理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

環境

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
29658663_s
1: 2024/06/08(土) 08:46:30.26
<検証小池都政>

 東京都内の一戸建てを含む新築住宅に、太陽光パネルの設置を義務付ける全国初の制度のスタートまで1年を切った。脱炭素化社会の実現を目指す小池百合子知事肝いりの政策で、都は1500億円の基金を昨年3月に創設。一方、多額の税金投入に見合う効果が出るのか疑問視する声も上がる。(三宅千智)


◆CO2半減へ身近な住宅の屋根を活用
 「住宅などの建物をサステナブル(持続可能)な性能に転換しなければならない」。2021年9月の都議会で小池知事は、太陽光パネル設置義務化の検討を始めると表明。22年12月には義務化を定めた改正環境確保条例が成立した。
 都環境局によると、都内の二酸化炭素(CO2)排出量の7割が建物でのエネルギー使用による。19年度調査で、都内の建物のパネル設置割合はわずか4%。30年までに温室効果ガス排出量を00年比で50%削減する「カーボンハーフ」の達成に向け、身近な住宅の屋根を活用するのが狙いだ。
◆売電などで家計にメリットと試算
 家計面でのメリットも期待できるという。昨夏時点の都の試算では、一般的な4キロワットの太陽光パネルを付けると、電気代の差額や売電収入などで初期費用115万円を13年程度で回収可能。30年間で最大140万円の利益が出るという。
 住宅メーカーの受け止めはどうか。ある大手の担当者は「家庭部門の脱炭素化には、省エネに加えて創エネも必要不可欠」として、都民の理解が進んでいくことを前提に義務化には前向きな姿勢だ。
◆直接の削減効果は10万トン止まり
 一方、脱炭素化への効果を疑問視する声もある。カーボンハーフの実現には家庭部門で942万トンのCO2削減が必要。しかし、新築住宅への義務化による直接の削減効果は年10万トンにとどまる。都は義務化を受けて関心が高まることで、既存建物にもパネルの設置が進むと想定。これらを含めた削減効果は年43万トンを見込むが、都議からは「効果としては物足りないのでは」との声も上がる。
 5月28日に制度反対の立場から会見した杉山大志・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹らは、パネルが水没した際に感電を招く恐れがあるなどの問題を列挙。脱炭素について「原子力(発電所)を使うのが現実的な解だ」と述べた。
◆パネルの寿命は20年から30年…その後は廃棄
 リサイクルの体制づくりも課題だ。パネルの寿命は20~30年ほどで、30年代後半にも「大量廃棄時代」が来るとの予測がある。住宅用のパネルは1件当たりの廃棄の量が少なく、収集や運搬が非効率なため、事業用と比べてリサイクル費用が割高になるとされる。
 都は22年9月に解体業者やメーカーなどと協議会を設立し、パネルの取り外しや収集運搬のマニュアルを策定。事業者にリサイクルにかかる費用を補助するなどしている。
 松本明子都環境局長は取材に「災害時に停電したときも一定の電力を確保できる」とパネルの利点を強調。「世界の目標である50年のゼロエミッション(CO2排出実質ゼロ)に向け、再エネの割合を高める意味でも非常に有効。都民、事業者の力を借りながら前に進めていきたい」と話した。
 太陽光パネル設置義務化 2025年4月から、都内の新築住宅などに太陽光パネル設置を義務付ける。一戸建てなど、延べ床面積2000平方メートル未満の建物は大手住宅メーカーが義務を負う。既存の建物は対象外。日当たりの悪い家や狭小住宅は設置対象から外すこともできる。都が22年5月から1カ月間行ったパブリックコメントには3779通の意見が寄せられ、賛成が56%、反対が41%だった。一戸建てへの義務化は全国初。

東京新聞 2024年6月8日 06時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/332237
※関連スレ
【都知事選】田母神俊雄氏「都民税の減税を目指す」「新築戸建て住宅などへの太陽光パネル設置を義務付ける都の条例を見直す」 [樽悶★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1717492948/

太陽光パネル義務化、1500億円基金の「費用対効果」は? 廃棄するときの費用も課題の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
hebi_anaconda
1: 2024/06/15(土) 15:57:35.69 ● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/999991500948658.gif
インドネシアで4人の子どもの母親が行方不明になり、巨大ヘビに丸呑みにされて亡くなった状態で発見された。

【画像】ニシキヘビは数分もかからず人間1人を殺し、1時間もあれば丸呑みしてしまう

AFP通信が報じ、CBSニュースやUSAトゥデイなどのメディアも取り上げている。

亡くなったのはインドネシアの村で暮らしていた45歳の女性。
6月6日夜から姿が見えなくなり、戻らなかったことから捜索を始めたという村長の説明をAFPが伝えている。

