理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スイングバイ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/28(月) 12:27:50.86 ID:CAP_USER.net
小惑星探査機「はやぶさ2」、レーザー高度計による光リンク実験に成功-NASAに次ぐ成果 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151228-00010000-sorae_jp-sctch

images


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2015年12月25日、「はやぶさ2」の地球スイングバイの前後に、レーザー高度計(LIDAR)と地上の衛星レーザー測距局との間で、レーザー光を使った光リンク実験を行い、成功したと発表した。

「はやぶさ2」は12月3日に、「地球スイングバイ」と呼ばれる、地球の引力を使って軌道を変える運用を行い成功。目的地である小惑星「リュウグウ」に向かうための軌道に乗った。

JAXAによると、そのスイングバイ後に、オーストラリアのキャンベラ近郊にある豪州宇宙環境研究センターのストロムロ山局から、「はやぶさ2」のLIDARに向けてレーザー送信を試み、その結果、地球から距離670万kmのところでLIDARはレーザー光を受信し、1way(片道)の光リンクを確立することができたという。

惑星探査機との光リンクの確立には、搭載LIDARと地上のレーザー局の技術に加えて、精密な軌道予測と姿勢制御が必要。「はやぶさ2」の1wayリンク確立は、2005年の米国の水星探査機「メッセンジャー」や火星探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤー」などとともに希少な実験成功例としている。

引用元: 【宇宙開発】小惑星探査機「はやぶさ2」、レーザー高度計による光リンク実験に成功 NASAに次ぐ成果

小惑星探査機「はやぶさ2」、レーザー高度計による光リンク実験に成功 NASAに次ぐ成果の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/24(木) 22:01:02.53 ID:CAP_USER*.net
<はやぶさ2>4種類のカメラすべてが正常機能 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-00000070-mai-sctch

ダウンロード


 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日、小惑星「リュウグウ」に向かっている探査機「はやぶさ2」について、到着や観測に欠かせない4種類のカメラすべてが正常に機能しているのを確認できたと発表した。今月3日に実施した方向を変える航行技術「地球スイングバイ」は、地球上空を通過した場所が計画からわずか300メートルしかずれていない高い精度で成功したことも確認したという。

 津田雄一プロジェクトマネジャーは「今後は7000時間イオンエンジンを噴射しなければリュウグウに到着できない。緊張しながらの慎重な運用になる」と話した。【斎藤広子】

引用元: 【科学】<はやぶさ2>4種類のカメラすべてが正常に機能 「地球スイングバイ」は高い精度で成功

<はやぶさ2>4種類のカメラすべてが正常に機能 「地球スイングバイ」は高い精度で成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/14(月) 12:30:29.41 ID:CAP_USER.net
JAXA | 小惑星探査機「はやぶさ2」の地球スイングバイ実施結果について
http://www.jaxa.jp/press/2015/12/20151214_hayabusa2_j.html


 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、地球スイングバイ後の小惑星探査機「はやぶさ2」の軌道の計測と計算を行い、「はやぶさ2」が目標としていた軌道上を順調に航行していることを確認しましたのでお知らせします。

 「はやぶさ2」は、平成27(2015)年12月3日(木)の夕方から夜にかけて地球スイングバイを実施し、19時08分(日本時間)に地球に最接近、ハワイ諸島付近の太平洋上空約3,090kmを通過しました。地球スイングバイによって軌道を約80°曲げ、スピードは秒速約1.6km上がって秒速約31.9km(太陽に対する速度)となり、目標としていた数値を達成しました。NASA深宇宙ネットワーク局、ESA(欧州宇宙機関)深宇宙ネットワーク局の支援を受けた探査機運用により、現在「はやぶさ2」の状態は正常であることを確認しています。


津田プロジェクトマネージャよりみなさまへ

「すべての関係者の皆様、運用を見守っていただいた皆様に、感謝申し上げます。「はやぶさ2」に携わるメンバー全員力を合わせ、挑戦の航行を続けます。小惑星探査機「はやぶさ2」はスイングバイにより軌道エネルギーを獲得し、これより地球を離れます。進路「Ryugu(リュウグウ)」。それでは地球の皆さん、行って参ります。」

続きはソースで

ダウンロード (2)


引用元: 【宇宙開発】小惑星探査機「はやぶさ2」の地球スイングバイ実施結果について JAXA

小惑星探査機「はやぶさ2」の地球スイングバイ実施結果について JAXAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/02(水) 08:20:07.49 ID:CAP_USER*.net
すごい!完璧な飛行!! 小惑星探査機「はやぶさ2」、第3回軌道補正マヌーバは実施せず 2回目までで十分な軌道精度に (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151202-00010000-sorae_jp-sctch

ダウンロード


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2015年11月30日、小惑星探査機「はやぶさ2」の地球スイングバイに向けた、軌道補正マヌーバの3回目(TCM3)を行わないことに決定したと発表した。

「はやぶさ2」は現在、地球に近付くように飛ぶ軌道に乗っており、今月3日に最接近し、地球の引力を利用して軌道を変える「地球スイングバイ」を実施する。この地球スイングバイによって、太陽に対する「はやぶさ2」の速度は、約30.3km/sから約31.9km/sに増速し、目的地である小惑星「リュウグウ」に向けて、航行コースを変える。

スイングバイを行うためには、事前に正確な軌道に入っている必要があり、JAXAではそのための軌道修正を実施した。1回目は11月3日(TCM-1)、2回目は11月26日(TCM-2)に行われたが、TCM2後の精密軌道決定の結果、地球スイングバイを行うにあたっては現在の軌道で問題ないことが確認されたため、3回目(TCM3)は実施しないことに決めたという。

