理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

海馬

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/28(月) 12:24:52.03 ID:CAP_USER.net
【プレスリリース】天然色素・アスタキサンチン摂取による記憶能の向上! ―海馬の神経新生および空間記憶能の促進効果と分子基盤を解明― - 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/41887


研究成果のポイント

1.サケやイクラなどに含まれる天然色素で強い抗酸化力をもつアスタキサンチン(ASX)を長期間摂取すると、濃度依存的に海馬の神経新生が促進され、学習記憶能が向上することを実証しました。

2.ASX 摂取効果に関与する分子基盤を最先端バイオインフォマティクスにより解明したところ、これまでにない分子情報伝達の経路が明らかとなりました。

3.アンチエージングに効果をもつ ASX に海馬への有益な効果が見いだされたことから、今後、このサプリメントの利用価値が高まる一方、その分子機構を背景とした創薬にも期待がかかります。


 国立大学法人筑波大学体育系の征矢英昭教授とRakwal Randeep教授の研究グループは、抗酸化作用をもつカロテノイドの中で最も強い効果をもつとされる天然由来色素成分、アスタキサンチン(astaxanthin:ASX)が海馬機能に与える影響を検討しました。その結果、マウスにASXを4週間摂取させることで、海馬の神経新生注1が濃度依存的に促進し、海馬が担う学習・記憶能力を高めることを世界で初めて明らかにしました。さらに、海馬へのASX作用の分子機構をマイクロアレイ注2およびIPA注3と呼ばれるバイオインフォマティクス解析を用いて検討したところ、記憶能力向上に寄与する特異的な分子経路が浮き彫りになりました。

 これまで、ASXの作用としては、急性の脳損傷に伴う神経の炎症や死滅を防ぐ神経保護効果などが動物実験から示唆されていましたが、本研究により、ASXの、正常な動物において海馬の神経可塑性を促して学習・記憶を高める作用が明確になりました。

 海馬の神経新生の低下は、慢性ストレス、うつ病、そしてアルツハイマー病といった精神疾患、神経変性疾患につながることから、それを高く維持することはそれらへの予防対策として有効です。
エビやサケの赤い天然色素として、これまで多くの人々が愛用し、安全性も確認されているASXサプリメント(米国のGras認証を獲得)にこうした効果が見られたことは多くの人々に有用な情報となることでしょう。

 今回の研究では、この効果の分子機構を、栄養摂取が海馬に与える影響を網羅的な遺伝子発現の変化から調べるニュートリゲノミクス(Nutrigenomics)の解析から行い、これまでにない新たな分子情報伝達の経路が示されました。今後、このサプリメントの利用価値が高まる一方、その分子機構を背景とした創薬にも期待がかかります。


 本研究成果は、栄養学と食品研究分野のトップジャーナル、Molecular Nutrition and Food Research オンライン版 で12月8日に先行公開されています。

* 本研究は、文部科学省特別経費プロジェクト「ヒューマン・ハイ・パフォーマンスを実現する次世代健康スポーツ科学の国際研究教育拠点」(平成26~28年度)、日本学術振興会戦略的国際研究交流推進事業費補助金「頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム:スポーツ神経科学の国際研究拠点-認知機能を高める運動処方を目指して」
(平成26~28年度)の一部支援を受けて行われました。

続きはソースで

ダウンロード (4)
 

引用元: 【神経科学/生化学】天然色素・アスタキサンチン摂取による記憶能の向上! 海馬の神経新生および空間記憶能の促進効果と分子基盤を解明

天然色素・アスタキサンチン摂取による記憶能の向上! 海馬の神経新生および空間記憶能の促進効果と分子基盤を解明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/11(金) 07:45:01.32 ID:CAP_USER.net
【プレスリリース】ネコではアルツハイマー病と同じメカニズムで神経細胞が脱落する - 日本の研究.com
http://research-er.jp/articles/view/41448