捜索していた夫が女性の持ち物を見つけたため、村人たちとあたりを捜したところ、7日に腹部が大きく膨れた全長5メートル近くあるニシキヘビを発見したという。

不審に思った村人たちはヘビを開腹することで合意。
切り開くと、すぐに女性の頭部が確認できたという。女性は衣類を身にまとった状態で見つかった。

行方不明だった4児の母、巨大ヘビに丸呑みにされ発見。腹部が異様に膨らんだヘビを村人が開腹(インドネシア)
https://news.yahoo.co.jp/articles/e11ae8b15c6b2b3545f5d4f6665d3d2f3bcb7d94

【悲報】行方不明だった女性、異様に膨れたヘビの腹から見つかるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pexels-chente8888-18181084
1: 2024/06/11(火) 09:54:19.66 ID:??? T
斜面のすぐ上、警官の背後の笹薮が濃いところからガサガサと音がしたかと思うと、一頭のクマが猛然と突っ込んできたのです。

中型のツキノワグマだと思います。二人の警官がいる、すぐ背後でした。

心の準備もなく声を上げる余裕もなく、誰のことも構わないままその場から逃げました。

「クマだ、クマきた」

誰かが叫んだ声が耳に入りましたが、その時に誰がどのような行動をしたのかなど、正確には記憶していません。ただ逃げるのに必死でした。そこにいた人間は、誰もが我先にと散り散りバラバラに逃げたはずです。

私はすぐに斜面を駆け降りて逃げました。逃げる私のすぐ後ろの藪からガサガサ音がします。てっきり私を襲うためにクマが背後まで来ているのだと思いました。足音がすぐそばまで迫ってきて、「もうダメだ」と思ったら、それは私を追い越して逃げる消防隊員でした。

そのまま荒い息のまま、停めたクルマの中に入りました。二人の警官だけが来ませんでした。

どちらの警官だかわかりませんが、「助けてください~」とか細い声がしました。消防隊らは「ムリ、ムリ」と口にして、誰も助けに行こうとはしませんでした。

乗ってきたクルマに入りゼーゼーと息を整えていると、顔中血まみれの若い警官がふらふらと歩いてきて、乗って来たクルマに乗り、消防のクルマのすぐ横まで移動しました。

警官は、クルマから降りてドアを開けてこちらまで来ると、力のない目つきのまま「助けてください」と泣きそうな声で叫びました。直後に意識を失い、目の前でバターンと倒れました。

血まみれの警官は、右の耳のあたりから顎までざっくりと熊の爪で割かれ、大きな傷口がありました。熊の初手は左手が多いのです。ですから、顔の右側をまともに爪でやられたのでしょう。目玉は飛び出してはいませんでしたが、鼻の半分は取れて位置が変わって捲れ上がってしまっていました。

年上の警官は戻ってきませんでした。てっきり殺されたかと思っていましたが、10分と少ししてから、年上の警官が体を引き摺るようにして歩いて来ました。そして、泣きそうな声でこう口にしました。


詳しくはこちら(抜粋)
https://news.livedoor.com/article/detail/26576637/

【恐怖】鼻が半分取れた血まみれの警察官「助けてください」秋田でクマに襲われ死亡した男性の「壮絶すぎる捜索現場」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
29758669_s
1: 2024/06/13(木) 20:14:20.77
日本人の主食「コメ」の価格が急騰 
https://news.yahoo.co.jp/articles/2de5e89a5f39c83ea30342fe33eff6b6e447dfb1

【悲報】米の値段、半年で約2倍に!良い円安とか言ってたバカ出てこいよの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
27736960_s
1: 2024/06/13(木) 17:16:19.78
 年間20万台以上を販売するなど、一時国内乗用車販売台数1位の常連だったトヨタ自動車の小型車「アクア」に、“異変”が起こっている。2代目発売以降、月間販売台数が4000台レベルにまで落ち込んでいるのだ。いったい何が起こっているのか、小沢なりに冷静に検証してみると、2つの理由が浮かび上がった。

2021年に登場したトヨタ自動車の小型車「アクア」2代目。その売れ行きは、グローバルで累計約187万台を販売した初代と比べると、大きく失速している

 最近、ずっと不思議に感じていることがある。

 2021年に登場した、2代目となるトヨタ自動車の小型車「アクア」が、販売台数で本格的に失速しつつある事実だ。発売から3年目の24年に入り、ますますその存在感が市場で薄くなってきている。

 乗用車の月間販売台数ランキングを見ると、24年1月が17位、2月が18位、3月が19位、4月が13位。23年度に遡ってみても、年間6万6000台で13位。残念ながら、ベスト10以下が定位置となっている。いったい何が起こっているのか。

トヨタの敵は身内にあった

 歴史を振り返ると、10年代はまさに「アクアの時代」と呼ぶにふさわしい売れ行きだった。

 11年末、ハイブリッド専用のコンパクトカーとして登場した初代は、類似したフロントグリルの顔つきから“ミニプリウス”と呼ばれ、注目を浴びた。発売からわずか1カ月後には月販目標の10倍となる12万台を受注した。

