理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

動物

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
hebi_anaconda
1: 2024/06/15(土) 15:57:35.69 ● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/999991500948658.gif
インドネシアで4人の子どもの母親が行方不明になり、巨大ヘビに丸呑みにされて亡くなった状態で発見された。

【画像】ニシキヘビは数分もかからず人間1人を殺し、1時間もあれば丸呑みしてしまう

AFP通信が報じ、CBSニュースやUSAトゥデイなどのメディアも取り上げている。

亡くなったのはインドネシアの村で暮らしていた45歳の女性。
6月6日夜から姿が見えなくなり、戻らなかったことから捜索を始めたという村長の説明をAFPが伝えている。

捜索していた夫が女性の持ち物を見つけたため、村人たちとあたりを捜したところ、7日に腹部が大きく膨れた全長5メートル近くあるニシキヘビを発見したという。

不審に思った村人たちはヘビを開腹することで合意。
切り開くと、すぐに女性の頭部が確認できたという。女性は衣類を身にまとった状態で見つかった。

行方不明だった4児の母、巨大ヘビに丸呑みにされ発見。腹部が異様に膨らんだヘビを村人が開腹(インドネシア)
https://news.yahoo.co.jp/articles/e11ae8b15c6b2b3545f5d4f6665d3d2f3bcb7d94

【悲報】行方不明だった女性、異様に膨れたヘビの腹から見つかるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pexels-chente8888-18181084
1: 2024/06/11(火) 09:54:19.66 ID:??? T
斜面のすぐ上、警官の背後の笹薮が濃いところからガサガサと音がしたかと思うと、一頭のクマが猛然と突っ込んできたのです。

中型のツキノワグマだと思います。二人の警官がいる、すぐ背後でした。

心の準備もなく声を上げる余裕もなく、誰のことも構わないままその場から逃げました。

「クマだ、クマきた」

誰かが叫んだ声が耳に入りましたが、その時に誰がどのような行動をしたのかなど、正確には記憶していません。ただ逃げるのに必死でした。そこにいた人間は、誰もが我先にと散り散りバラバラに逃げたはずです。

私はすぐに斜面を駆け降りて逃げました。逃げる私のすぐ後ろの藪からガサガサ音がします。てっきり私を襲うためにクマが背後まで来ているのだと思いました。足音がすぐそばまで迫ってきて、「もうダメだ」と思ったら、それは私を追い越して逃げる消防隊員でした。

そのまま荒い息のまま、停めたクルマの中に入りました。二人の警官だけが来ませんでした。

どちらの警官だかわかりませんが、「助けてください~」とか細い声がしました。消防隊らは「ムリ、ムリ」と口にして、誰も助けに行こうとはしませんでした。

乗ってきたクルマに入りゼーゼーと息を整えていると、顔中血まみれの若い警官がふらふらと歩いてきて、乗って来たクルマに乗り、消防のクルマのすぐ横まで移動しました。

警官は、クルマから降りてドアを開けてこちらまで来ると、力のない目つきのまま「助けてください」と泣きそうな声で叫びました。直後に意識を失い、目の前でバターンと倒れました。

血まみれの警官は、右の耳のあたりから顎までざっくりと熊の爪で割かれ、大きな傷口がありました。熊の初手は左手が多いのです。ですから、顔の右側をまともに爪でやられたのでしょう。目玉は飛び出してはいませんでしたが、鼻の半分は取れて位置が変わって捲れ上がってしまっていました。

年上の警官は戻ってきませんでした。てっきり殺されたかと思っていましたが、10分と少ししてから、年上の警官が体を引き摺るようにして歩いて来ました。そして、泣きそうな声でこう口にしました。


詳しくはこちら(抜粋)
https://news.livedoor.com/article/detail/26576637/

【恐怖】鼻が半分取れた血まみれの警察官「助けてください」秋田でクマに襲われ死亡した男性の「壮絶すぎる捜索現場」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pexels-pixabay-416160
1: 2024/06/05(水) 23:54:20.58
日本で飼われている「日本猫」や「和猫」などといわれるネコたち
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240602-00218617-aerakidsp-000-3-view.jpg

(省略)

■日本に来たのは奈良・平安時代?それとも弥生時代?