発表者

チェンバーズ ジェームズ(東京大学大学院農学生命科学研究科 助教)
徳田 隆彦(京都府立医科大学 教授)
内田 和幸(東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授)
石井 亮太郎(京都府立医科大学大学院医学研究科 助教)
建部 陽嗣(京都府立医科大学大学院医学研究科 特任助教)
高橋 映里佳(麻布大学 獣医学部 修士課程)
富山 貴美(大阪市立大学大学院医学研究科 准教授)
宇根 有美(麻布大学 獣医学部 教授)
中山 裕之(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授)


発表のポイント

•老齢ネコの脳にヒトのアルツハイマー病と同一の病変が形成され、神経細胞が減少することを明らかにしました。
•この病変は他の動物ではみられず、βアミロイドと呼ばれる蛋白質の性質がネコでは他の動物と異なっていることが原因ではないかと考えられます。
•アルツハイマー病患者は世界的に急増しており、ネコを用いた研究がアルツハイマー病の病態解明に貢献することが期待されます。


発表概要

アルツハイマー病では、脳に神経原線維変化(注1)が生じ、海馬(注2)の神経細胞が脱落することによって認知症を発症します。これらの病変はヒト以外の動物では見つかっていませんでしたが、本研究グループはこれまでにチーターとヤマネコ(ネコ科)の脳に神経原線維変化が生じることを発見しました。

 今回、ペットとして飼育されているネコの脳にも加齢性に神経原線維変化が生じることを発見し、さらにネコの神経原線維変化を構成する蛋白質がヒトのアルツハイマー病と同じタウ蛋白質であること、そして神経原線維変化によって海馬の神経細胞が脱落することを明らかにしました。

 なぜネコ科の動物で神経原線維変化が生じるのかを調べたところ、アルツハイマー病の発病初期に関与するβアミロイドと呼ばれる蛋白質がネコ科の動物では他の動物種と異なることがわかりました。ネコ型のβアミロイドは海馬[2]の神経細胞内に蓄積する性質があり、それが神経原線維変化の形成に関与しているのではないかと考えられます。

 ネコの脳を研究することで、βアミロイドとタウ蛋白質の関係が明らかにされ、アルツハイマー病の病態解明と治療法開発につながることが期待されます。

続きはソースで

ダウンロード (1)
 

引用元: 【医学】ネコではアルツハイマー病と同じメカニズムで神経細胞が脱落する

ネコではアルツハイマー病と同じメカニズムで神経細胞が脱落するの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/21(土) 01:03:03.07 ID:???.net
記憶力低下の原因解明、九大 抗てんかん薬副作用
47NEWS 2015/11/20 02:00 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015111901001203.html
 
九州大医学研究院の研究グループは、抗てんかん薬「バルプロ酸」を服用した妊婦から生まれた子どもの記憶能力が低い傾向にある原因をマウス実験で解明し、米学術雑誌のオンライン版に掲載すると発表した。
脳の海馬にあり、記憶を保つのに不可欠な「神経幹細胞」が胎内で減るためとしている。

続きはソースで

ダウンロード


▽関連
九州大学
妊娠中の抗てんか薬投与は子ども学習 ・記憶障害を引き起こす
~胎生期の薬剤曝露が海馬に及ぼす長的な影響とそ改善法を解明~ (pdf)
http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2015/2015_11_20.pdf

引用元: 【脳神経】抗てんかん薬「バルプロ酸」服用の妊婦から生まれた子ども 記憶能力が低い傾向にある原因を解明/九州大[11/20]

抗てんかん薬「バルプロ酸」服用の妊婦から生まれた子ども 記憶能力が低い傾向にある原因を解明/九州大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/07(水) 01:02:25.51 ID:???*.net
 脳障害のなかには、程度や状態に男女差が見られるものがあるが、その差異にどのように生物学的または文化的な要因が関係しているのかについてははっきりしていない。しかしこのほど、男女の脳の働きは分子レベルで異なることが、『ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス』誌に発表された最新研究により報告された。

 米ノースウェスタン大学のキャサリン・S・ウーリー博士率いる研究チームは、記憶を司る脳の部位、海馬内に存在する脳内麻薬の一種であるマリファナ類似物質(内因性カンナビノイド)の研究を行ってきた。
内因性カンナビノイドには、抑制性の信号を伝えるシナプス(抑制性シナプス)の神経伝達物質の放出を抑え、情報伝達を調整する働きがあることがわかっている。

