理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

大陸

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/14(木) 07:33:36.92 ID:CAP_USER
南アジアで巨大地震の可能性、最大でM9.0 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/071200261/


 インド亜大陸の北東部とユーラシア大陸との衝突は現在も続いており、それによってバングラデシュを中心とする南アジアの人口密集地帯で巨大地震が起きる危険があることが、新たな研究によって明らかになった。

 研究ではバングラデシュに多数設置しているGPS追跡装置のデータを初めて活用し、時間をかけて分析を進めてきた。その結果、一帯の地震活動がどれほど活発か、またその理由についての議論が一気に前進した。

 今回の研究成果が正しいとすれば、1億4000万人以上が住むこの地域の真下に巨大活断層があることになる。地質学的に見れば、2011年に日本でマグニチュード9.0の壊滅的な地震を起こしたものと同じ種類の活断層だ。(参考記事:「3.11津波、巨大化の原因は滑りやすい粘土層であることを解明」)

 さらに、この活断層は動きが止まっていて、1600年代初期にムガール帝国がバングラデシュのダッカを州都とした頃から400年以上にわたって応力が蓄積していることが考えられる。

 つまり、地殻活動にともなって幅200キロ以上にわたる地域が跳ね上がる可能性があると、研究者らは科学誌『ネイチャー・ジオサイエンス』で警告している。もし断層全体が一度に崩壊すれば、最大でマグニチュード9.0の地震が発生するおそれがあるが、この地域は地震に対して無防備なため、きわめて大きな被害が生じるかもしれない。

 しかし、本当に断層が崩壊するのか、あるいはいつ崩壊するのかは、研究者たちにもわからない。「実際にこの一帯が一度の地震で滑ることになるかどうかは誰にもわかりません」と、インド国立地球物理研究所の地質学者でこの一帯の地震に詳しいビニート・ガハラット氏は言う。「データが足りないので、それを証明することも反論することもできないのです」(参考記事:「3.11地震の火山への影響を百年後まで試算してみた 」)


蓄積されるエネルギー

 インド亜大陸とユーラシア大陸との衝突は4000万年以上にわたってゆっくり起きている。衝突によって隆起したのがヒマラヤ山脈だ。この山脈は今も成長を続けている。

 山脈が浸食されると、その土砂は世界有数の大河であるガンジス川やブラマプトラ川に運ばれ、1年に10億トンというペースでベンガル湾に流れこむ。

 何百万年にわたって堆積した土砂によって、バングラデシュ沿岸の大陸棚は400キロほど広がった。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【地震学】南アジアで巨大地震の可能性、最大でM9.0 バングラデシュの無防備な人口密集地帯を破壊するおそれ [無断転載禁止]©2ch.net

南アジアで巨大地震の可能性、最大でM9.0 バングラデシュの無防備な人口密集地帯を破壊するおそれの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/11(月) 17:55:35.46 ID:CAP_USER
3万年前の航海再現へ=草舟、13日にも出発―沖縄・与那国島から西表島に (時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160711-00000083-jij-sctch
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160711-00000083-jij-000-4-view.jpg


 日本人の遠い祖先による約3万年前の航海を再現しようと、人類学者や考古学者、探検家らの研究チームが草舟2そうを作り、沖縄県・与那国島で11日、報道陣に公開した。帆はなく、かいのこぎ手が1そうにつき7人乗り込んで、13日朝にも出発する。三十数時間後に75キロ離れた西表島に到着する予定。

祖先、いつ日本に?=アフリカ起源説で浮上-草舟航海

 草舟は長さ6.4メートル、幅1.3メートル程度。こぎ手は両島の住民が中心で、平均約35歳。一方の舟のキャプテンを務める与那国島の居酒屋経営、入慶田本竜清さん(33)は「いろんなトラブルが起きると思うが、適切な判断ができるようにしたい」と話した。

 現地は強風が続いており、出発は海の状況次第。安全確保のためチャーター船が伴走する。

 沖縄には約3万年前までに現生人類(ホ◯・サピエンス)が定住していたことが、遺跡調査で分かっている。海部陽介・国立科学博物館人類史研究グループ長らはユーラシア大陸と地続きだった台湾から沖縄の島々へ舟で渡ったとみて、実際に可能か試すことにした。成功すれば来年7月、台湾から黒潮を越えて与那国島に渡る航海に挑む。

