理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

モジュール

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/13(金) 20:45:41.67 ID:???.net
掲載日:2015年3月12日
http://www.sorae.jp/030809/5464.html

画像
Image credit: 中国航天科技集団公司
http://www.sorae.jp/newsimg15/0311cz-5.jpg

 中国航天科技集団公司は3月11日、中国の新世代ロケットのひとつである「長征五号」の姿を公開した。これまで想像図や模型などは公開されていたが、実機が公開されたのは初めてのことになる。長征五号は地球低軌道に最大25t、静止トランスファー軌道に最大14tの衛星を打ち上げることができる能力を持ち、宇宙ステーションのモジュールや大型の月・惑星探査機などの打ち上げに使うことが計画されている。

 中国は現在、長征二号、三号、四号に代わる、新しい長征ロケット・シリーズとして、長征五号、六号、七号、九号、十一号を開発している。このうち長征五号、長征六号、長征七号はモジュラー式を採用しており、それぞれの第1段やブースターの各機体に設計を共通化したものを使うことで、信頼性の向上やコストダウンを図っている。

 長征五号は、大型の人工衛星を中心に、有人宇宙ステーションのモジュールや、月以遠に探査機や宇宙船を打ち上げられる能力を持つ。またブースターの装着数の違いや、第2段を装備するか否かで打ち上げ能力を柔軟に変えることができ、その構成ごとに長征五号甲、乙、丙、丁といったヴァリエーションが用意されている。打ち上げの能力は地球低軌道に最大で25t(長征五号乙)、静止トランスファー軌道には最大14t(長征五号E)で、欧州のアリアン5やロシアのプロトン、アメリカのデルタIV、アトラスV、ファルコン9、また日本のH-IIBなどと対抗する機体となる。

 今回公開されたのは長征五号乙で、K3-1ブースターを4基持ち、第2段を搭載しない、宇宙ステーションのモジュールなど、地球低軌道への大質量の衛星の打ち上げに特化した機体である。全長は約54m、コア部分の直径は5.2mで、地球低軌道に25tの打ち上げ能力を持つ。また現在、新しい宇宙ステーションの「天宮二号」の開発が進められており、今回公開された長征五号乙を使って打ち上げられるものと考えられる。

 長征五号の第1段には、液体酸素/液体水素を使用するYF-77ロケットエンジンが2基装備され、その周囲に液体酸素/ケロシンを使用するYF-100ロケットエンジンを持つブースターを装備する。またブースターにはK3-1とK2-1の2種類があり、K3-1のほうが大きく、YF-100ロケット・エンジンを2基装備しており、一方のK2-1はYF-100を1基のみ装備する。これらの装着数などを変えることで、打ち上げたい衛星に、より柔軟に合わせることが可能となっている。

 YF-100は二段燃焼サイクルを採用したエンジンで、ソヴィエト連邦で開発されたゼニート・ロケットの第2段ロケット・エンジンRD-120を参考に設計されたものであるといわれている。RD-120は非常に高度な技術で造られており、仮に実物が目の前にあったとしても、そう簡単にコピーできるものではない。コピーできたという事実は、それだけで中国のロケット技術の高さを示している。

続きはソースで

00


<参照>
新一代运载火箭长征五号组装完毕整体亮相_中国航天科技集团公司
http://www.spacechina.com/n25/n144/n206/n133097/c869924/content.html

引用元: 【宇宙開発】中国、新世代ロケット「長征五号」を初公開

中国、新世代ロケット「長征五号」を初公開の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/06(金) 12:47:18.08 ID:???.net
中国の宇宙ステーション 2018年打上げ、2022年竣工を予定--人民網日本語版--人民日報
http://j.people.com.cn/n/2015/0305/c95952-8858004.html

画像
http://j.people.com.cn/NMediaFile/2015/0305/FOREIGN201503051515000123879720940.png


全国人民代表大会代表、中国有人宇宙船システムチーフデザイナーの張柏楠氏によると、中国の宇宙ステーションは2018年に打上げられ、2022年にほぼ竣工する予定だ。新華網が伝えた。

