理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

PTSD

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/22(火) 22:49:16.32 ID:CAP_USER
脳の制御訓練で恐怖記憶を消去 PTSD治療に可能性

人工知能(AI)を使って人の脳活動を制御する訓練をすることで、恐怖を感じたときの記憶を無意識のうちになくすことに成功したと、国際電気通信基礎技術研究所(京都府)などのチームが22日、発表した。
 
災害や戦争に伴う心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療に応用できる可能性がある。
一方で人々の洗脳に悪用される恐れもあり、チームは「生命倫理の有識者と慎重に使い方を検討する」としている。
 
続きはソースで

▽引用元:共同通信 2016/11/22 01:06
http://this.kiji.is/173464760887772663

▽関連
株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
つらい経験を思いだすことなく、無意識のうちに恐怖記憶を消去できるニューロフィードバック技術を開発
11月21日 16:00 (英国時間)・Nature Human Behaviour誌に掲載予定
http://www.atr.jp/topics/press_161122.html
images


引用元: 【精神医学】脳の制御訓練で恐怖記憶を消去 PTSD治療に可能性/国際電気通信基礎技術研究所など ©2ch.net

脳の制御訓練で恐怖記憶を消去 PTSD治療に可能性/国際電気通信基礎技術研究所などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/08/04(木) 08:16:38.47 ID:CAP_USER
共同発表:強烈な体験によってささいな出来事が長く記憶される仕組みを解明
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160801/index.html


ポイント
強烈な体験をすると、その前後のささいな出来事も一緒に長く記憶が保存されるが、その仕組みは不明だった。
それぞれの記憶を思い出す時に活動する神経細胞集団が重複していることを示した。
トラウマ記憶と関連性が薄い記憶の不必要な結びつきが起こるPTSD(心的外傷後ストレス障害)などの精神疾患の治療法につながることが期待できる。


JST 戦略的創造研究推進事業において、富山大学 大学院医学薬学研究部(医学)生化学講座の井ノ口 馨 教授らは、マウスを使い、通常ならすぐに忘れてしまうようなささいな出来事でも、その前後に強烈な体験をした場合には、長く記憶として保存される仕組みを解明しました。

例えば、東日本大震災が起こる前のランチで何を食べたかなど、震災前後のささいな出来事を覚えている人が多いことが知られています。実験動物でもそのような現象は報告されており、「行動タグ注1)」と呼ばれていますが、その仕組みは不明でした。

本研究グループはマウスを用いて、行動タグ成立時には強烈な体験とささいな出来事の記憶エングラム(活動する神経細胞集団)注2)の重なりが広いことを発見しました。さらに、光遺伝学的手法注3)によって強烈な体験の記憶エングラムの活動を人為的に抑制したところ、行動タグが成立していたささいな出来事を思い出せなくなることを発見し、ささいな出来事と強烈な体験の記憶エングラムが重複することで、行動タグが成立することを示しました。

私たちは、脳に蓄えられているさまざまな記憶情報を関連付けることで、一つ一つの記憶から知識や概念を形成していきます。異なる記憶エングラムが相互作用する仕組みに関する今回の研究成果は、トラウマ記憶と関連性が薄いニュートラルな他の記憶(状況)との間で不必要な結びつきが起きるPTSDなどの精神疾患の治療法につながることが期待できます。

本研究は、富山大学 大学院医学薬学研究部(医学)の野本 真順 助教、東京慈恵会医科大学 痛み脳科学センターの加藤 総夫 教授らと共同で行ったものです。

本研究成果は、2016年8月1日(英国時間)に英国科学誌「Nature Communications」のオンライン速報版で公開されます。

続きはソースで

 
ダウンロード (2)

引用元: 【神経科学/医学】強烈な体験によってささいな出来事が長く記憶される仕組みを解明 PTSDなどの精神疾患の治療法に期待 [無断転載禁止]©2ch.net

強烈な体験によってささいな出来事が長く記憶される仕組みを解明 PTSDなどの精神疾患の治療法に期待の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/12(月) 14:19:24.98 ID:???.net
PTSDで女性の糖尿病リスク2倍に、米研究
引用元:AFPBBNews 2015年01月08日 14:28 発信地:マイアミ/米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3035950

【1月8日 AFP】心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症した女性は、そうでない女性に比べて2型糖尿病の発症リスクがほぼ2倍になるとの研究論文が7日、米国医師会(American Medical Association、AMA)の精神医学専門誌「JAMAサイキアトリー(JAMA Psychiatry)」に掲載された。

