理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

海上保安庁

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/03/24(金) 17:33:52.11 ID:CAP_USER
3月24日 15時26分
伊豆諸島の青ヶ島の南にある海底火山「ベヨネース列岩」の付近で、24日、海面が変色しているのが確認され、気象庁は、今後、小規模な海底噴火が発生する可能性があるとして、「ベヨネース列岩」に噴火警報を発表し、周辺の海域では警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、24日正午ごろ、伊豆諸島の青ヶ島の南南東およそ65キロの海域にある海底火山「ベヨネース列岩」の付近で、海面が変色しているのが、海上保安庁の上空からの観測で確認されました。

続きはソースで

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170324/k10010923051000.html
ダウンロード


引用元: 「ベヨネース列岩」に噴火警報 伊豆諸島・青ヶ島の南の海底火山[03/24] [無断転載禁止]©2ch.net

「ベヨネース列岩」に噴火警報 伊豆諸島・青ヶ島の南の海底火山の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/19(水) 17:32:15.58 ID:CAP_USER9
海上保安庁は19日、噴火活動を平成25年11月から繰り返していた小笠原諸島・西之島(東京)に
上陸し、海岸や海底の様子を調べる水路測量を実施すると明らかにした。調査は22日~11月10日で、早ければ半年ほどで海図を作製する。

海保によると、西之島は9月の観測時点で約1900メートル四方の範囲に広がっている。陸地の面積は約2.68平方キロメートル(東京ドーム約57個分)と噴火前の約12倍となり、海図ができれば領海と排他的経済水域(EEZ)の合計が約50平方キロメートル拡大する見通し。

続きはソースで

ソース/産経新聞社
http://www.sankei.com/life/news/161019/lif1610190045-n1.html
ダウンロード


引用元: 【社会】海保が西之島の海図作製へ 面積ドーム57個分に拡大 [無断転載禁止]©2ch.net

海保が西之島の海図作製へ 面積ドーム57個分に拡大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/09/18(金) 18:40:00.88 ID:???*.net
9月18日 18時23分
小笠原諸島の西之島について、海上保安庁が16日上空から観測した結果、島の面積は前回の観測に比べて減っていたものの、引き続き溶岩が流れ下るなど、活発な火山活動が続いていることが確認されました。
小笠原諸島の父島の西、およそ130キロにある西之島では、おととし11月に島の南東側の海底で噴火が確認され、その後も活発な活動が続いています。

海上保安庁が16日、航空機で上空から観測したところ、島の中央部の火口からは噴火は確認されなかったものの、斜面の2か所から溶岩が流れ出していて、島の周辺の海域では200メートルから300メートルにわたって流れ込んだ溶岩などによって海水が褐色に変わっている様子が確認されました。

一方、島の大きさは、東西と南北にそれぞれおよそ1950メートルで、面積は東京ドームのおよそ57倍の
2.68平方キロと、おととし11月に観測を始めてから初めて前回の調査よりも0.04平方キロ減りました。

続きはソースで

images


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150918/k10010240891000.html

引用元: 【日本】西之島 面積減少も活発な火山活動続く[9/18]

西之島 面積減少も活発な火山活動続くの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/29(水) 14:18:55.28 ID:???*.net
西之島 活発な噴火活動続く
NHK4月28日 19時07分

小笠原諸島の西之島は海上保安庁が27日に上空から観測した結果、島の中央部の火口から繰り返し噴煙や噴石が吹き上がり溶岩の流出も確認されるなど、活発な噴火活動が続いていることが確認されました。
小笠原諸島の父島の西、およそ130キロにある西之島はおととし11月に島の南東側の海底で噴火活動が確認され、その後、新たにできた陸地が元の島と陸続きになって拡大するなど、活発な噴火活動が続いています。

27日、海上保安庁が航空機で上空から観測したところ、島の中央部にある火口からは1分間に2、3回程度、噴煙や噴石が噴き上がるなど、依然として活発な噴火活動が続いていることが確認されました。

また、火口の北東側の斜面には溶岩の流出口が新たにできていて、流れ出した溶岩は島の北側に広がり、一部が海水と接触して白い蒸気が上がっている様子も確認されました。

続きはソースで

001


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150428/k10010064001000.html

引用元: 【社会】西之島 活発な噴火活動続く

西之島 活発な噴火活動続くの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/22(月) 08:35:39.66 ID:???.net
海上保安庁は19日、沖縄県の久米島沖の海底で、国内最大規模のチムニー(煙突)群を発見したと発表した。
チムニーは熱水に溶けた銅や鉛などが低温の海水と反応して沈殿したもので、海保は「周辺海域には海底資源が埋蔵している可能性がある」としている。

海保は今年6月、久米島沖の水深約1400メートルの海底を測量船で調査した際、0.45平方キロ(東京ドーム約10個分)のエリアで熱水を噴出しているチムニー群を発見。
最も高いもので約20メートル以上あった。
チムニー周辺には高さ10メートル程度のマウンド(円錐(えんすい)状の高まり)も見つかった。

これまでは平成7年に沖縄県北部の伊是名島沖で発見された0.33平方キロのチムニー群が最大だった。

http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/140919/lif14091918110021-n1.html

引用元: 【資源】海保が国内最大のチムニー群発見 久米島沖、海底資源埋蔵の可能性

海保が国内最大のチムニー群発見 久米島沖、海底資源埋蔵の可能性の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/18(木) 20:37:29.76 ID:???0.net
海上保安庁は、火山活動が続く小笠原諸島の西之島の最新映像を公開した。

草が生えているのは、西之島の以前からあった部分で、新しくできた部分から吹き出している黒い溶岩にのみ込まれそうになっている。
このまま活発な火山活動が続けば、1973年に出現したかつての西之島は姿を消す可能性がでている。

新しい西之島は、東京ドームの約32倍にまで拡大している。



http://www.news24.jp/articles/2014/09/18/07259410.html

引用元: 【社会】“新西之島”東京ドームの約32倍に拡大

【朗報】“新西之島”東京ドームの約32倍に拡大の続きを読む

このページのトップヘ