理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

人類

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
23987277_s
1: 2024/06/14(金) 09:34:19.22 ID:??? T
お買い物は今や、何でもかんでもスマホやクレカでパパッと支払える時代になりました。

もしかしたら「最近はあまり財布を持ち歩かなくなった」という方も多いかもしれません。

確かにキャッシュレス支払いには「わざわざ現金を持たなくていい」 「決済がスムーズ」 「衛生面でリスク回避できる」などのメリットがたくさんあります。

しかしキャッシュレスは便利である反面、あなたの貯金をむしばんでいるかもしれません。

このほど、豪アデレード大学(University of Adelaide)の研究で、あらゆるキャッシュレス支払いは現金払いに比べて、お金の支出額が多くなることが判明したのです。

ただし、この問題はキャッシュレス決済に慣れてくると解消されていくようです。

研究の詳細は2024年5月29日付で学術誌『Journal of Retailing』に掲載されています。


今回の研究チームは「支払い方法」と「消費行動」に関する過去40年以上の研究報告(世界17カ国、計1万1000人以上を調査した71件の研究)をメタ分析しました。

40年前にもキャッシュレス決済があったの? という人もいるかもしれませんが1980年代にはクレジットカードやデビットカードの利用が始まっています。

40年前の研究もあることからわかるように、キャッシュレス決済方法が消費者の支出行動に影響を与えることは古くから知られており、これは「キャッシュレス効果(cashless effect)」と呼ばれています。

今回のメタ分析では、キャッシュレス払いが現金払いに比べ、一貫して消費者の支出額を高くさせていることが判明しました。

またこの効果は、キャッシュレス決済方法の特性からは影響を受けないことが示されていて、スマホアプリやクレジットカード、デビットカードや後払い方式のどれであっても、現金払いよりお金をより多く使っている傾向が見つかりました。


ではキャッシュレス決済だと、支出が増えてしまう理由はなんなのでしょうか?

研究者たちは、この効果が起こる根本的な原因として「支払うことの痛みが減るからだ」と説明しています。

「支払うことの痛み(Pain of paying)」は1996年に初めて提唱された説であり、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

これはごくシンプルな説で、私たちが現金で支払いをするときに「心理的な痛み」を感じているというものです。

現金で買い物をする際、私たちは財布から紙幣や硬貨を物理的に数えて相手に差し出さなければなりません。

人間は自らの損失を避けようとする生き物ですが、現金払いだと実際に形あるお金が自分の手から離れていく様を目にする必要があります。

これが「心理的苦痛」というネガティブ感情を引き起こすのです。

しかも、現金払いにおける「支払うことの痛み」は何も比喩的な例えではありません。

米ボストン大学(Boston University)が2017年に、現金払いをする消費者の脳活動をfMRI(機能的磁気共鳴画像法)を用いてリアルタイム観察したところ、心理的不快感の経験に関連する脳領域が実際に活性化することが記録されました(SSRN, 2017)。

つまり、私たちは現金払いをするたびに意識的にせよ無意識的にせよ、心理的苦痛を感じることで、現金払いでは支出を減らしたり、避ける行動につながりやすいのです。

これと対照的に、キャッシュレス払いはデータ上だけのやりとりなので、自分がどれくらい払っているかの実感が湧きづらくなっています。

そこではスマホやクレカをパッとかざすだけで決済が完了するので、形あるお金が手元から離れる様を見ることもありません。

こうしてキャッシュレス払いでは「支払うことの痛み」が生じにくくなるために、気が大きくなって、支出もどんどん増えてしまうと考えられるのです。

https://nazology.net/archives/151936

【豪アデレード大学研究】キャッシュレス支払いは現金払いに比べて、お金の支出額が多くなる 「支払うことの痛みが減るから」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
29424364_s
1: 2024/06/14(金) 13:50:13.98
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=78433?site=nli

韓国の2023年の合計特殊出生率(以下、出生率)は0.72(暫定値)となり、2022年の0.78を下回り2015年の1.24を記録して以降、8年連続で過去最低を更新した[図表1]。日本の1.26(2022年)やOECD平均1.58(2021年)を大きく下回る数値だ。2023年に生まれた子どもの数は23万人で、2022年より19,200人減少し、歴代最少を記録した。

【悲報】韓国の出生率.072wwwwwwwwwwwwwwwwwwの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
4554008_s
1: 2024/06/14(金) 23:21:07.19
・人間は全身が粒子で構成されている
・粒子は物理法則で次にどうなるか決まっている
・量子力学のゆらぎもあるが、ランダムなので人の意思とは無関係
・つまり自由意志は存在しない

https://youtu.be/UebSfjmQNvs?si=TynuLo4hQ_B7TkG2

【悲報】物理学者さん「自由意志というものは存在しない。」6万いいねの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pexels-emily-rose-1076056-2062708
1: 2024/06/13(木) 12:13:45.23 ● BE:448218991-PLT(14145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
スポーツ仲裁裁判所(CAS)は12日、競泳で男性から女性へ性別変更したリア・トーマス(米国)による、世界水連が定めたトランスジェンダーの選手を女子のカテゴリーから実質的に締め出す指針の撤回を求めた訴えを棄却したと発表した。AP通信などが報じた。

世界水連は2022年、出生時に男性だったトランスジェンダーの選手は女子よりも有利になるとして、女子カテゴリーへの出場を制限。トランスジェンダー選手の出場を想定した「オープンカテゴリー」を新設した。

トーマスは米国の大学女子のレースで優勝し、賛否を呼んでいた。(共同)

https://www.sankei.com/article/20240613-G5TJLRRZEVOSHD7JVVQRQIH4G4/

トランス「私は女です。女の水泳選手として競技したい」スポーツ仲裁裁判所「却下」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pose_zetsubou_man
1: 2024/06/15(土) 00:23:45.84
40代40.6%
50代55.6%
60代58.0%
https://i.imgur.com/3ZWMIXr.png

【悲報】独身男性、大量に自殺していたの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2456156_s
1: 2024/06/14(金) 07:54:14.413
コロンブスって何したんだよ

コロンブスってどこかの国の英雄だと思ってたんだが違うの?の続きを読む

このページのトップヘ