理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

GFP

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/21(木) 22:44:09.21 ID:???0.net
<iPS細胞>肺胞に分化…肺の再生医療に光 京大グループ

 京都大大学院医学研究科の三嶋理晃(みちあき)教授らの研究グループは、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を肺胞の細胞に効率よく分化させ、取り出す方法を確立したと発表した。肺の再生医療の実現や薬の製造につながる可能性があるとしている。
論文は21日正午(米東部時間)に科学誌「ステムセル・リポーツ」オンライン版で公開される。

 肺の中に無数にある肺胞は、酸素と二酸化炭素の交換をする重要な部位。
iPS細胞などを使った再生医療への期待が高いが、肺の細胞は発生の遅い段階で形成されるため、分化する効率が低いという課題があった。

 研究グループは、肺を膨らませる機能を持つ「2型肺胞上皮細胞」の効率的な分化方法を検討。

続きはソースで

【野口由紀】

http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/life/medical/mainichi-20140822k0000m040110000c.html

引用元: 【科学】<iPS細胞>肺胞に分化…肺の再生医療に光 京大グループ

iPS細胞 肺胞に分化…肺の再生医療に光の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 10:23:07.41 ID:???0.net

【STAP細胞】若山氏の分析は「存在しない証拠」 小保方氏は再現に意欲
http://www.47news.jp/47topics/e/254812.php

STAP細胞の有無を調べる理化学研究所の検証実験が進む中、専門家の間で「STAP細胞は存在しないだろう」という見方が広がっている。
論文共著者の若山照彦山梨大教授の分析や、理研の研究者によるゲノム解析という科学的なデータが存在を強く疑問視したからだ。

 理研発生・再生科学総合研究センターの竹市雅俊センター長は「相当否定的な状況ということは認識している」と明かす。
小保方晴子氏は検証実験への参加に強い意欲を見せるが、科学者らを納得させる結果を再現できるか。

 ▽15番染色体
 「決定打だ。存在しないという証拠になり得る」。理研の改革委員会の委員だった市川家国・信州大特任教授は、若山氏の分析結果を評価する。
 若山氏が明かしたのは、小保方氏が作ったSTAP細胞をもとにした「STAP幹細胞」の解析結果。自身が保管していた細胞を第三者機関に依頼してDNAを調べた。
 同センターの若山研究室(当時)で実験していた小保方氏は、若山氏からもらった生後1週間のマウスからSTAP細胞を作製したとしていた。もとになったマウスには、緑色に光るタンパク質「GFP」の遺伝子が18番染色体に人為的に組み込まれている。
 だが、このマウスから作ったはずの8種類のSTAP幹細胞は、15番染色体にGFPが組み込まれていた。

 ▽「ES細胞」
 遺伝子の場所が移動することはまずない。若山氏は「研究室のマウスから作られた細胞ではない」と断言。
「ポケットにマウスを入れて持ち込まれたら分からない」と現実的ではない可能性にも言及したが、
生後1週間のマウスを都合よく入手することも困難だ。
 改革委委員を務めた別の専門家は「マウスではなく、どこからか持ってきた細胞で実験したと考えられる」と推測する。
 理研によると、小保方氏の研究室の冷凍庫に胚性幹細胞を意味する
「ES細胞」と表示された容器があり、GFPを組み込んだ細胞が見つかったという。

続きはソースで

(共同通信)
~~引用ここまで~~



引用元: 【STAP問題】若山氏の分析は「存在しない証拠」 小保方氏は再現に意欲


【STAP】若山氏の分析は「存在しない証拠」 小保方氏は再現に意欲の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆Stars/1XBg @星降るφ ★ 2013/11/02(土) 22:53:38.27 ID:???

ネズミの腸、顕微鏡の描く世界2013
November 1, 2013

2013年度ニコン顕微鏡写真コンテスト“Small World”佳作:緑色の腸

 一見すると、きちんと手入れされた小さな庭木だが、実はネズミの小腸の繊毛。雪をかぶった緑の松葉のような姿は芸術作品に値する。緑色蛍光タンパク質(GFP)で“タグ付け”し、繊毛の非筋細胞ミオシンII分子を可視化しているという。

Photograph by Dr. Bryan A. Millis, National Institutes of Health, Courtesy of Nikon Small World

▽ナショナルジオグラフィック ニュース
7

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2013103106
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_images/9-nikon-small-world-2012_72927_600x450.jpg



【顕微鏡写真】ネズミの腸の繊毛、緑色蛍光タンパク質(GFP)でタグ付けの続きを読む

このページのトップヘ