 当時の舟は遺跡から見つかっておらず、研究チームは丸木舟や草舟、竹のいかだなどを当時の技術や材料で作れたか検討。草舟の可能性が高いと考え、与那国島に自生する丈夫な草「ヒメガマ」を刈り取り、つる草で束ねて舟を作った。

 国立科学博物館は航海実現のため今年春にインターネットで募金を呼び掛け、約870人から計約2600万円が集まった。 

 
images (2)

引用元: 【考古学/人類学】3万年前の航海再現へ=草舟、13日にも出発―沖縄・与那国島から西表島に [無断転載禁止]©2ch.net

3万年前の航海再現へ=草舟、13日にも出発―沖縄・与那国島から西表島にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/18(月) 02:56:42.08 ID:CAP_USER*.net
ネアンデルタール人絶滅は人類の病気のせい?
http://www.cnn.co.jp/fringe/35081301.html

(CNN) 約4万年前にネアンデルタール人が絶滅したのは、アフリカ大陸から移住してきた人類がもたらした熱帯性疾患が原因だった可能性があると、英ケンブリッジ大学の研究者らが自然人類学の学会誌で報告した。

論文の筆頭著者である同大学のシャーロット・ホルドクラフト氏は「アフリカ大陸から移住してきた人類は多くの熱帯性疾患を抱えていた」と指摘。
ユーラシア大陸に住んでいたネアンデルタール人がアフリカから持ち込まれた新しい病原菌にさらされ、壊滅的な影響を受けた可能性があると述べた。

ケンブリッジ大と英オックスフォード・ブルックス大学の研究者は、古代の骨から採取されたDNAや病原体ゲノムを解析。
感染病の一部は従来考えられていたよりも数千年単位で前から存在していたと可能性があるとの結論を下した。

続きはソースで

ダウンロード
CNN:2016.04.16 Sat posted at 15:06 JST

引用元: 【国際/歴史】ネアンデルタール人絶滅は人類の病気が感染のせい? 英ケンブリッジ大学の研究者

ネアンデルタール人絶滅は人類の病気が感染のせい? 英ケンブリッジ大学の研究者の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/14(日) 15:36:11.89 ID:CAP_USER.net
南極に住むアデリーペンギン約15万羽が、居住地が巨大な氷山に阻まれて餌を捕るために海に出られなくなったことが原因で死亡した。

images


オーストラリアとニュージーランドの研究者が2月2日に発表した研究結果で明らかになった。ペンギンたちは海に出るまでに往復約120kmも移動しなければならなくなっているという。テレグラフ紙などが報じた。

研究によると、この氷山は約20年に渡って南極大陸のコモンウェルス湾に浮かび、「B9B」と呼ばれている。
B9Bの面積は推定2900平方キロメートル。ガーディアン紙によると、ローマ市とほぼ同じ広さに相当する。

この氷山が2010年12月、強風の影響で南極のデニソン地区付近の海岸に衝突。デニソン地区にいたよちよち歩きのペンギンたちの前に立ちはだかった。

続きはソースで

http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/13/150000-penguins-killed_n_9224708.html

Giant iceberg decimates Adelie penguin colony at Cape Denison
https://www.youtube.com/watch?v=6DHOZ0gXwf8



南極大陸・コモンウェルス湾
https://goo.gl/maps/Qn8wKUGon7w

巨大な氷山が目の前に
http://i.huffpost.com/gen/3996870/thumbs/o-INTREPID-SCIENCE-570.jpg

コモンウェルス湾の衛星写真。デニソン地区とメルツポリニヤと呼ばれる海氷生成域の間に、
巨大氷山「B9B」がある。(2013年12月15日、NASA-MODIS撮影 Dr Jan Liester, AAD)
http://i.huffpost.com/gen/3996868/thumbs/o-CONY-570.jpg