「はやぶさ2」は2014年12月3日に打ち上げられ、現在まで順調に航行を続けている。2018年の6月、7月ごろに目的地である小惑星「リュウグウ」(1999 JU3)に到着する予定で、約1年半にわたって探査活動を行い、2019年11月、12月ごろに出発。そして2020年の11月、12月ごろに地球に帰還する計画となっている。

引用元: 【科学】すごい!完璧な飛行!! 小惑星探査機「はやぶさ2」、第3回軌道補正マヌーバは実施せず 2回目までで十分な軌道精度に

すごい!完璧な飛行!! 小惑星探査機「はやぶさ2」、第3回軌道補正マヌーバは実施せず 2回目までで十分な軌道精度にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/28(土) 18:18:15.81 ID:CAP_USER.net
「はやぶさ2」が地球撮影 300万キロかなたから
47NEWS 2015/11/28 13:18 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015112801001352.html

ダウンロード


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日までに、小惑星「りゅうぐう」を目指して飛行中の探査機「はやぶさ2」が地球を撮影した画像を公開した。

JAXAによると、26日午後0時46分に、地球から300万キロ離れた位置から望遠カメラで撮影。
オーストラリアや赤道付近にかかる雲などが分かる。

続きはソースで

----------
▽関連サイト
JAXA はやぶさ2プロジェクト
「はやぶさ2」の光学航法望遠カメラ(ONC-T)によって撮影した月と地球
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20151127_02/
「はやぶさ2」の光学航法望遠カメラ(ONC-T)によって撮影した月と地球。2015年11月26日撮影。(cJAXA)
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20151127_02/img/HY2_ONCT_20151126_RGB.jpg


引用元: 【宇宙探査】無人探査機「はやぶさ2」が地球撮影 300万キロかなたから[11/28]

無人探査機「はやぶさ2」が地球撮影 300万キロかなたからの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/03(火) 20:41:28.44 ID:???*.net
はやぶさ2 地球の重力利用して進路変更へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151103/k10010293031000.html

 生命の起源に迫ろうと小惑星を目指して飛行している日本の探査機「はやぶさ2」が来月、地球に接近して地球の重力を利用して進路を変える大きな節目を迎えるのを前に、3日から飛行コースを調整する作業が始まりました。

 去年12月に打ち上げられた日本の小惑星探査機「はやぶさ2」は、生命の起源に迫る手がかりとなる物質を探そうと、地球と火星の間で太陽の周りを回っている小惑星「Ryugu」を目指し、飛行を続けています。
現在、地球と同じようなコースで太陽の周りを飛行している「はやぶさ2」は、来月3日、地球に接近して地球の重力を利用して加速する「スイングバイ」と呼ばれる方法で小惑星に向けて大きく進路を変える予定です。
これを前に、神奈川県相模原市にあるJAXA=宇宙航空研究開発機構の管制室では、3日から「はやぶさ2」の飛行コースを調整する作業が始まりました。

 JAXAでは、来月3日までに最大で3回、コースの調整を行い、地球の上空3100キロ付近を通過させることにしています。
JAXAによりますと、地球に接近する際、あらかじめ計算したとおりのコースと速度で通過させなければ、地球の強い重力で進路が曲がりすぎるなどして小惑星に到達できなくなるおそれもあるということです。

 「はやぶさ2」の責任者を務めるJAXAの津田雄一プロジェクトマネージャは「まさに『針の穴を通す』ような難しさで、一つ一つの作業をチームワークで確実にこなし、はやぶさ2を小惑星までしっかりと届けたい」と話しています。
「はやぶさ2」はスイングバイに成功すれば、3年後の2018年に小惑星に到達する予定で、地球への帰還は5年後の2020年と計画されています。

 スイングバイとは
 地球の重力を利用して加速したり進路を変えたりする「スイングバイ」と呼ばれる飛行方法は探査機の燃料を節約できることから、遠くの天体に向かう際に欠かせない技術となっています。
今回の「スイングバイ」で「はやぶさ2」はまず、地球の上空3100キロまで接近しながら地球の重力に引き寄せられます。そして、地球が太陽の周りを進んでいる勢いを借りて加速します。
秒速30.3キロから秒速31.9キロに加速された「はやぶさ2」は進路も変わって地球の軌道より外側を回るだ円軌道に入り、地球と火星の間にある小惑星「Ryugu」へと向かうことになります。

 「スイングバイ」を行うためには、これから1か月の間に飛行コースの細かな調整を行って地球の上空を正確に通過できるようにすることが成否のカギを握ります。

 一方、「スイングバイ」を行う来月3日の当日は、探査機のエンジンを噴射させる必要がなく、「はやぶさ2」は地球の力だけで加速と進路の変更を行うことになります。

 「スイングバイ」は、地球以外の天体でも行うことができ、1977年に打ち上げられたアメリカの探査機、ボイジャー2号は、木星と土星でスイングバイを行って天王星や海王星まで到達しました。

地上から撮影可能か
 「スイングバイ」を行う来月3日は、「はやぶさ2」が地球まで僅か3100キロに迫ることからその姿を地上から撮影できるのではないかと期待が高まっています。
「はやぶさ2」は、地球の北側から近づき、日本時間の3日午後7時7分ごろ、太平洋のハワイ付近の上空で地上からおよそ3100キロまで接近します。

続きはソースで

ダウンロード (2)

引用元: 【科学】はやぶさ2 地球の重力利用して進路変更へ

はやぶさ2 地球の重力利用して進路変更への続きを読む

このページのトップヘ