米コロンビア大学(Columbia University)と米ハーバード大学(Harvard University)の公衆衛生を専門とする科学者チームが主導した今回の研究について、JAMAサイキアトリー誌は「PTSDと2型糖尿病との間の因果関係に関するこれまでで最も有力な証拠」を提供していると声明で発表している

今回の研究に用いられたデータは、1989年から2011年の間に米国人女性5万人近くを対象に実施された調査に基づくものだ。
(引用ここまで 記事全文は引用元参照)

ff6-2


▽関連
JAMA Psychiatry. 2014;71(11):1271-1278. doi:10.1001/jamapsychiatry.2014.1208.
Posttraumatic Stress Disorder Symptoms and Food Addiction in Women by Timing and Type of Trauma Exposure
http://archpsyc.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1904804

引用元: 【精神医学】PTSDで女性の糖尿病リスク2倍に/米研究

PTSDで女性の糖尿病リスク2倍に/米研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: ( ´`ω´) ★@\(^o^)/ 2014/05/09(金) 04:50:04.69 ID:???.net

■神経細胞発生で「忘却」が起きる 藤田保健衛生大などの研究チーム発表 [14/05/09]

  藤田保健衛生大(愛知県豊明市)の宮川剛教授(神経科学)らの研究チームは、脳の海馬にある「歯状回」という部位で新たに神経細胞が生まれることで記憶が失われ「忘却」が起きることを、マウスを使った実験で確認したと、8日に米科学誌サイエンスで発表した。

 宮川教授は「詳しいメカニズムが分かれば、将来的には、嫌な記憶をわざと忘れさせて心的外傷後ストレス障害(PTSD)などを治療する方法も期待できる」と話している。研究チームによると、神経細胞が生まれることで新たな記憶が形成される一方、既存の神経回路が妨げられ、蓄えていた記憶が失われる可能性があると指摘されていた。

続きはソースで

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0804K_Y4A500C1CR8000/
http://www.nikkei.com/ 日本経済新聞 2014/5/9 3:00 配信

Abstract
Hippocampal Neurogenesis Regulates Forgetting During Adulthood and Infancy
http://www.sciencemag.org/content/344/6184/598.abstract.
Science 9 May 2014:Vol. 344 no. 6184 pp. 598-602 DOI: 10.1126/science.1248903
Web site 接続日 [14/05/09]


引用元: 【脳】神経細胞発生で「忘却」が起きる 藤田保健衛生大などの研究チーム発表 [14/05/09]


神経細胞発生で「忘却」が起きる 藤田保健衛生大などの研究チーム発表 [14/05/09]の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2014/05/02(金) 21:53:51.47 ID:???.net

震災ストレスで海馬縮小 東北大グループ学生の脳調査

東北大加齢医学研究所の関口敦講師(脳画像解析)と川島隆太教授(脳科学)の研究グループは、東日本大震災でストレスを受けた大学生の脳画像を解析し、大脳の記憶を処理する領域「海馬」が年齢以上に縮小していたとする結果を発表した。
また、自尊心の高い人は心的外傷後ストレス障害(PTSD)になりにくいと推測できるデータも得られた。

▲引用ここまで▲------------

続きはソースで
▽記事引用元 河北新報社 2014年04月30日水曜日配信記事
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201404/20140430_13008.html

▽関連リンク
東北大学加齢医学研究所
東日本大震災1年後の脳体積の増加は自尊心と相関 ~脳形態変化の追跡調査から~
https://www.idac.tohoku.ac.jp/ja/activities/info/news/20140430/index.html

Molecular Psychiatry advance online publication 29 April 2014; doi: 10.1038/mp.2014.28
Resilience after 3/11: structural brain changes 1 year after the Japanese earthquake
http://www.nature.com/mp/journal/vaop/ncurrent/full/mp201428a.html
~~引用ここまで~~



引用元: 【脳神経】震災ストレスで海馬縮小 東北大グループ学生の脳調査


震災ストレスで海馬縮小 東北大グループ学生の脳調査の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/03/01(土) 21:19:02.37 ID:???0 BE:925886693-PLT(12557)

東日本大震災当時、岩手、宮城、福島で被災した保育園児のうち約3割に、震災から約2年経過した時点でも心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状が見られたことが1日、厚生労働省研究班の調査で分かった。

研究班の藤原武男国立成育医療研究センター研究所部長は「年齢が上がり、震災の恐怖や友人を失った悲しみなどを表現できるようになって判明したケースがあるのでは」と話している。

images (2)

*+*+ jiji.com +*+*
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014030100264



3割の子にPTSD症状…大震災2年後もの続きを読む

このページのトップヘ