1: 2016/07/31(日) 08:24:20.03 ID:CAP_USER
産総研:ポータブルなクランプ型精密電流計を開発
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2016/pr20160728/pr20160728.html
http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/press_release/pr2016/pr20160728/photo.jpg


ポイント

•60 Aまでの直流電流をクランプ型センサーで精密に測定できるポータブル電流計を開発
•センサー部での誤差要因を自動検知・補正することで高精度化を実現
• 電気自動車の開発やデータセンターの消費電力モニタリングなどでの利用に期待


概要

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)物理計測標準研究部門【研究部門長 中村 安宏】 応用電気標準研究グループ 堂前 篤志 主任研究員、量子電気標準研究グループ 金子 晋久 研究グループ長と、株式会社 寺田電機製作所【代表取締役社長 寺田 義之】(以下「寺田電機」という)は共同で、60 Aまでの直流電流をクランプ型の電流センサーで精密に測定できるポータブル電流計を開発した。

 電気機器の研究開発や電気設備の運用では電流計測が重要であり、電気配線への取付け・取外しが容易なクランプ型の電流センサーが広く使用されている。しかし、クランプ型の電流センサーは、取扱いが簡便である反面、使用環境の影響を受けて誤差が生じてしまうため、測定精度に限界があった。特に近年、直流による給電(直流給電)が進んでいるが、直流の電流測定の際にその問題は顕著であった。

 今回、新たな構造の直流電流用クランプ型センサーと直流電流計を開発し、測定値の誤差を自動検知・補正する機能を付加して測定精度を大幅に向上させた。さらに、小型化・省電力化を進めて、電池駆動で持ち運び可能な電流計を実現した。

 今回開発した電流計を電気設備の工事現場や電気自動車の開発現場、大規模な直流給電が行われるデータセンターなどで用いることで、容易に高精度な直流電流計測が可能となる。今後、工事現場や開発現場における不具合の早期発見による安心・安全・信頼の向上、データセンターでの電力モニタリング精度向上によるさらなる省エネの推進への貢献が期待される。

続きはソースで

images
 

引用元: 【測定技術】ポータブルなクランプ型精密電流計を開発 高精度な直流電流計測が容易に [無断転載禁止]©2ch.net

ポータブルなクランプ型精密電流計を開発 高精度な直流電流計測が容易にの続きを読む