張氏によると、宇宙ステーションの建設で困難になるのは軌道上の長期飛行だ。これにはドッキング、推進剤の補給などの技術が必要だ。
宇宙ステーションは現在、人類の宇宙での長期的な生活に関する問題を解消しようとしている。開発中の宇宙ステーションは、複数のモジュールを組み合わせて運行することになり、そこに国内外の科学者を収め、さまざまな実験を行うことになる。張氏は、「人類が宇宙で長期滞在するためには、居住を長期的に維持できる環境が必要だ。これが生命維持システムで、二酸化炭素の吸収、尿の回収利用、呼吸による水蒸気の回収などが含まれる」と述べた。

続きはソースで

2

(編集YF)

引用元: 【宇宙開発】中国の宇宙ステーション 2018年打上げ、2022年竣工を予定 「生命維持システム」の試験を行う

中国の宇宙ステーション 2018年打上げ、2022年竣工を予定 「生命維持システム」の試験を行うの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/26(木) 06:41:07.68 ID:???.net
露宇宙庁、国際宇宙ステーションから2024年に離脱、独自のステーション建造へ (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150225-00010000-sorae_jp-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/im_siggv5MSbIfMnqeFpe73mMnpjw---x600-y382-q90/amd/20150225-00010000-sorae_jp-000-2-view.jpg


 ロシア連邦宇宙庁は2月24日、国際宇宙ステーション計画から2024年に離脱し、その後はロシアが保有するモジュールのうち3つを分離させ、それらを基にロシア独自の宇宙ステーションを建造し、将来の深宇宙探査に向けた足がかりにするとの方針をまとめたと発表した。

 また、月探査にも力を入れ、無人探査を行った後、2030年代中に人間を送り込むことを目標とする方針も示されている。

 これらの方針は、今後の有人宇宙計画について話し合う会議の中でまとめられたもので、今後産業界のトップも交えた会議の中で、最終的に決定されるという。

 発表によれば、国際宇宙ステーションから分離されるのは、多目的実験モジュール(MLM、愛称「ナウーカ」)と、ウズラヴォーイ・モジュール(UM)、科学・電力モジュール(NEM)の3つだという。これらはまだ地上で開発中であり、現時点で2017年以降に打ち上げられる予定となっている。

 ロシアではかねてより、国際宇宙ステーションから撤退し、独自の宇宙ステーションを持つことを検討し続けてきている。またドミートリィ・ロゴージン副首相が、ウクライナ問題を巡る米露の対立を背景にし、「2020年以降はISSに参加しない」と表明したこともあった。

 国際宇宙ステーションは現在、2020年まで運用が行われることで合意ができているが、米国は昨年はじめ、2024年から最大で2028年まで延長したいとの意向を示している。

続きはソースで

no title


引用元: 【宇宙開発/政治】露宇宙庁、国際宇宙ステーションから2024年に離脱、独自のステーション建造へ

露宇宙庁、国際宇宙ステーションから2024年に離脱、独自のステーション建造への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/06(金) 14:19:25.65 ID:???*.net
ISSきぼう:ブラジルの超小型衛星を放出 有料で初
【毎日新聞】 2015/02/06 10:33(最終更新 02/06 11:25)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」からブラジルの超小型衛星を宇宙へ放出することに成功したと発表した。JAXAが公募した有料による放出枠を利用した初のケースという。

放出したのは、ブラジル国立宇宙研究所などが開発した1辺10センチの技術実証衛星「AESP14」。
JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で開発に参加した研究者らが見守る中、同日午後9時50分に放出された。

JAXAは昨年4月、きぼうからの放出やH2Aロケットへの相乗りを希望する衛星について、研究を目的にした従来の無料枠に加え、試行的に有料枠を設けた。きぼうからの放出は10センチ級で300万円と、ロケット相乗り(2700万円)より安い。

続きはソースで

【大場あい】

ソース: http://mainichi.jp/select/news/20150206k0000e040192000c.html
画像: http://mainichi.jp/graph/2015/02/06//20150206k0000e040192000c/image/001.jpg
 (国際宇宙ステーションの日本実験棟から放出されたブラジルの超小型衛星(中央)=JAXA、NASA提供)

プレスリリース:
ブラジルの宇宙機関が開発した超小型衛星を放出しました
http://iss.jaxa.jp/kiboexp/news/150205_aesp14.html

引用元: 【科学】ISS「きぼう」からブラジルの超小型衛星を放出、有料枠で初 - JAXA [15/02/06]

