理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

海王星

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/20(月) 22:58:07.18 ID:???.net
2015年7月に冥王星に接近する予定のNASAの無人探査機「ニュー・ホライズンズ」。
その観測対象に、ハッブル宇宙望遠鏡により発見された3つのカイパーベルト天体(巨大彗星)が加わる可能性が出てきた。

カイパーベルトとは海王星軌道の外側を周回する天体が集まってできたリング状の領域であり、これまで宇宙船がそこを訪れたことはない。冥王星はカイパーベルトのなかでも特に大きな天体の1つとされている。

カイパーベルト天体は、46億年前の太陽系形成期の様子を今に残すものだと考えられている。
特定済みの3つのカイパーベルト天体(上のCG画像はそのうちの1つ)は、ニュー・ホライズンズが冥王星(かつては惑星とされていた)に接近した後に通過する領域に位置していると見られる。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2014102001

引用元: 【宇宙】ニュー・ホライズンズの新ターゲット

ニュー・ホライズンズの新ターゲットの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/25(木) 11:18:08.27 ID:???0.net
海王星サイズの系外惑星に水蒸気を検出
【AFPBB News】 2014/09/25 10:16

【9月25日AFP】地球から約130光年の距離にある星を公転している海王星サイズの惑星を観測した結果、大気中の水蒸気の存在を確認したとの研究論文が24日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。生命の兆候である水が検出された系外惑星の中でも、最も小さく低温な惑星だという。

大気中に水蒸気と大量の水素が存在することが判明した「HAT-P-11b」は、主星の周りを卵形の軌道を描き、4.9日周期の高速で公転している。大きさは地球の約4倍で、これまでに発見されている中でも最小クラスの系外惑星だ。

惑星の大気は、惑星がどのように形成されたかや表面で何か起きているかを探る手掛かりになる。だが大気の詳細な観測はこれまで、木星と同等かそれ以上の大きさを持つ高温の「巨大ガス惑星」でしか行うことができなかった。HAT-P-11bとほぼ同じサイズとされる海王星は、太陽系で最も外側に位置する惑星で、大きさは木星の3分の1ほど。

今回の観測には「透過分光法」と呼ばれる手法が用いられた。惑星が主星の前を通過する際に主星の光を望遠鏡で観測、気体が種類によって特定の波長の光を吸収することを利用して惑星の大気を調べる方法だ。

海王星サイズの系外惑星はこれまでに4個観測されたが、いずれも渦巻く雲や塵(ちり)を多く含むもやがあるために星の光を分光計で正常に観測することができなかった。幸運なことに、HAT-P-11bにはこの問題が存在しなかった。

米グリンネル大学(Grinnell College)のエリザ・ケンプトン(Eliza Kempton)氏は今回の論文に関する解説記事で、HAT-P-11bの大気は、太陽系の大型惑星の大気に似ていると思われ、大半が水素で、水蒸気の形で存在する酸素などの微量の重元素が含まれると説明している。

今回の観測は、米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)とスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)を用いて実施された。(c)AFP

ソース: http://www.afpbb.com/articles/-/3026957

引用元: 【天文学】海王星サイズの系外惑星に水蒸気を検出 [14/09/25]

海王星サイズの系外惑星に水蒸気を検出の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/10/15(火) 00:59:35.19 ID:???

ダイヤが土星に1000万トン? ガス惑星に「埋蔵」か

将来は宇宙でダイヤモンドを「採掘」?=Michael Carroll提供
http://www.cnn.co.jp/storage/2013/10/10/10b6c7a05cdd1821156bbcb7587add64/diamond-saturn.jpg

(CNN) 土星、木星、海王星、そして天王星は、ガスの奥底深くにダイヤモンドが眠っているかもしれない――。
米国の研究チームが9日、デンバーで開かれた米天文学会惑星部会でそんな発表を行った。
この4惑星はいずれも主成分がガスでできており、ダイヤの生成にとって完璧な温度や圧力などの条件がそろっているという。
海王星と天王星にダイヤがある可能性は過去の研究でも指摘されていた。しかしウィスコンシン大学マディソン校の研究者らが、惑星の気温と圧力に関する観測データなどを集めて計算した結果、土星と木星にも可能性があることが分かった。

発表者の1人、モナ・デリトスキ氏は惑星のダイヤについて、「密度はやや高いかもしれないが、この地球のダイヤモンドとほとんど変わらないだろう。
私たちが見慣れているのと同じように透き通った宝石のはずだ」と解説する。
ただしダイヤが生成されるのは、ガスの温度と圧力が極めて高くなる、惑星の核に近い部分。
「あまりに深い場所なので、その部分の大気は宇宙船では観測できない」(デリトスキ氏)という。
土星と木星の核にあるダイヤは「溶けた」状態かもしれないが、海王星と天王星には固形のダイヤがありそうだという。
大きさは手のひらほどのものもあり、土星には最大で1000万トンのダイヤが存在し得るとしている。

CNN.co.jp 2013.10.10 Thu posted at 12:53 JST
http://www.cnn.co.jp/fringe/35038340.html?tag=cbox;fringe
db004db2.jpg



【宇宙】ダイヤが土星に1000万トン? ガスの奥底深くにダイヤモンドが眠っているかもしれないの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2013/07/16(火) 22:00:02.46 ID:???

米航空宇宙局(NASA)は15日、太陽系の最も端にある巨大な惑星、海王星を周回する14番目の衛星をハッブル宇宙望遠鏡で見つけたと発表した。

「S/2004N1」との分類名が付けられたこの衛星は14個のうちで最も小さく、直径20キロに満たないと推定される。あまりに小さいため、1989年に海王星のすぐ近くを通り過ぎた米探査機「ボイジャー2号」でも見つけることができなかった。

米国の天文学者チームが今月、ハッブル望遠鏡が撮影した海王星の周囲にある輪を詳しく分析して発見した。
海王星から10万キロ以上離れており、約23時間で軌道を一周するとチームはみている。

ソース:産経新聞(2013.7.16 13:19)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/130716/scn13071613240002-n1.htm
画像:ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した海王星(中央)。右上の円で囲まれているのが見つかった
14番目の衛星「S/2004N1」。2種類の画像データを合成
9

http://sankei.jp.msn.com/images/news/130716/scn13071613240002-p1.jpg
関連リンク:NASAのリリース
「NASA Hubble Finds New Neptune Moon」(英文)
http://www.nasa.gov/content/nasa-hubble-finds-new-neptune-moon/#.UeVDTUIZsb0



【宇宙】海王星を周回する14番目の衛星をハッブル宇宙望遠鏡で発見/NASAの続きを読む

このページのトップヘ