理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

天体望遠鏡

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/05(火) 17:54:16.66 ID:CAP_USER.net
太陽が3つある不思議な惑星「KELT-4Ab」、685光年先に発見 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160405-00010001-sorae_jp-sctch


私たちの頭上に昇る太陽は1つ。地球が太陽の周りを自転しながら回っているから、当然ですよね。しかし、広い宇宙の中には「太陽を3つ持つ惑星」があるというのです。上のイメージ図はこの惑星付近の月からみた惑星と、3つの太陽です。なんとも幻想的な光景ですね! 今回はそんな不思議な惑星についてご紹介したいと思います。
 
3つの太陽を持つことが発見されたのは、685光年離れた獅子座に位置する惑星「KELT-4Ab」。このKELT-4Abが位置する惑星系「KELT-4」には、以前までは2つの恒星があると思われていました。しかし太陽系外惑星を探すKELTプロジェクトや複数の天体望遠鏡による観測により、1つだと思われていた恒星は実は2つだったと判明したのです!
 
3つの恒星のうちの1つ、「Kelt-4A」は太陽の質量の1.2倍を持ち、その他は太陽の0.65倍程度の重さです。2つの小さな恒星はKelt-4Aから328天文単位(太陽から地球の距離の328倍)を、4,000年かけて公転しています。また、お互いを30年かけて回転します。
 
そして、KELT-4Abは木星直径の1.7倍と大きな惑星で、大きな恒星の非常に近くを公転しています。1年の長さは地球換算でたったの3日で終わるんだとか! また、この星から見る恒星は地球から見る太陽の40倍の大きさに見えます。さらに大きな恒星の近くにいるせいか、その大気は非常に膨張して複雑な様相を見せています。
 
このように、太陽系外の惑星はそれぞれ違った、しかし興味深い特徴を持っています。こんなにバリエーションに富んだ惑星が宇宙にたくさんあるのなら、そのうちの1つや2つには宇宙人がいるかも…なんて思わず想像してしまいますね!

images (3)
 

引用元: 【天文学】太陽が3つある不思議な惑星「KELT-4Ab」、685光年先に発見

太陽が3つある不思議な惑星「KELT-4Ab」、685光年先に発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/28(日) 23:21:07.55 ID:???.net
白昼の「土星食」撮った 川崎市の科学館


月が土星の前を横切って土星の姿を隠す「土星食」が28日昼に起きた。
明るい時間帯のために観測が難しかったが、かわさき宙と緑の科学館(川崎市多摩区)では、月面の縁から姿を現す土星が天体望遠鏡で捉えられた。

日本で土星食が見られるのは2007年以来、7年ぶり。
土星は正午すぎに月の陰に隠れ、午後1時以降に再び姿を見せた。
国立天文台によると、昼のため肉眼では見ることができないという。

川崎市はよく晴れており同科学館では午後1時半すぎ、月から出た土星をわずかな時間だけ望遠鏡で見ることができた。
撮影した画像には左右に広がる土星の輪が写し出された。

2014/09/28 20:39 【共同通信】
_________

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014092801001704.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/09/28 20:39配信記事

・画像
川崎市多摩区から観測された土星食。
月の陰から土星が姿を現した=28日午後1時34分ごろ(かわさき宙と緑の科学館提供)
http://img.47news.jp/PN/201409/PN2014092801001723.-.-.CI0003.jpg

引用元: 【天文】白昼の「土星食」撮った 画像には左右に広がる土星の輪/かわさき宙と緑の科学館

白昼の「土星食」撮った 画像には左右に広がる土星の輪/かわさき宙と緑の科学館の続きを読む

このページのトップヘ