぞく(笑)

27: 2018/05/01(火) 06:53:59.06 ID:AdEojBcC
>>23
ヒトによる種の絶滅はそれまでの自然に種が
絶滅するスピードの数千倍以上とかヒトは
◯すのが得意すぎたな

槍や弓、投石のような原始的な武器のみでも
野生動物からすればありえないほどチート的な強さ

35: 2018/05/01(火) 07:42:38.69 ID:ZkjUUn3e
ネアンデルタール人は繫殖を続けられるほど数が増えなかった自然消滅種

36: 2018/05/01(火) 07:56:23.68 ID:6byRNcAC
>研究グループは、1095人の被験者の既存のデータを用いて、
>小脳の大きさと各種能力(例えば、言語の理解と産生、作業記憶、認知の柔軟性)の関係を調べた。

有意の差があるってことでええの?なんか怖いんですけど

41: 2018/05/01(火) 08:41:30.48 ID:Tve+pEg+
>>36
脳の重さの研究で言うと、白人が一番重くて次に黄色人種、黒人となる。この説は黒人を奴隷にすることの正当性に利用されてしまった。
今では脳の重さ=知能だなんて発想は無いと思ってたんだけど。。。
うちでは、すげー小さいテリアの方が嫁より空気読めるんだから、脳の重さなんて知能に影響しないと個人的には思ってる。

39: 2018/05/01(火) 08:40:47.44 ID:bCfSg4xU
◯戮にしろ同化にしろ文明の高い方に飲まれるわな

42: 2018/05/01(火) 08:42:15.66 ID:Tve+pEg+
>>39
文明?なんで人口のことを考えないの?

46: 2018/05/01(火) 09:25:22.41 ID:bCfSg4xU
>>42
人口って食料よ。文明高い方がその点でも有利

48: 2018/05/01(火) 09:48:55.46 ID:2+1ZQRDQ
>>46
それは、農耕が生まれた後の話。ネアンデルタール人を吸収した頃はまだヨーロッパでは社会構造を変えるような農耕は行われてなかった(間違ってる?)。

文明なんていうのはシュメールとかが作ったものが初めてやろ。狩猟採集社会でも質の良し悪しがあってそれを文明と言い換えてるのだとは推測出来るけど。

ヨーロッパ人に混血してることが分かってから、欧米のネアンデルタール上げが激しいが、それはおいといても、仮に知能が同等だったとしてもアフリカからの人口提供があるから数の力で吸収してしまうと言う数値モデルが発表されてなかったっけ?

52: 2018/05/01(火) 10:27:40.26 ID:/2S13A4k
>>48
> ヨーロッパ人に混血してることが分かってから、欧米のネアンデルタール上げが激しいが、
いやそれは君が無知なだけ。分かるずっと前から評価は変わってた。本当に無知としか言いようが無い、
或いは90年代から見直しのニュースはあったのにそれは無視していたお馬鹿さんだろう
そもそもネアンはモンゴロイドにも流れてるのにバカじゃないのかなあ

40: 2018/05/01(火) 08:41:27.51 ID:xGfgKlMG
絶滅した種は珍しくない。
ネアンデルタール人にだけ特殊な事情があったに違いないと考える理由が判らん。

113: 2018/05/03(木) 10:08:22.25 ID:Kczl43EY
意外とサピエンスの頃は多様性があったんだね。
この記事や研究が正しいのかわからないけど、いろいろ調べる良いきっかけになった