ISS「きぼう」からブラジルの超小型衛星を放出、有料枠で初 - JAXAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/14(金) 14:04:35.27 ID:???*.net
白色の太陽電池モジュール、スイス企業が製造方法を開発
【AFPBB News】 2014/11/14 12:00

【11月14日AFP】建物の外壁と調和し、存在がほぼ分からなくなる白色の太陽電池モジュールを製造する方法を開発したと、スイスの開発研究企業が前月、発表した。

応用研究を行っている非営利企業「スイス・エレクトロニクス・マイクロテクノロジー・センター(Swiss Center for Electronics and Microtechnology、SCEM)」によると、同社はセルや接続部が目立たない白色の太陽電池モジュールを製造可能な新技術を開発したという。「過去数十年間、建築家たちは太陽光発電の部品の色をカスタマイズし、建物の外観と調和する方法を求めてきた」と、同社は声明で述べた。

SCEMによれば、太陽光の吸収を最大化するために設計されたごく一般的な濃い青色の太陽電池モジュールの問題は、「視覚的に美しくない」見た目だった。

上品さと汎用性を兼ね備えていることから人気の高い白色だが、光を吸収するよりも反射する傾向があるところが難題だったとSCEMは述べる。

この問題を解決するため、SCEMは太陽の赤外線を電力に変換する太陽電池技術を採用し、「赤外線を通す一方で、可視スペクトル全域を反射する」特殊なフィルターと組み合わせた。この手法を用いれば、結晶シリコンの太陽発電技術を用いて、純白を含めどのような色の建物にも境目なく調和するモジュールを作ることができるという。

■ノートパソコンや車への応用、動作温度が低い利点も
「この技術は既存のモジュールの上に適用することもできれば、製造中の新規モジュールに組み込むこともでき、平面にも曲面にも利用可能」とSCEMは述べる。また、建物の他にも、ノートパソコンや自動車産業、家電製品への応用でも「かなりの注目」を集めることを見込んでいる。

審美的な魅力に加え、白色の太陽電池は他にも利点があるという。反射される可視光線は熱の原因にはならないため、白色の太陽電池は従来のものと比べて20~30度低い温度で動作することになると、同社は述べた。(c)AFP

ソース: http://www.afpbb.com/articles/-/3030331

引用元: 【科学】白色の太陽電池モジュール、スイス企業が製造方法を開発 [14/11/14]

白色の太陽電池モジュール、スイス企業が製造方法を開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/28(火) 16:20:30.54 ID:???0

★ライブでISSへの地球カメラ設置を中継 カナダのUrtheCast
2014.1.28 10:08

1月27日月曜日、午前6時10分(太平洋標準時、午後2時10分GMT)から国際宇宙ステーション(ISS)のロシア側モジュールにUrtheCastの2基の地球イメージングカメラが設置され、その模様がwww.urthecast.com/spacewalk上でストリーム送信される。

オレグ・コトフ、セルゲイ・リャザンスキーの両宇宙飛行士が、1月27日にスペースウォークを行い、Urthecastのカメラを再設置する。UrtheCastのカメラは、2013年12月27日のスペースウォークで設置され、撤去された。

UrtheCastは2基のカメラ設置後、地球のウルトラHDビデオをデビューさせるためカメラの調整を始める予定。

詳細はwww.urthecast.com 

▽UrtheCast Corp.について
UrtheCast Corp.はカナダ・バンクーバーに本社のある技術企業で、宇宙からフルカラーで地球のウルトラHDビデオをストリーム送信する世界初のフィードを開発している。

UrtheCastは、世界中の有名な航空宇宙パートナーと協力し、ISSのロシア側モジュールに2基のカメラを設置、操作するため、これらを製作し、打ち上げた。カメラで捉えたビデオや画像は、宇宙をわたって地上ステーションにダウンリンクされ、UrtheCastのウェブ・プラットフォーム上に表示されたり、パートナー、カスタマーに配信されたりする。

UrtheCastのカメラは地球の高解像度ビデオと画像を提供し、環境、人道援助、ソーシャルイベント、農耕地などのモニターに使用できる。UrtheCastの普通株はトロント証券取引所(ティッカーUR)で取引されている。

3

http://www.sankeibiz.jp/business/news/140128/prl1401281008008-n1.htm



ライブでISSへの地球カメラ設置を中継 カナダのUrtheCastの続きを読む

このページのトップヘ