 私たちの身の回りにいるネコは、イエネコという種で、元々はアフリカにいた野生の「リビアヤマネコ」が家畜化されたものだ。その時期は1万年ぐらい前と考えられている。その後、イエネコは世界の各地に広まり、それぞれの土地で特有の体の特徴を持つようになった。現在は大きく中東・アフリカの集団、ヨーロッパ・アメリカの集団、アジアの集団の三つに分けられるという。

 イエネコが日本にいつごろ入ってきたかについては、昔の書物や遺跡から見つかる骨などから、これまでは、8~9世紀、奈良時代から平安時代にかけてだろうといわれてきた。書物でいうと奈良時代の初めに成立した『古事記』や『日本書紀』にはネコが出てこないが、平安時代に書かれた『源氏物語』や『枕草子』にはネコが登場することからも、そう考えられる。

 しかし、2007年に、兵庫県姫路市で見野古墳群6号墳(6~7世紀/古墳時代後期)から出土した須恵器という土器の一種に、ネコの足跡らしいものが見つかり、奈良時代より前にイエネコが入ってきた可能性が出てきた。14年には、長崎県壱岐市のカラカミ遺跡から見つかった動物の骨が紀元前2世紀(弥生時代)のイエネコのものと発表され、さらに前に日本に来ていた可能性が示された。

 ただし、カラカミ遺跡の骨や、須恵器の足跡について、本当にイエネコのものか疑問視する研究者もいて、日本のイエネコの来歴は依然、謎に包まれている。

* 日本には野生のネコとして、ツシマヤマネコやイリオモテヤマネコがいるが、これらはイエネコとは別の種。数万年前まではトラやヒョウ、数千年前まではオオヤマネコもいたとされている。

■ゲノム解析が示した答えは「平安時代」

 人や動物の血液や骨などからDNAを取り出し、そこに残されているすべての情報を詳しく調べる「ゲノム解析」から、人や動物がいつごろどこで現れ、どのように広まっていったかを推定することができる。遺伝学者の松本悠貴さん(アニコム先進医療研究所・麻布大学)は、この方法を日本のイエネコにも応用して、来歴の謎解きを一歩進める研究成果を発表した。

 松本さんは、獣医師から血液をもらうなどして日本全国から72匹のイエネコのDNAを集めた。このほかに韓国・中国などからイエネコのDNAデータも入手した。さらに、古代のネコの骨からもDNAを取り出して、これらすべてのゲノム解析を行った。その結果、次のようなことが明らかになったという。

「日本のイエネコは、中国の集団から分かれて入ってきて、最初、九州・沖縄集団が渡来していたことがわかりました。九州以北では約900年前の平安時代にまとまった頭数が入ってきています。弥生時代や古墳時代に来ていたとしても数は限られ、現代のイエネコにつながる祖先とはいえないようです。その後、鎌倉時代になって関西・中部・関東などでも数が増え始め、江戸時代になると増え方が大きくなっていきました。東北北部や北海道へは、他の地域より遅れて広まっていったことが示されました。この結果は、書物などが示す従来の説に近いといえそうですね」

■貴族にかわいがられ江戸時代には家族の一員に

 世界的にみると、収穫した農産物をネズミから守るために飼われ始めたのが、イエネコの起源とされている。日本に入ってきたイエネコについても、弥生時代に来ていたのならば、同様の理由からだと考えられる。飛鳥時代から平安時代にかけて、遣隋使や遣唐使が運んでくる仏教の書物がネズミに食い荒らされるのを防ぐために、船にネコを乗せたともいわれている。そして、平安時代には貴族の愛玩動物として飼われるようになり、珍重された。江戸時代になると、墓に埋葬されたイエネコの骨が見つかっており、家族の一員のように暮らしていたネコがいたこともわかっている。そんなイエネコの来歴について、松本さんはこんな事実も紹介してくれた。