 特長は、全長4mと割り切った小型さ、高効率な1.5Lのハイブリッドエンジン、そしてリアシートが狭い分、車重が1.1トン以下とプリウスより数100kgも軽く抑えられていた点だった。

 国内で一般的なJC08モードでの燃費は、当初1リットル当たり35km台で、改良後は37km台とぶっちぎりの良さを誇った。当時のガソリン車としては世界最高レベルの低燃費を誇り、かわいいデザインも手伝って売れに売れまくったのは当然だった。

 13年から15年まで年間20万台以上を維持し、3年連続で国内乗用車販売台数1位を獲得。その後プリウスなどの競合車種に首位を譲ることはあったものの、モデル末期の18年に再び2位を記録し、19年は10万台超え、20年も年間販売台数が6万台を超えるなど好調を維持した。

 初代アクアのグローバル累計販売台数は実に約187万台。すさまじい記録を打ち立てたことからも、2010年代がアクアの時代と評されたことが分かるだろう。

 てっきりその勢いは続き、アクアがプリウスに続く“新たなトヨタ印のハイブリッド車の象徴”になる……。小沢はそう信じていたが、実際はそうはならなかった。

 理由の一つは、トヨタの敵は身内のトヨタにあり、とでも言うべき4代目ヤリスが20年に発売されたことだろう。

 ヤリスは、3代目まで国内では「ヴィッツ」の名称で売られていたコンパクトカーであり、5ドアハッチバックである点はアクアと同じだが、全長がアクアより若干短く取り回しがしやすく、新世代の1.5Lハイブリッドエンジンをアクアより先に搭載するなど差異化が図られた。

 しかもヤリスにはガソリン車があり、1Lタイプの設定もある約150万円からとお手ごろ価格。その点が支持され、レンタカーでの採用も進んだ。結果、20年に登録車年間販売台数でナンバーワンをいきなり記録すると、23年まで4年連続でその座を維持。すっかりヤリスがトヨタ印の定番コンパクトカーとなり、アクアのお株を奪ってしまったのだ。

 厳密にはヤリスのランキングは、1.5Lや1Lのガソリンエンジンモデルや、サイズやデザインが全く違うSUV(多目的スポーツ車)「ヤリスクロス」も含めたトータル販売台数をカウントしたものであり、本来のハッチバックタイプの台数は全体の16万~20万台前後のうちの7万~10万台程度とみられる。ハイブリッド車に限るとさらに半分の3.5万~5万台程度なので、実はアクア(21年は7万2000台、22年は7万2000台)の方が売れている。

 特に22年は、新型コロナウイルス禍の影響でヤリスの販売が振るわず、23年もヤリスがブランド合計19万4000台のところ、アクアは8万台と健闘している。

 しかし、そこまでだった。24年に入ると、アクアは月間販売台数が4000台レベルに失速し、年間で見ても7万~8万台程度の“ポテンヒット”レベルの売れ行きが普通になってしまった。年間20万台以上とぶっちぎりでランキングトップを独走していた面影は、もはや感じられない。ブランド合算で軒並み月間販売台数1万台超をキープし続けるヤリスとは対照的である。

以下ソース
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00661/00017/

トヨタ「アクア」、なぜ失速? ハイブリッド車を取り巻くある事情の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
26348284_s
1: 2024/06/12(水) 22:52:10.30 ● BE:725951203-PLT(26252)
sssp://img.5ch.net/ico/nurupo_ga_1.gif
---------
国立 マンション解体 市が事業者に要請“住民に丁寧な対応を”

東京 国立市内の新築の分譲マンションが引き渡し直前に解体される見通しとなった問題
をめぐり、市は12日事業者に対し、解体工事による影響などを考慮し周辺住民に丁寧な
対応を行うよう文書で要請しました。

国立市中2丁目の分譲マンション「グランドメゾン国立富士見通り」は7月、契約者に引
き渡されることになっていましたが、事業者の「積水ハウス」は「建物の周辺への影響
に関する検討が不十分だった」として6月上旬、事業の中止と解体を決定し、市に届け
出ました。

また永見市長は「条例や法令に基づいて適切に進めてきたが、今回突然、廃止届が出さ
れ、その後問い合わせても文面以上の回答は得られず、きのう突然ホームページ上に文
書が出された。建てるときに住民の不安を踏まえて建物のボリューム感の低減などを指
導してきたが、積水ハウスのやり方は非常に遺憾だ」と述べ、事業者側の今後の対応を
注視していくという考えを示しました。【以下略】
-----------
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240612/k10014478871000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240612/K10014478871_2406121633_0612165635_02_04.jpg

国立市長「積水ハウスの解体決定は唐突で遺憾。今後は解体工事でも住民に配慮しろ」の続きを読む

このページのトップヘ