引用元: 【生物】ペンギン15万羽が南極大陸で一斉に死亡 巨大氷山に阻まれて餌場の海に出られなくなったため

ペンギン15万羽が南極大陸で一斉に死亡 巨大氷山に阻まれて餌場の海に出られなくなったための続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/25(月) 21:01:57.85 ID:CAP_USER.net
<寒波>偏西風蛇行、沖縄上空にまで (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00000085-mai-sctch
偏西風が蛇行、寒気一気に南下…西日本大雪 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00050011-yom-sci


 25日も各地で観測史上最低気温を更新するなど九州・山口地方は厳しい冷え込みが続いた。
福岡管区気象台は今回の記録的な寒さは、偏西風の蛇行で大陸の強い寒気が沖縄上空にまで流れ込んだことが原因としている。

 冬場には西高東低の気圧配置で大陸の寒気が日本列島の上空に流れ込む。
今回はこの冬型の気圧配置が強まった上に、通常はシベリアから日本付近を通る偏西風が、北極圏付近から日本列島南側へと大きく蛇行。
西日本の上空約1500メートルを氷点下15度以下の寒気が覆い、1977年以来の寒波となった。

 これにより、例年0度~氷点下4度の九州上空の気温は、24日午後9時時点で九州南部が大雪の目安とされる氷点下12度、沖縄上空も氷点下6度にまで下がった。

 九州大大学院理学研究院の川村隆一教授(気象学)によると、今回の現象は、北極圏での寒気の蓄積と偏西風の蛇行が重なる「北極振動」とみられる。
「暖冬をもたらしているエルニーニョ現象は昨年末がピークだったが、九州近海の水温が高めで寒気を湿らせたことも大雪となった要因と考えられる」としている。【山崎あずさ、関東晋慈】

images (2)
 

引用元: 【気象学】西日本大雪 今回の現象は、北極圏での寒気の蓄積と偏西風の蛇行が重なる「北極振動」とみられる

西日本大雪 今回の現象は、北極圏での寒気の蓄積と偏西風の蛇行が重なる「北極振動」とみられるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/04(水) 21:40:18.59 ID:???.net
南極大陸の氷、「実は増加していた」 NASA (CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151104-35072954-cnn-int

ダウンロード (1)


(CNN) 南極大陸で年々失われていく氷よりも、増えている氷の量の方が多いとの研究結果を、米航空宇宙局(NASA)のチームがこのほど発表した。事実ならば、南極氷床の融解が海面上昇につながっているという従来の説は覆される。

NASAのチームは南極氷床の高さを人工衛星から計測したデータを調べ、その変化の様子から結論を導き出した。

南極大陸は米国とメキシコを合わせたほどの面積。氷の増減は大陸全体で一律に起きているわけではない。南極半島を含む西南極の一部で氷床の融解が進む一方、東部や内陸部の一部で氷が増加傾向にあることは、かねて指摘されていた。今回の研究では、この増加分が減少分を上回ることが明らかになったという。

氷が増加しているのは、1万年前から続く降雪の増加が原因とみられる。雪は年月を経て積み重なり、圧縮されて氷となる。

チームによれば、こうして1992~2001年には年間1120億トンの氷が新たに加わった。02~08年はペースが下がり、年間820億トンの増加となった。

過去10年以上にわたる研究では、南極大陸やグリーンランド、世界各地の氷河から溶け出した氷が、海面の上昇を引き起こしているとされてきた。西南極の氷床が融解すると、地球の海面は約3メートル上昇するといわれている。しかし新たな研究結果では、南極大陸は差し引き計算すると全体として氷が増えているため、海面上昇の要因ではないことになる。

これは必ずしも喜ばしい結果とは言えない。グリーンランドで起きている融解などの影響が、従来の推定より大きいことを意味している可能性もあるからだ。

また研究チームの指摘によれば、西南極での氷床融解は次第に加速している一方、氷の増加傾向は近年緩やかになってきた。そのため今後20年のうちに、減少分が増加分を上回ることが予想されるという。

引用元: 【統計/気候学】南極大陸の氷、「実は増加していた」 NASA

南極大陸の氷、「実は増加していた」 NASAの続きを読む

このページのトップヘ