男女で異なる脳内麻薬の効果

 研究チームは今回、内因性カンナビノイドと同様の効果を持つとされる薬「URB-597」をオスとメスのラットに投与した。
その結果、メスには効果があったが、オスには効果が見られなかったという。
具体的には、メスの脳でのみ、「URB-597」がアマンダミドと呼ばれる脳内マリファナ類似物質の抑制効果を高める効果を発揮した。

 現時点では、人間でもこれと同じ結果が得られるかどうかは不明だが、「URB-597」は人間でも臨床試験が行われている。

オスばかり使われている動物実験の見直しが迫られる

 ウーリー博士によれば、現在の神経科学研究の85パーセントが、オスの動物や男性の細胞を使った実験に基づいて行われているという。

続きはソースで

ダウンロード

http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52202127.html

引用元: 【国際】男性の脳と女性の脳の働きは異なることが判明、動物実験の見直しへ(米研究)

男性の脳と女性の脳の働きは異なることが判明、動物実験の見直しへ(米研究)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/29(金) 07:46:12.60 ID:???*.net
 理化学研究所脳科学総合研究センターの利根川進センター長らは、いったんは忘れてしまった過去の記憶を脳の神経細胞を刺激する方法でよみがえらせる実験にマウスで成功した。
脳の神経ネットワークを太くして記憶を保つとした従来の考え方では説明が難しく、神経細胞のいくつかが記憶の保管庫になっている可能性があるという。

 成果は米科学誌サイエンス(電子版)に29日、掲載される。

 研究チームは遺伝子を組み換えたマウスを使い、学習や記憶に関わる脳の海馬に特殊な装置で光を当てると怖い体験を思い出すようにした。

 記憶のしくみを巡っては、脳の神経細胞同士のつながりが重要と考えられてきた。
ところが特殊な薬剤で神経細胞のやり取りを弱めても、マウスは脳に光で刺激を受けると怖い体験の記憶がよみがえってすくんだ。

続きはソースで

ダウンロード
日本経済新聞 2015/5/29 3:00
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28HBY_Y5A520C1CR8000/

引用元: 【科学】忘れた記憶復活 理研、マウスで成功

忘れた記憶復活 理研、マウスで成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/02(木) 01:34:45.20 ID:???.net
掲載日:2015年4月1日
http://www.zaikei.co.jp/article/20150401/243347.html

 東京大学の後藤由季子教授・古館昌平助教らによる研究グループは、成体神経幹細胞を作りだす特別な幹細胞(起源細胞)が胎生期の大脳に存在することを発見した。

ダウンロード (1)

 哺乳類の脳の細胞は大人になってからは二度と再生しないと長年考えられてきたが、近年、脳の海馬と脳室下帯の少なくとも二つの領域には成体神経幹細胞が存在し、生涯にわたって神経細胞を新生し続けていることが明らかになっている。

 今回の研究では、胎生期の神経幹細胞の一部に分裂頻度を低く保った特別な神経幹細胞(起源細胞)群が存在し、その細胞群が成体神経幹細胞になることを発見した。

続きはソースで

 なお、この内容は3月30日に「Nature Neuroscience」オンライン版に掲載された。

<画像>
今回の研究で成体神経幹細胞を作りだす元となる細胞(胎生期における起源細胞)が明らかになった
(写真:東京大学の発表資料より)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015040114583480big.jpg

<参照>
大人の脳の神経幹細胞が作りだされる仕組みをマウスにおいて初めて解明 | 東京大学
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_270331_04_j.html

Slowly dividing neural progenitors are an embryonic origin of adult neural stem cells. - PubMed - NCBI
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25821910

引用元: 【神経科学】東大、大人の脳神経細胞が作られる仕組みを明らかに

【マジか】東大、大人の脳神経細胞が作られる仕組みを明らかにの続きを読む

このページのトップヘ