「今回の研究とは離れますが、日本のイエネコはアジアの集団にヨーロッパの集団が混血していることがわかっています。最初にアジアのネコが来て、その後、シルクロードを伝ってヨーロッパのイエネコが入ってきたのでしょう。その時期はよくわかっていませんが、比較的早い時期だったと思われます」

 ペットのネコにも、先祖代々にわたる長く、波乱に富んだ歴史があった。そう考えると、身近なネコがさらにいとおしい存在に見えてくる。(文/上浪春海)

6/2(日) 8:32配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/09f434ec06e8ac8475e11c20efa43f762db1e902

【渡来猫】ネコの“祖先”はいつ日本にやってきた? ゲノム解析が示した答えは「平安時代」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pexels-diego-muller-21899-97806
1: 2024/04/28(日) 05:38:12.35
無音
フォルムかっこいい
適切な距離を取ってくる
害虫食べる

もうちょっと評価されるべきでは

「トンボ」とかいう人間のために生きてる虫の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pexels-magda-ehlers-pexels-3822815
1: 2024/05/23(木) 12:18:43.22
 記録的な熱波が続くメキシコで、野生のサルが脱水症状などで木から落ちて死んだとの報告例が相次いでいる。AP通信によると、メキシコ湾岸沿いの南東部タバスコ州では5月16日以降、少なくとも138匹のホエザルが死んでいるのが見つかった。

 ホエザルは中南米の熱帯の森林に生息する。ほえるような大きな鳴き声が特徴で、樹上で生活する。地元の生物学者はAP通信に、死んだサルは「重度の脱水症状」で「リンゴのように木から落ちていた」と証言。高温や干ばつ、森林火災による水や食料の不足など、サルの生息環境を脅かす複合的な要因を挙げた。

 タバスコ州は、地元の大学や獣医師らと協力して、ホエザルの生息地に飲み水のおけや食料を置くなどの救助作戦を展開している。

 メキシコは3月半ばから厳しい熱波に見舞われている。気象当局によると、同州を含む13州では今後、最高気温45度を上回る日も予想される。メキシコ全土で干ばつによる水不足も深刻化し、6月の大統領選挙では水へのアクセスも争点の一つになっている。【ニューヨーク八田浩輔】

毎日新聞 2024/5/23 10:13(最終更新 5/23 11:43)
https://mainichi.jp/articles/20240523/k00/00m/030/044000c

サルが木から落ち大量死「重度の脱水症状」 記録的熱波のメキシコの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pexels-rdne-7782075
1: 2024/05/26(日) 22:03:09.45
中国、ブタ肝臓を患者に初移植 経過順調と報道 | 共同通信
https://nordot.app/1167426776404214379

2024/05/26
Published 2024/05/26 21:22 (JST)

肝臓の「異種移植」手術を行う医師ら(安徽医科大第1付属病院の「微信(ウィーチャット)」公式アカウントから、共同)

 【北京共同】中国国営通信新華社は26日、安徽省にある安徽医科大第1付属病院で肝がんの重症患者にブタの肝臓を移植する手術が行われ、成功したと伝えた。患者への肝臓移植は世界初といい、経過も順調に回復している。動物の臓器を人間に移植する「異種移植」は各国で研究が進み、臓器提供者不足の解決策の一つとして期待が高まっている。

 新華社や中国メディアによると、同病院の孫倍成教授のチームが17日、他の大学と協力して71歳男性の手術を実施。肝臓の腫瘍を切除した後、遺伝子操作した雄ブタの肝臓を移植した。(略)

※全文はソースで。

中国、ブタ肝臓を患者に初移植 経過順調と報道の続きを読む

このページのトップヘ