理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

宇宙

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
491169_s
1: 2024/06/15(土) 13:25:15.97
探査機ボイジャー1号、通信復旧 7カ月ぶり、通常通りに科学観測

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は13日、探査機ボイジャー1号が7カ月ぶりに四つの観測装置全てからデータを地球に送れるようになったと発表した。昨年11月に機体の状態や観測結果が届かなくなり、科学チームが復旧を試みていた。

 ボイジャー1号は1977年9月に出発、木星や土星を観測した後、2012年には太陽から噴き出す電子などの粒子「太陽風」が届かない星間空間に出た。今は地球から約242億キロと史上最も遠くを飛び、運用期間も最長の探査機だ。

 昨年11月14日、機体から届く信号に判読可能なデータが含まれていないことが判明。機体に積んだ三つのコンピューターの中で、地球に送るデータを書き込むチップが壊れたことが分かった。

 チームは、壊れたチップが担っていた機能を他の部分に担わせるため、今年4月に新しいデータを送信。片道22時間半のやりとりの末、修正に成功し、機体の状態や、まだ使える粒子や磁場などの観測装置のデータを順次取得していた。

 ボイジャー2号は地球から約202億キロ先で飛行中。

2024年06月15日 09時00分共同通信
https://www.47news.jp/11062409.html

【天文】探査機ボイジャー1号、通信復旧 7カ月ぶり、通常通りに科学観測…今は地球から約242億キロの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
29103883_s
1: 2024/05/26(日) 23:29:14.22
理論上は居住可能、地球サイズの系外惑星発見 日本などの研究チーム

(CNN) 二つの研究チームがこのほど、理論上は居住可能な惑星を発見した。サイズは地球に比べ小さいが金星よりも大きく、地球から約40光年離れた小型恒星を周回しているという。

 米科学誌アストロフィジカルジャーナル・レターズと英王立天文学会月報に23日発表された二つの研究によると、「グリーゼ12b」と名付けられたこの惑星は、うお座の方向に位置する低温の赤色矮星(わいせい)を周回している。
 赤色矮星のサイズは太陽の約27%、温度は60%にとどまる。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

CNN 2024.05.25 Sat posted at 18:25 JST
https://www.cnn.co.jp/fringe/35219325.html

【天文】理論上は居住可能、地球サイズの系外惑星発見 日本などの研究チームの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
29650788_s
1: 2024/04/18(木) 15:57:21.07
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2024/04/post-104282.php

https://i.imgur.com/GvkgxXY.jpeg

放射線のダメージを爆速で回復する
反転術式みたいなことをしてるからでした🫵🏻🤖

クマムシが放射線で死なない理由、なんか放射線に対して頑丈だからではなかったことが判明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
29729509_s
1: 2024/06/03(月) 23:02:19.463
なんで命が生まれる?

ビッグバン←わかる 惑星が出来る←わかる 生き物も生まれる←わからないの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pexels-spacex-60132
1: 2024/05/28(火) 21:21:22.39
世界初の木を使った人工衛星 京大と住宅メーカーが開発|NHK 関西
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20240528/2000084687.html

05月28日 17時47分

木の板を使った世界で初めてとなる人工衛星を京都大学などが開発し、宇宙で木材が使えることを証明したいとしています。

開発された人工衛星は、10センチ四方の立方体の6つの面が木の板でできていて、京都大学と大手住宅メーカーが共同で開発しました。

世界で初めて木を使った人工衛星だということで、ゆがみや内部の温度などを測定する装置を備え、木材が人工衛星に使えることを実証するとしています。

多くの人工衛星は、役目を終えると大気圏に再突入させて燃え尽きるように運用することになっていますが、従来の金属製の衛星では再突入の際に気象や通信に悪影響を及ぼす粒子が発生するおそれがあり、木材の場合はそうしたことが抑制できるということです。

衛星はことし(令和6年)9月にアメリカで打ち上げられ、国際宇宙ステーションから宇宙に放出され、データを取得することになっています。

宇宙飛行士で京都大学大学院の土井隆雄 特任教授は(略)

※全文はソースで。

世界初の木を使った人工衛星 京大と住宅メーカーが開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pexels-pixabay-301599
1: 2024/05/21(火) 11:27:11.82
「太陽フレア」農業にも影響 トラクター自動操舵、国内でも〝ずれ〟
日本農業新聞5/21(火) 9:40配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/521d707c8f01b1d7324c10758c7e68e3b71e1944

太陽表面の爆発現象「太陽フレア」による地球の磁場の乱れで衛星利用測位システム(GPS)が影響を受け、米国の一部地域では農機の自動操舵(そうだ)機能が使えなくなるなどの事態が発生している。日本でも一部で自動操舵の精度に“ずれ”などが報告されているものの、農作業の進捗(しんちょく)には大きな影響はないとみられる。

 千葉県内で自動操舵田植え機を使う農家によると、14日の作業中に「これまで経験したことがないずれ」が出たという。ずれは大きい場所で20センチほどで、隣の条に重なるほどではなかった。水稲の生育には問題ないとしつつ「大豆やジャガイモの中耕でこのずれが出ると畝を壊す恐れがある」とも話した。

 他の農家や農機各社への取材では、いずれも作業不能となるような大きな影響はないという。あるメーカーは「今まで見たことがない挙動」とし、モニター上は直進していても、実際はうねって進むという報告があった。一方、こうした事象が「多発しているかは不明。太陽フレアの影響かどうかも断定できない」とした。

 米国ニューヨーク・タイムズは太陽フレアによる磁場の乱れが「GPSを破壊」と報じ、自動操舵が使えなくなった農家を紹介。アイオワ州の発表でも、現地の販売店には農家からの電話が殺到、農家は作業中断を強いられたという。

 太陽フレアは、8日から15日までに大規模なものが13回連続で発生。無線や通信網への影響が懸念されていた。一方、太陽フレアは2025年にピークになるとの予測もあり、今後も警戒が求められそうだ。

「太陽フレア」農業にも影響 トラクター自動操舵、国内でも〝ずれ〟の続きを読む

このページのトップヘ